南保 明日香

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/30 02:06
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
南保 明日香
 
ナンボ アスカ
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究科 生理学講座 細胞生理学分野
職名
准教授
学位
博士(薬学)(北海道大学)

プロフィール

ウイルスの生活環と宿主との相互作用について研究を行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
北海道大学大学院医学研究科 准教授
 
1999年4月
 - 
2000年3月
北海道大学医学部付属癌研究施設 非常勤研究員
 
2000年4月
 - 
2000年6月
北海道大学遺伝子病制御研究所 非常勤研究員
 
2000年7月
 - 
2002年9月
日本学術振興会 特別研究員
 
2002年10月
 - 
2003年9月
北海道大学 遺伝子病制御研究所 助手
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
北海道大学 薬学部 薬学科
 
1994年4月
 - 
1996年3月
北海道大学 修士課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
 
1996年4月
 - 
1999年3月
北海道大学 博士後期課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
 

受賞

 
2014年6月
資生堂 資生堂女性研究者サイエンスグラント
 
2013年7月
ソロプチミスト日本財団  女性研究者賞札幌ノイエクラブ賞
 
2013年3月
北海道大学 平成24年度北海道大学教育総長賞
 
2012年3月
北海道大学 平成23年度エクセレントティーチャーズ
 
2014年6月
北海道大学女性研究者支援室 WinGS Global Networkin Award
 

論文

 
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports   6 23545   2016年3月   [査読有り]
Inuzuka T, Fujioka Y, Tsuda M, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Tanaka S, Ohba Y
Scientific reports   6 21613   2016年2月   [査読有り]
Furuyama W, Marzi A, Nanbo A, Haddock E, Maruyama J, Miyamoto H, Igarashi M, Yoshida R, Noyori O, Feldmann H, Takada A
Scientific reports   6 20514   2016年2月   [査読有り]
Kuroda M, Fujikura D, Nanbo A, Marzi A, Noyori O, Kajihara M, Maruyama J, Matsuno K, Miyamoto H, Yoshida R, Feldmann H, Takada A
Journal of virology   89(12) 6481-6493   2015年6月   [査読有り]
Fujioka Y, Nanbo A, Nishide SY, Ohba Y
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   31(4) 267-274   2015年   [査読有り]
Strong MJ, Baddoo M, Nanbo A, Xu M, Puetter A, Lin Z
Journal of virology      2014年7月   [査読有り]
Nanbo A, Kawanishi E, Yoshida R, Yoshiyama H
Journal of virology   87 10334-10347   2013年9月   [査読有り]
Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
Nature communications   4 2763   2013年   [査読有り]
Nanbo A, Watanabe S, Halfmann P, Kawaoka Y
Scientific reports   3 1206   2013年   [査読有り]
Epstein-Barr Virus (EBV)-associated Gastric Carcinoma.
Iizasa H, Nanbo A, Nishikawa J, Jinushi M, Yoshiyama H
Viruses   4 3420-3439   2012年12月   [査読有り]
Nanbo A, Terada H, Kachi K, Takada K, Matsuda T
Journal of virology   86(17) 9285-9296   2012年9月   [査読有り]
Togi S, Ikeda O, Kamitani S, Nakasuji M, Sekine Y, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Kawai T, Akira S, Matsuda T
The Journal of biological chemistry   286(21) 19170-19177   2011年5月   [査読有り]
Ikeda O, Mizushima A, Sekine Y, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Cancer science   102(4) 756-761   2011年4月   [査読有り]
Muromoto R, Kuroda M, Togi S, Sekine Y, Nanbo A, Shimoda K, Oritani K, Matsuda T
European journal of immunology   40(12) 3570-3580   2010年12月   [査読有り]
Ikeda O, Sekine Y, Mizushima A, Nakasuji M, Miyasaka Y, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
The Journal of biological chemistry   285(49) 38093-38103   2010年12月   [査読有り]
Nanbo A, Imai M, Watanabe S, Noda T, Takahashi K, Neumann G, Halfmann P, Kawaoka Y
PLoS pathogens   6 e1001121   2010年9月   [査読有り]
Ikeda O, Miyasaka Y, Yoshida R, Mizushima A, Oritani K, Sekine Y, Kuroda M, Yasui T, Fujimuro M, Muromoto R, Nanbo A, Matsuda T
FEBS letters   584(5) 865-872   2010年3月   [査読有り]
Sekine Y, Ikeda O, Tsuji S, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   183(12) 7966-7974   2009年12月   [査読有り]
Ikeda O, Togi S, Kamitani S, Muromoto R, Sekine Y, Nanbo A, Fujimuro M, Matsuda T
Biological & pharmaceutical bulletin   32(7) 1283-1285   2009年7月   [査読有り]
Sekine Y, Yamamoto C, Ikeda O, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Biochemical and biophysical research communications   384(2) 187-192   2009年6月   [査読有り]
Ikeda O, Miyasaka Y, Sekine Y, Mizushima A, Muromoto R, Nanbo A, Yoshimura A, Matsuda T
Biochemical and biophysical research communications   384(1) 71-75   2009年6月   [査読有り]
LI Zejun, WATANABE Tokiko, HATTA Masato, WATANABE Shinji, NANBO Asuka, OZAWA Makoto, KAKUGAWA Satoshi, SHIMOJIMA Masayuki, YAMADA Shinya, NEUMANN Gabriele, KAWAOKA Yoshihiro, KAWAOKA Yoshihiro, KAWAOKA Yoshihiro
J Virol   83(9) 4153-4162   2009年5月
Ikeda O, Sekine Y, Mizushima A, Oritani K, Yasui T, Fujimuro M, Muromoto R, Nanbo A, Matsuda T
FEBS letters   583(10) 1567-1574   2009年5月   [査読有り]
Li Z, Watanabe T, Hatta M, Watanabe S, Nanbo A, Ozawa M, Kakugawa S, Shimojima M, Yamada S, Neumann G, Kawaoka Y
Journal of virology   83(9) 4153-4162   2009年5月   [査読有り]
MUROMOTO Ryuta, TAIRA Naohisa, IKEDA Osamu, SHIGA Kaname, KAMITANI Shinya, TOGI Sumihito, KAWAKAMI Shiho, SEKINE Yuichi, NANBO Asuka, ORITANI Kenji, MATSUDA Tadashi
Biochem Biophys Res Commun   382(1) 63-68   2009年4月
TOGI Sumihito, KAMITANI Shinya, KAWAKAMI Shiho, IKEDA Osamu, MUROMOTO Ryuta, NANBO Asuka, MATSUDA Tadashi
Biochem Biophys Res Commun   379(2) 616-620   2009年2月
IKEDA Osamu, TOGI Sumihito, KAMITANI Shinya, MUROMOTO Ryuta, SEKINE Yuichi, NANBO Asuka, FUJIMURO Masahiro, MATSUDA Tadashi
Biol Pharm Bull   32(7) 1283-1285   2009年
SEKINE Yuichi, IKEDA Osamu, TSUJI Satoshi, YAMAMOTO Chikako, MUROMOTO Ryuta, NANBO Asuka, ORITANI Kenji, YOSHIMURA Akihiko, MATSUDA Tadashi
J Immunol.   183(12) 7966-7974   2009年
NANBO Asuka, SUGDEN Arthur, SUGDEN Bill
EMBO J   26(19) 4252-4262   2007年10月
Nanbo A, Takada K
Reviews in medical virology   12 321-326   2002年9月   [査読有り]
Nanbo A, Nanbo T
Biological & pharmaceutical bulletin   25(5) 686-689   2002年5月   [査読有り]
Nanbo A, Inoue K, Adachi-Takasawa K, Takada K
The EMBO journal   21(5) 954-965   2002年3月   [査読有り]
NISHIMURA H, GOGAMI A, MIYAGAWA Y, NANBO A, MURAKAMI Y, BABA T, NAGASAWA S
Immunology.   103(4) 519-525   2001年
MARUO S, NANBO A, TAKADA K
J Virol.   75(20) 9977-9982   2001年
NANBO A, NISHIMURA H, MUTA T, NAGASAWA S
Eur J Biochem.   260(1) 183-191   1999年
NANBO A, NISHIMURA H, NAGASAWA S
Protein Expr Purif.   10(1) 55-60   1997年

Misc

 
微生物学実践問題ー基礎と臨床をつなぐ500題ー
南江堂      2011年

書籍等出版物

 
EBウイルス
診断と治療社   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 南保 明日香
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 南保 明日香
 エボラウイルス感染は極めて高い致死率を伴う重篤なエボラ出血熱を惹起することから、早急に制圧しなくてはならない感染症の一つであるが、現時点においてエボラウイルス感染に対する有効な治療法は実用化されていない。エボラウイルスに対する抗ウイルス薬の開発において、ウイルス侵入過程は特に魅力的な標的の一つであることから、侵入機構の分子レベルでの解明は非常に意義深いと考えられるが、エボラウイルスの侵入における分子機構の詳細についてはまだ不明な点が多い。本研究課題においては、siRNAライブラリを用いた...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 南保 明日香
エボラウイルス粒子の宿主細胞への取込みにおいて、アクチン再構成に関与する種々の宿主因子が関与することが明らかになった。また、ウイルス粒子の取込みに伴ってメンブランラッフリングの形成が認められたことから、上記のアクチン関連因子の活性化を介してウイルス粒子が取込まれることが判明した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 南保 明日香
EBERが示すインターフェロン(IFN)が誘導するアポトーシスに対する抵抗性に関与するEBERの分子内領域を同定するためPCR法によりEBER構造内のステムループ構造を標的とした欠失変異体を作製した。方法としては、内在性のEBER結合タンパク質としてこれまで報告されているLa抗原およびL22、PKRとの相互作用に関与するそれぞれのEBERの分子内領域を標的として、3種類の欠失変異体を作製し、RNAポリメラーゼIIIプロモータを各遺伝子の上流に付加させることでほ乳類細胞でのRNA発現系を可能...
Epstein-Barr virus (EBウイルス)がコードする小RNA(EBER)のアポトーシス抵抗性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2003年9月    代表者: 南保 明日香