論文

査読有り
2003年8月

ジルカロイ被覆管に対する中性子イメージングプレート法による水素解析の適用

Journal of Nuclear Materials
  • 安田 良
  • ,
  • 仲田 祐仁
  • ,
  • 松林 政仁
  • ,
  • 原田 克也
  • ,
  • 畠山 祐一
  • ,
  • 天野 英俊

320
3
開始ページ
223
終了ページ
230
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.1016/S0022-3115(03)00112-0

本稿においては、水素濃度が既知な標準試料を用いて、照射済燃料被覆管を模擬した試料の水素分布を定量的に評価した。被覆管断面全体に渡っての水素濃度分布が得られ、その空間分解能は、画像上の画素(0.1$\times$0.1mm)に一致する。さらに、イメージングプレート像に及ぼす酸化膜の影響を、酸化膜のみ、または酸化膜及び水素化物の両方を形成した被覆管を用いてしらべた。その結果、酸化膜に相当する領域は画像上において確認できなかった。また、画像数値解析によっても酸化膜の有意な影響は確認できなかった。上記の結果から、中性子イメージングプレート法により、水素分析を行う際においても、酸化膜の影響は小さく、考慮する必要がないと考えられる。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1016/S0022-3115(03)00112-0
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?18509
ID情報
  • DOI : 10.1016/S0022-3115(03)00112-0
  • ISSN : 0022-3115

エクスポート
BibTeX RIS