共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2017年3月

BCG細胞莢膜成分を用いた、全身投与可能な新規癌治療製剤の開発

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 宮崎 淳
  • ,
  • 西山 博之
  • ,
  • 高岡 栄一郎
  • ,
  • 河合 弘二

課題番号
26462397
配分額
(総額)
4,810,000円
(直接経費)
3,700,000円
(間接経費)
1,110,000円

①MAの抽出をおこなった。α、メトキシ、ケトミコール酸のMAの抽出及びカラム精製後のマス解析による脂質の同定した。安定的にMAの抽出技術を確立することが出来た。②MA抽出後のリポソーム化を行った。DOPCやデンドリマーを用いることで親水性にすることが出来た。リポソーム後は電子顕微鏡で確認すると、200nm以下の粒子になっていることが確認できた。③マウス皮下接種モデルによる抗腫瘍効果を検証した。選択したMAリポソーム製剤を、マウス皮下接種モデルを用いて抗腫瘍活性の有無を検証した。その結果、抗腫瘍効果を得ることが出来た。この成果を元に、特許を申請した。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26462397/26462397seika.pdf