講演・口頭発表等

2011年4月14日

月周回衛星「かぐや」「おきな」「おうな」における臼田局運用

電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス
  • 岩田 隆浩
  • ,
  • 前島 弘則
  • ,
  • 米倉 克英
  • ,
  • 並木 則行
  • ,
  • 花田 英夫
  • ,
  • 今村 剛
  • ,
  • 野田 寛大
  • ,
  • 浅利 一善
  • ,
  • 山本 善一
  • ,
  • 田中 孝治
  • ,
  • 飯島 祐一
  • ,
  • 高野 忠

開催年月日
2011年4月14日 - 2011年4月14日
記述言語
日本語
会議種別
主催者
一般社団法人電子情報通信学会

月周回衛星SELENEは,主衛星「かぐや」と,2機の子衛星であるリレー衛星「おきな」,VRAD衛星「おうな」から構成され,2007年9月の打上げから2009年6月まで運用が行われた.運用に際して使用された地上局は,JAXAのGN局,臼田宇宙空間観測所(UDSC),及び海外局等である.とりわけ臼田局64mアンテナでは,「かぐや」ミッションデータのダウンリンク,及び「おきな」を用いた世界で初となる月周回衛星の4ウェイドプラ計測が実施された.これらの運用の概要と,4ウェイ中継を実現するための改良点を述ペる.

リンク情報
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/11070109