MISC

2020年10月

ウラン濃縮研究棟の廃止措置

JAEA-Technology 2020-011
  • 石仙 順也
  • ,
  • 赤坂 伸吾*
  • ,
  • 清水 修
  • ,
  • 金沢 浩之
  • ,
  • 本田 順一
  • ,
  • 原田 克也
  • ,
  • 岡本 久人

開始ページ
70
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2020-011

日本原子力研究開発機構原子力科学研究所のウラン濃縮研究棟は、昭和47年に建設され、ウラン濃縮技術開発に関する研究等に用いられてきた。本施設では、平成元年度に発煙事象、平成9年度に火災事故が発生している。本施設は、平成10年度にウラン濃縮に関する研究は終了し、平成24年度に核燃料物質の搬出等を行い廃止措置に着手した。令和元年度、フード等の設備及び火災等による汚染が残存している管理区域の壁, 天井等の解体撤去を行い、管理区域内に汚染が残存していないことを確認して管理区域を解除し、廃止措置を完了した。解体撤去作業において発生した放射性廃棄物は、可燃性廃棄物が約1.7t、不燃性廃棄物が約69.5tである。今後は一般施設として、コールド実験等に利用される。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2020-011
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069113
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2020-011

エクスポート
BibTeX RIS