小宮 全

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/23 12:46
 
アバター
研究者氏名
小宮 全
ハンドル
小宮 全
eメール
zen.komiyatoko.hosho.ac.jp
所属
東京交通短期大学
部署
運輸科

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京交通短期大学 運輸科 講師
 
2006年4月
 - 
2018年3月
新宿情報ビジネス専門学校
 

論文

 
Kurayama T, Tadokoro Y, Fujimoto S, Komiya Z, Yoshida S, Chakraborty S, Matsuzawa D, Shimizu E, Kondo K, Otaka Y
Gait & posture   37(3) 402-407   2013年3月   [査読有り]
Hirano Koichi, Komiya Zen, Shirai Hisato
PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS   127(6) 1041-1056   2012年6月   [査読有り]
Kurayama T, Matsuzawa D, Komiya Z, Nakazawa K, Yoshida S, Shimizu E
International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology   84(1) 26-32   2012年4月   [査読有り]
田所祐介, 倉山太一, 栗田実奈, 宮内美緒, 小宮全, 橋爪善光, 小宅一彰, 大高洋平
臨床神経生理学   39(5) 478-478   2011年10月
宮内美緒, 倉山太一, 田所祐介, 栗田実奈, 小宮全, 橋爪善光, 大高洋平
理学療法学   38(Suppl.2) ROMBUNNO.OF1-031-031   2011年4月
【目的】<BR>健常者の膝歩きは通常歩行よりも高い筋活動量を必要とすることや、膝歩きを中心とした介入により片麻痺患者の重心移動能力が向上することなどが報告されている。また膝歩きは従来より運動課題として広く用いられてきたが、課題としての意義は十分には明らかになっていない。今回われわれは、膝歩きの意義を明らかにするため、健常者を対象に通常歩行、膝歩き、最大速度歩行の3課題を実施し、体幹・股関節周囲筋活動と重心移動の解析を行った。3課題における筋活動量および重心移動の観点から、膝歩きが通常歩行お...
Koichi Hirano, Kiyoshi Kawabata, Zen Komiya, Hiroshi Bunya
   2011年2月
We have succeeded in establishing a cosmological model with a non-minimally
coupled scalar field Tex that can account not only for the spatial
periodicity or the picket-fence structure exhibited by the galaxy Tex-Tex
relation of the 2dF survey,...
Koichi Hirano, Zen Komiya
   2010年12月
We compare observational data of growth rate with the prediction by Galileon
theory. For the same value of the energy density parameter Tex, the
growth rate in Galileon models is enhanced compared with the TexCDM case,
due to the ...
Hirano Koichi, Komiya Zen
PHYSICAL REVIEW D   82(10)    2010年11月   [査読有り]
Hirano Koichi, Komiya Zen
GENERAL RELATIVITY AND GRAVITATION   42(11) 2751-2763   2010年11月   [査読有り]
近赤外線分光法(NIRS)によるWolf motor function test施行中の脳皮質血流測定
倉山 太一, 山口 智史, 小宮 全, 大高 洋平, 武田 湖太郎, 大須 理英子, 田辺 茂雄, 清水 栄司
脳科学とリハビリテーション   10 17-24   2010年4月
WMFTはCI療法の治療効果判定を目的に開発された上肢運動機能評価である。今回WMFT運動課題の中から難易度の異なる3課題"Hand to table"、"Lift can"、"Lift pencil"を選択し課題施行中の運動学的解析を行うとともに、大脳皮質血中ヘモグロビン濃度長の変化について近赤外線分光法を用いて測定した。対象は健常成人13名とし、課題間の一次感覚運動野および補足運動野の活性化を比較した。結果"Lift pencil"においては"Hand to table"に比べて総軌跡...
Nanbu M, Kurayama T, Nakazawa K, Matsuzawa D, Komiya Z, Haraguchi T, Ogura H, Hashimoto T, Yoshida S, Iyo M, Shimizu E
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(2) 317-322   2010年3月   [査読有り]
Hirano Koichi, Komiya Zen
ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES 2011   1484 448-450   2012年   [査読有り]
Hirano Koichi, Komiya Zen
INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS D   20(1) 1-16   2011年1月   [査読有り]
Hirano Koichi, Komiya Zen
10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES   1269 457-+   2010年   [査読有り]
倉山 太一, 渡部 杏奈, 高本 みなみ, 重田 奈実, 長谷川 裕貴, 山口 智史, 小宮 全, 吉田 奈津子, 清水 栄司, 影原 彰人, 須賀 晴彦
理学療法科学   24(6) 929-933   2009年12月
〔目的〕通所リハにおける在宅脳卒中患者を対象としたCI療法の効果について検討した。〔対象〕当院通所リハを利用の片側上肢機能不全を有する脳卒中患者で適応基準を満たした6名であった。〔方法〕非麻痺側上肢の運動制限を行いながら,麻痺側上肢の集中的な課題遂行型介入を1日5時間,2週連続(平日の10日間)で実施した。評価項目は,Wolf motor function test(WMFT),Motor activity log(MAL),Fugl-Meyer assessment scale(FM)と...
倉山太一, 山口智史, 大高洋平, 田辺茂雄, 大須理英子, 坂田祥子, 小宮全, 須賀晴彦, 影原彰人, 清水栄司
理学療法学   36(Suppl.2) ROMBUNNO.P2-151-790   2009年3月
【はじめに】脳卒中片麻痺をはじめとする上肢機能回復のリハアプローチでは異なる難易度の課題を患者の状態にあわせて適切に行わせることで効果があることが知られている.一方で、実際のリハ場面と同様の設定を用いて異なる難易度の課題を施行する際の脳皮質活動の検討を行った報告は少ない.そこで今回我々はCI療法の治療効果判定に使用される標準的な上肢機能評価であるWolf motor function test(WMFT)の17項目のうち、難易度の異なる3課題を選択し、健常者を対象としてWMFT課題実施中お...
倉山太一, 渡部杏奈, 高本みなみ, 重田奈実, 長谷川裕貴, 山口智史, 小宮全, 吉田奈津子, 清水栄司, 影原彰人, 須賀晴彦
理学療法科学   24(6) 929-933 (J-STAGE)-933   2009年1月
[Purpose] We investigated the efficacy of constraint-induced (CI) movement therapy for stroke patients living at home and attending a day-care center. [Subjects] The subjects were 6 post-stroke patients fulfilling a suitable standard who received...
Hirano Koichi, Kawabata Kiyoshi, Komiya Zen
ASTROPHYSICS AND SPACE SCIENCE   315(1-4) 53-72   2008年6月   [査読有り]
Z. Komiya, K. Kawabata, K. Hirano, H. Bunya, N. Yamamoto
Astronomy and Astrophysics   449 903-916   2006年4月
Aims. An attempt is made to constrain the values of the cosmological parameters together with the galaxy merging factor η on the basis of a comparison between the observed galaxy number counts vs. their apparent magnitudes relation (N-m relation) ...
川端潔, 小宮全, 平野耕一, 佐藤靖彦, 文屋宏, 香月春紀, 宮崎安希子
東京理科大学ハイテクリサーチセンター計算科学フロンティア研究センター研究成果報告書 平成15年度   171-176   2004年

書籍等出版物

 
小宮 全
国書刊行会   2011年   ISBN:9784336054180
小宮 全, 山田 哲也
国書刊行会   2007年   ISBN:9784336048028
小宮 全
国書刊行会   2005年   ISBN:4336046719

講演・口頭発表等

 
ヒトの識別型恐怖条件づけパラダイムにおけるP50抑制について
倉山 太一, 松澤 大輔, 小宮 全, 中澤 健, 吉田 晋, 清水 栄司
不安障害研究   2011年2月   
Koichi Hirano, Zen Komiya
Proceedings of the 21st Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan, JGRG 2011   2011年1月1日   
We studied the cosmological constraints on the Galileon gravity obtained from ob- servational data of the growth rate of matter density perturbations, the supernovae Ia (SN Ia), the cosmic microwave background (CMB), and baryon acoustic oscilla- T...
Koichi Hirano, Kiyoshi Kawabata, Zen Komiya, Hiroshi Bunya
2010年7月28日   
We investigate whether or nor it is possible to find a scalar field model or
models that are capable of explaining simultaneously the observed Tex-Tex
relation given by the 2dF Galaxy Redshift Survey, which still seems to exhibit
a spatial periodi...
平野 耕一, 小宮 全
日本物理学会講演概要集   2010年3月1日   
平野耕一, 小宮全
日本物理学会講演概要集   2010年3月1日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(奨励研究)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 小宮 全
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(奨励研究)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 小宮 全
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(奨励研究)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 小宮 全
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(奨励研究)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 小宮 全
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(奨励研究)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 小宮 全