趙 海城

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 16:44
 
アバター
研究者氏名
趙 海城
部署
人文学部 国際コミュニケーション学科
職名
准教授
学位
博士(比較社会文化)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
明星大学 人文学部国際コミュニケーション学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
明星大学 人文学部 全学共通教育 准教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
明星大学 人文学部 全学共通教育 助教
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2009年3月
九州大学大学院 比較社会文化学府 
 

論文

 
李 光赫, 趙 海城
明星国際コミュニケーション研究 = Meisei International Studies   (10) 15-28   2018年3月   [査読有り]
趙 海城
明星大学研究紀要. 人文学部 = Research bulletin of Meisei University. 明星大学人文学部研究紀要編集委員会 編   (54) 9-18   2018年3月   [査読有り]
関崎 博紀, 金 庚芬, 趙 海城
社会言語科学 = The Japanese journal of language in society   20(1) 161-175   2017年9月   [査読有り]
柴 宝華, 趙 海城
明星大学研究紀要. 人文学部 = Research bulletin of Meisei University. 明星大学人文学部研究紀要編集委員会 編   (53) 27-46   2017年3月   [査読有り]
金庚芬・関崎博紀・趙海城
日本語學研究   (50) 55-72   2016年12月   [査読有り]
趙 海城
明星国際コミュニケーション研究 = Meisei International Studies   (8) 31-49   2016年3月   [査読有り]
趙 海城
明星国際コミュニケーション研究 = Meisei International Studies   (7) 53-74   2015年3月   [査読有り]
張 北林, 李 光赫, 趙 海城
明星大学研究紀要. 人文学部 = Research bulletin of Meisei University. 明星大学人文学部研究紀要編集委員会 編   (51) 89-99   2015年3月   [査読有り]
張 北林, 趙 海城
明星大学研究紀要. 人文学部 = Research bulletin of Meisei University. 明星大学人文学部研究紀要編集委員会 編   (50) 33-44   2014年3月   [査読有り]
邢 文柱, 趙 海城
明星大学研究紀要. 人文学部   (48) 39-56   2012年3月   [査読有り]
テモラウ文の中国語訳について
趙 海城/蒋 剣波
東アジア日本語・日本文化研究   (12) 126-149   2011年4月   [査読有り]
趙 海城, 山田 留里子, 白 愛仙
明星大学研究紀要, 人文学部   (47) 27-43   2011年3月   [査読有り]
山田 留里子, 趙 海城
明星大学研究紀要, 人文学部   (46) 53-66   2010年3月   [査読有り]
「VP+感覚の名詞」の連体修飾構造について
趙 海城
日語研究論文集―日語研究的新視野―   179-204   2009年7月   [査読有り]
趙 海城, 松村 瑞子
言語科学   (44) 25-32   2009年3月   [査読有り]
趙 海城
比較社会文化研究   (25) 61-71   2009年2月
関係性動詞の装定用法について――「富む」「異なる」「含む」を例に――
趙 海城
東アジア言語文化研究   (9) 154-172   2008年9月   [査読有り]
テアル構文の意味拡張メカニズム―「アル」の文法化度合を兼ねて―
趙 海城
東アジア言語文化研究   (8) 201-223   2007年7月   [査読有り]
結果相の「~てある」について
趙 海城
言語文化論叢 第四回中日韓文化教育研究フォーラム論文集   544-556   2007年7月   [査読有り]
趙 海城
比較社会文化研究   (18) 31-43   2005年

書籍等出版物

 
周而復『霧の重慶』(上巻)
趙 海城 (担当:共訳, 範囲:15-34,210-223,263-276)
2012年10月   ISBN:9784903589091
周而復『黎明』(下巻)
趙 海城 (担当:共訳, 範囲:127-153,157-183)
三文舎   2011年5月   ISBN:9784903589060
2年生のすぐ使える中国語B
趙 海城 (担当:共著)
牧歌舎   2011年1月   ISBN:9784990560812
2年生のすぐ使える中国語A
趙 海城 (担当:共著)
牧歌舎   2011年1月   ISBN:9784990560805
周而復『黎明』(上巻)
趙 海城 (担当:共訳, 範囲:35-44)
三文舎   2010年8月   ISBN:903589056
趙 海城 (担当:共著)
白帝社   2010年5月   ISBN:4863980183
趙 海城 (担当:共著)
白帝社   2010年5月   ISBN:4863980175

講演・口頭発表等

 
上級日本語学習者の作文の計量テキスト分析−中国人学習者・韓国人学習者と日本語母語話者の比較を通じて−
趙海城
第十回中日対照言語学シンポジウム   2018年8月18日   漢日対照言語学研究(協力)会
以有限課時提升漢語聽説能力之教學策略-以日本明星大學二年級學生為例
姜君芳、中島一樹、趙海城
第16屆台灣華語文教學年會?國際學術研討會   2017年12月22日   台灣華語文教學學會
自らの得意分野と成功談をどのように展開するか ー日韓中の談話からー
◎金庚芬、関崎博紀、趙海城
韓国日本語学会第36回国際学術発表大会   2017年9月23日   韓国日本語學會
複合辞「からには」「以上」の相違に関する一考察
趙海城
第五回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2017年8月19日   延辺大学
複合助辞「について」「に関して」「に対して」の連体用法について
趙海城
2017年日本語教育と日本学国際シンポジウム   2017年5月13日   中国日語教学研究会上海分会
日本・韓国・中国の自己否定的な評価表出場面における会話展開に関する一考察
◎金庚芬・関崎博紀・趙海城
社会言語科学会 第39回大会   2017年3月19日   社会言語科学会
コーパスを利用した類義語の分析−「見逃す」「見過ごす」「見落とす」を例に−
趙海城
2016年日本語教育と日本学研究国際シンポジウム   2016年5月15日   中国日本語教学研究会上海分会
傾向を表す接尾辞「〜がち」「〜ぎみ」について
趙海城
第四回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2015年8月19日   延辺大学
上級〜超級日本語学習者の作文から見た言語産出実態
趙海城
第7回コーパス日本語学ワークショップ   2015年3月11日   国立国語研究所 言語資源研究系・コーパス開発センター
「Nを通じて」と「Nを通して」について
趙海城
第5回コーパス日本語学ワークショップ   2014年3月7日   国立国語研究所 言語資源研究系・コーパス開発センター
副詞「できるだけ」「なるべく」について―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を利用して―
趙海城
第15回東アジア日本語・日本文化フォーラム   2014年2月7日   東アジア日本語・日本文化研究会
肯定的/否定的評価の場面における日本語・韓国語・中国語の表現分析−相手が親友の場合−
◎金庚芬、関崎博紀、趙海城
社会言語科学会第32回大会   2013年9月8日   社会言語科学会
日韓大学生の評価行動に関する社会心理学的研究(2)―「けなし」の場合―
◎関崎博紀、金庚芬、趙海城
社会言語科学会第31回大会   2013年3月17日   社会言語科学会
日韓大学生の評価行動に関する社会心理学的研究(1)―「ほめ」の場合
◎金庚芬、関崎博紀、趙海城
社会言語科学会第31回大会   2013年3月17日   社会言語科学会
中国の大学生の「ほめ」行動に関する社会心理学的研究ー日本の大学生との比較を通してー
趙海城・金庚芬・関崎博紀
第14回東アジア日本語・日本文化フォーラム   2013年3月16日   東アジア日本語・日本文化研究会
特性を表す動詞の装定用法のタ形、テイル形について
趙海城
第十回世界日本語教育研究大会   2011年8月21日   
関係性動詞の装定用法の『ル形、タ形』の相違について
趙海城
文部科学省科学研究費特定領域研究「日本語コーパス」平成20年度公開ワークショップサテライトセッション   2009年3月14日   国立国語研究所
「VP+感覚の名詞」の連体修飾構造について
趙海城
大葉大学2009年応用日本語学科国際シンポジウム─ 日本語研究の新視座─   2009年3月28日   台湾 大葉大学
状態性動詞の装定用法について――「富む」を例に――
趙海城
第9回東アジア言語文化フォーラム   2007年12月21日   東アジア言語文化研究会
テアル構文の意味派生ネットワーク ―存在動詞「アル」の文法化度合いを視野に入れて―
趙海城
第8回東アジア言語文化フォーラム   2006年12月15日   東アジア言語文化研究会
結果相の「~てある」について
趙海城
第四回中日韓文化教育研究フォーラム   2006年9月15日   大連外国語大学