田中 暁生

J-GLOBALへ         更新日: 13/06/11 07:04
 
アバター
研究者氏名
田中 暁生
eメール
a-tanakaeduc.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
こころの未来研究センター
職名
研究員
学位
修士(人間・環境学)(京都大学)

プロフィール

高次認知機能を実現する神経機構に興味があります。現在は,マカカ属のサルを対象に,電気生理学的手法と行動薬理学的手法を用いて,作業記憶,メタ認知,メタ記憶等の神経基盤を探る研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
京都大学こころの未来研究センター 研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
京都大学こころの未来研究センター 教務補佐員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2008年4月
 - 
2012年3月
京都大学大学院人間・環境学研究科 大学院生(博士課程)
 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院人間・環境学研究科 大学院生(修士課程)
 

論文

 
Tanaka A, Funahashi S
Behavioural Brain Research   233(2) 256-270   2012年5月   [査読有り]

Misc

 
Metacognition: A new method for studying the nature of the mind
Shintaro Funahashi, Akio Tanaka
Brain science and kokoro: Asian perspectives on science and religion   51-67   2011年
田中暁生, 船橋新太郎
霊長類研究   23(2) 91-105   2007年12月

講演・口頭発表等

 
メタ記憶課題の遂行におけるサル外側前頭前野の役割
田中暁生
平成24年度生理学研究所研究会 「グローバルネットワークによる脳情報処理」   2013年1月   
Impaired memory and spared metamemory: Effects of muscimol injections into the macaque dorsolateral prefrontal cortex
Akio Tanaka, Shintaro Funahashi
The 42nd annual Meeting of the Society for Neuroscience   2012年10月   
サル前頭前野背外側部へのムシモール注入による記憶とメタ記憶への影響
田中暁生, 船橋新太郎
第35回日本神経科学大会   2012年9月   
Neural correlates of explicit memory in the macaque lateral prefrontal cortex
Akio Tanaka, Shintaro Funahashi
The 41st Annual Meeting of the Society for Neuroscience   2011年11月   
遅延眼球運動課題遂行中のサルにおける顕在記憶関連神経活動
田中暁生, 船橋新太郎
第34回日本神経科学大会   2011年9月