論文

2021年9月

内境界膜下出血に対してNd:YAGレーザーを用いた内境界膜穿破後のOCT所見

あたらしい眼科
  • 加納 俊祐
  • ,
  • 木許 賢一
  • ,
  • 八塚 洋之
  • ,
  • 久保田 敏昭

38
9
開始ページ
1118
終了ページ
1122
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)メディカル葵出版

目的:外傷性内境界膜下出血に対して、Nd:YAGレーザー(以下、YAG)にて内境界膜を穿破したあとの内境界膜の変化を光干渉断層計(OCT)で観察した1例を報告する。症例:36歳の男性。雑木の牽引作業中に断裂したロープによって両眼の眼球打撲を生じた。両眼の前房出血のため大分大学眼科を紹介受診した。右眼には内境界膜下出血があり、YAGで内境界膜を穿破した。内境界膜下出血は速やかに硝子体腔に拡散し、穿破して3時間後には穿破部をOCTで同定することができたが、穿破部は2日後には同定できなくなった。穿破当初は内境界膜と神経線維層との間に空洞があったが、内境界膜下出血の消退に伴い消失した。その後も、黄斑部には膜様反射があり、OCTでも膜が描出されるが、網膜外層には変化はなく、視力低下や歪視の訴えはない。結論:内境界膜下出血に対して内境界膜をYAGで穿破したあとの変化をOCTで観察できた。穿破孔は数日で閉鎖し、平坦化した内境界膜は網膜前膜による皺を呈した。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01784&link_issn=&doc_id=20210922180025&doc_link_id=40022712577&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022712577&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01784&link_issn=&doc_id=20210922180025&doc_link_id=%2Fah9atgke%2F2021%2F003809%2F021%2F1118b1122%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fah9atgke%2F2021%2F003809%2F021%2F1118b1122%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif
ID情報
  • ISSN : 0910-1810
  • ISBN : 9784896354454
  • 医中誌Web ID : 2021341573

エクスポート
BibTeX RIS