喜田 宏

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/29 09:00
 
アバター
研究者氏名
喜田 宏
 
キダ ヒロシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10109506.ja.html
所属
北海道大学
部署
人獣共通感染症リサーチセンター
職名
特別招聘教授
学位
獣医学博士(北海道大学)
その他の所属
日本鶏病研究会インフルエンザ研究者交流の会日米医学協力研究会急性呼吸器感染症専門部会研究員

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北海道大学 ユニバーシティプロフェッサー
 
2012年4月
 - 
現在
北海道大学 名誉教授
 
2012年4月
 - 
現在
北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 統括
 
2007年12月
 - 
現在
日本学士院 会員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
北海道大学大学院・獣医学研究科 特任教授
 
2005年4月
 - 
2012年3月
北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター センター長
 
1995年4月
 - 
2012年3月
北海道大学 大学院・獣医学研究科 教授
 
2001年5月
 - 
2005年4月
北海道大学大学院獣医学研究科長 獣医学部長
 
1995年6月
 - 
2001年4月
北海道大学 評議員
 
1989年1月
 - 
1989年3月
ザンビア大学 教授(JICA派遣専門家)
 
1986年1月
 - 
1987年1月
St. Jude Children's Research Hospital 客員教授(Karnofsky 賞招聘研究員)
 
1980年12月
 - 
1981年11月
St. Jude Children's Research Hospital 客員科学者
 

学歴

 
1967年4月
 - 
1968年3月
北海道大学大学院 獣医学研究科 予防治療学専攻
 
 
 - 
1967年3月
北海道大学 獣医学部 獣医学科
 

委員歴

 
2005年
 - 
現在
内閣府総合技術会議 科学技術連携施策群ワーキンググループ委員
 
2005年
 - 
現在
OIE/食糧・農業機関(FAO) 鳥インフルエンザネットワーク(OFFLU)拠点メンバー
 
2003年
 - 
現在
食糧・農業・農村審議会 消費・安全分科会 家禽疾病小委員会委員長
 
2003年
 - 
現在
国際獣疫機関(OIE) 高病原性鳥インフルエンザ ワールドレファレンスラボラトリー ダイレクター
 
2001年
 - 
現在
大学設置審議会委員
 

受賞

 
2011年11月
平成23年度 農事功績表彰緑白綬有功賞
 
2009年2月
平成20年度 畜産大賞 インフルエンザウイルスの生態解明とライブラリーの構築-高病原性鳥インフルエンザの診断と予防への応用―
 
2005年6月
第95回 日本学士院賞 インフルエンザ制圧のための基礎的研究 ―家禽、家畜およびヒトの新型インフルエンザウイルスの出現機構の解明と抗体によるウイルス感染性中和の分子的基盤の確立
 
2005年4月
平成17年度 日本農学賞・読売農学賞 インフルエンザウイルスの生態に関する研究
 
2004年11月
第58回 北海道新聞文化賞 鳥、動物とヒトインフルエンザウイルスの生態学的研究
 
2002年3月
北海道科学技術賞 新型インフルエンザウイルスの出現機序の解明と対策に関する研究
 
1982年4月
日本獣医学会賞 鳥類パラミクソウイルスの分類に関する研究
 

論文

 
Yamada T, Horimoto H, Kameyama T, Hayakawa S, Yamato H, Dazai M, Takada A, Kida H, Bott D, Zhou AC, Hutin D, Watts TH, Asaka M, Matthews J, Takaoka A
Nature immunology   17(6) 687-694   2016年6月   [査読有り]
Yamada H, Nagase S, Takahashi K, Sakoda Y, Kida H, Okamoto S
Antiviral research      2016年2月   [査読有り]
Hiono T, Okamatsu M, Yamamoto N, Ogasawara K, Endo M, Kuribayashi S, Shichinohe S, Motohashi Y, Chu DH, Suzuki M, Ichikawa T, Nishi T, Abe Y, Matsuno K, Tanaka K, Tanigawa T, Kida H, Sakoda Y
Veterinary microbiology   182 108-115   2016年1月   [査読有り]
Hiono T, Okamatsu M, Igarashi M, McBride R, de Vries RP, Peng W, Paulson JC, Sakoda Y, Kida H
Archives of virology      2015年11月   [査読有り]
Tamura T, Ruggli N, Nagashima N, Okamatsu M, Igarashi M, Mine J, Hofmann MA, Liniger M, Summerfield A, Kida H, Sakoda Y
The Journal of general virology   96(9) 2623-2635   2015年9月   [査読有り]
Abe Y, Tamura T, Torii S, Wakamori S, Nagai M, Mitsuhashi K, Mine J, Fujimoto Y, Nagashima N, Yoshino F, Sugita Y, Nomura T, Okamatsu M, Kida H, Sakoda Y
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2015年9月   [査読有り]
Hiono T, Ohkawara A, Ogasawara K, Okamatsu M, Tamura T, Chu DH, Suzuki M, Kuribayashi S, Shichinohe S, Takada A, Ogawa H, Yoshida R, Miyamoto H, Nao N, Furuyama W, Maruyama J, Eguchi N, Ulziibat G, Enkhbold B, Shatar M, Jargalsaikhan T, Byambadorj S, Damdinjav B, Sakoda Y, Kida H
Virus genes   51(1) 57-68   2015年8月   [査読有り]
Itoh Y, Shichinohe S, Nakayama M, Igarashi M, Ishii A, Ishigaki H, Ishida H, Kitagawa N, Sasamura T, Shiohara M, Doi M, Tsuchiya H, Nakamura S, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Ogasawara K
Antimicrobial agents and chemotherapy   59(8) 4962-4973   2015年8月   [査読有り]
Gamoh K, Nakamizo M, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Suzuki S
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2015年8月   [査読有り]
Mine J, Tamura T, Mitsuhashi K, Okamatsu M, Parchariyanon S, Pinyochon W, Ruggli N, Tratschin JD, Kida H, Sakoda Y
The Journal of general virology      2015年3月   [査読有り]
Ogawa H, Koizumi N, Ohnuma A, Mutemwa A, Hang'ombe BM, Mweene AS, Takada A, Sugimoto C, Suzuki Y, Kida H, Sawa H
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases      2015年3月   [査読有り]
Nao N, Kajihara M, Manzoor R, Maruyama J, Yoshida R, Muramatsu M, Miyamoto H, Igarashi M, Eguchi N, Sato M, Kondoh T, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Takada A
PloS one   10(9) e0137989   2015年   [査読有り]
Sakurai A, Takayama K, Nomura N, Kajiwara N, Okamatsu M, Yamamoto N, Tamura T, Yamada J, Hashimoto M, Sakoda Y, Suda Y, Kobayashi Y, Kida H, Shibasaki F
PloS one   10 e0116715   2015年   [査読有り]
Kozasa T, Abe Y, Mitsuhashi K, Tamura T, Aoki H, Ishimaru M, Nakamura S, Okamatsu M, Kida H, Sakoda Y
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2014年12月   [査読有り]
Kumagai T, Nakayama T, Okuno Y, Kase T, Nishimura N, Ozaki T, Miyata A, Suzuki E, Okafuji T, Okafuji T, Ochiai H, Nagata N, Tsutsumi H, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Ihara T
Viral immunology      2014年9月   [査読有り]
Sakurai A, Takayama K, Nomura N, Yamamoto N, Sakoda Y, Kobayashi Y, Kida H, Shibasaki F
Journal of virological methods   209C 62-68   2014年9月   [査読有り]
Haredy AM, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Mori Y, Kida H, Okamoto S, Okuno Y, Yamanishi K
The Journal of general virology      2014年7月   [査読有り]
Nagai M, Aoki H, Sakoda Y, Kozasa T, Tominaga-Teshima K, Mine J, Abe Y, Tamura T, Kobayashi T, Nishine K, Tateishi K, Suzuki Y, Fukuhara M, Ohmori K, Todaka R, Katayama K, Mizutani T, Nakamura S, Kida H, Shirai J
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   26 547-552   2014年7月   [査読有り]
Hasegawa H, van Reit E, Kida H
Current topics in microbiology and immunology      2014年7月   [査読有り]
Kodama M, Yoshida R, Hasegawa T, Izawa M, Kitano M, Baba K, Noshi T, Seki T, Okazaki K, Tsuji M, Kanazu T, Kamimori H, Homma T, Kobayashi M, Sakoda Y, Kida H, Sato A, Yamano Y
Antiviral research      2014年7月   [査読有り]
Itoh Y, Yoshida R, Shichinohe S, Higuchi M, Ishigaki H, Nakayama M, Pham VL, Ishida H, Kitano M, Arikata M, Kitagawa N, Mitsuishi Y, Ogasawara K, Tsuchiya H, Hiono T, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Ito M, Quynh Mai L, Kawaoka Y, Miyamoto H, Ishijima M, Igarashi M, Suzuki Y, Takada A
PLoS pathogens   10 e1004192   2014年6月   [査読有り]
Hiono T, Okamatsu M, Nishihara S, Takase-Yoden S, Sakoda Y, Kida H
Virology   456-457 131-138   2014年5月   [査読有り]
Tamura T, Nagashima N, Ruggli N, Summerfield A, Kida H, Sakoda Y
Veterinary research   45 47   2014年4月   [査読有り]
Muramatsu D, Kawata K, Aoki S, Uchiyama H, Okabe M, Miyazaki T, Kida H, Iwai A
Scientific reports   4 4777   2014年4月   [査読有り]
Huy CD, Sakoda Y, Nishi T, Hiono T, Shichinohe S, Okamatsu M, Kida H
Vaccine      2014年4月   [査読有り]
Manzoor R, Kuroda K, Yoshida R, Tsuda Y, Fujikura D, Miyamoto H, Kajihara M, Kida H, Takada A
The Journal of biological chemistry      2014年1月   [査読有り]
Fujiyuki T, Yoneda M, Yasui F, Kuraishi T, Hattori S, Kwon HJ, Munekata K, Kiso Y, Kida H, Kohara M, Kai C
PloS one   8 e83551   2013年12月   [査読有り]
Nakayama M, Shichinohe S, Itoh Y, Ishigaki H, Kitano M, Arikata M, Pham VL, Ishida H, Kitagawa N, Okamatsu M, Sakoda Y, Ichikawa T, Tsuchiya H, Nakamura S, Le QM, Ito M, Kawaoka Y, Kida H, Ogasawara K
PloS one   8 e82740   2013年12月   [査読有り]
Fujimoto Y, Ozaki K, Maeda M, Nishijima K, Takakuwa H, Otsuki K, Kida H, Ono E
Veterinary journal (London, England : 1997)   198 487-493   2013年11月   [査読有り]
Ogiwara H, Yasui F, Munekata K, Takagi-Kamiya A, Munakata T, Nomura N, Shibasaki F, Kuwahara K, Sakaguchi N, Sakoda Y, Kida H, Kohara M
The American journal of pathology      2013年11月   [査読有り]
Sakurai A, Takayama K, Nomura N, Munakata T, Yamamoto N, Tamura T, Yamada J, Hashimoto M, Kuwahara K, Sakoda Y, Suda Y, Kobayashi Y, Sakaguchi N, Kida H, Kohara M, Shibasaki F
PloS one   8 e76753   2013年11月   [査読有り]
Ichimiya T, Nishihara S, Takase-Yoden S, Kida H, Aoki-Kinoshita K
Bioinformatics (Oxford, England)      2013年10月   [査読有り]
Pham VL, Nakayama M, Itoh Y, Ishigaki H, Kitano M, Arikata M, Ishida H, Kitagawa N, Shichinohe S, Okamatsu M, Sakoda Y, Tsuchiya H, Nakamura S, Kida H, Ogasawara K
PloS one   8 e75910   2013年9月   [査読有り]
Genetic Analysis of an H5N2 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Isolated from a Chicken in a Live Bird Market in Northern Vietnam in 2012.
Nishi T, Okamatsu M, Sakurai K, Chu HD, Thanh LP, VAN Nguyen L, VAN Hoang N, Thi DN, Sakoda Y, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2013年8月   [査読有り]
Shichinohe S, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H
Virology   444(1-2) 404-408   2013年7月   [査読有り]
Watanabe T, Kiso M, Fukuyama S, Nakajima N, Imai M, Yamada S, Murakami S, Yamayoshi S, Iwatsuki-Horimoto K, Sakoda Y, Takashita E, McBride R, Noda T, Hatta M, Imai H, Zhao D, Kishida N, Shirakura M, de Vries RP, Shichinohe S, Okamatsu M, Tamura T, Tomita Y, Fujimoto N, Goto K, Katsura H, Kawakami E, Ishikawa I, Watanabe S, Ito M, Sakai-Tagawa Y, Sugita Y, Uraki R, Yamaji R, Eisfeld AJ, Zhong G, Fan S, Ping J, Maher EA, Hanson A, Uchida Y, Saito T, Ozawa M, Neumann G, Kida H, Odagiri T, Paulson JC, Hasegawa H, Tashiro M, Kawaoka Y
Nature      2013年7月   [査読有り]
Okamatsu M, Nishi T, Nomura N, Yamamoto N, Sakoda Y, Sakurai K, Chu HD, Thanh LP, Van Nguyen L, Van Hoang N, Tien TN, Yoshida R, Takada A, Kida H
Virus genes      2013年7月   [査読有り]
Maruyama J, Okamatsu M, Soda K, Sakoda Y, Kida H
Archives of virology      2013年6月   [査読有り]
Haredy AM, Takenaka N, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Ohtake H, Mori Y, Kida H, Yamanishi K, Okamoto S
Clinical and vaccine immunology : CVI      2013年5月   [査読有り]
Motohashi Y, Igarashi M, Okamatsu M, Noshi T, Sakoda Y, Yamamoto N, Ito K, Yoshida R, Kida H
Virology journal   10 118   2013年4月   [査読有り]
Feng F, Sakoda Y, Ohyanagi T, Nagahori N, Shibuya H, Okamastu M, Miura N, Kida H, Nishimura SI
Antiviral therapy      2013年2月   [査読有り]
Kajihara M, Sakoda Y, Soda K, Minari K, Okamatsu M, Takada A, Kida H
Virology journal   10 45   2013年2月   [査読有り]
Okamatsu M, Sakoda Y, Hiono T, Yamamoto N, Kida H
Virology journal   10 47   2013年2月   [査読有り]
Yamamoto N, Soda K, Sakoda Y, Okamatsu M, Kida H
Virus research   173(2) 294-298   2013年2月   [査読有り]
Shichinohe S, Okamatsu M, Yamamoto N, Noda Y, Nomoto Y, Honda T, Takikawa N, Sakoda Y, Kida H
Veterinary microbiology   164(1-2) 39-45   2013年2月   [査読有り]
Minami T, Kijima T, Kohmo S, Arase H, Otani Y, Nagatomo I, Takahashi R, Miyake K, Higashiguchi M, Morimura O, Ihara S, Tsujino K, Hirata H, Inoue K, Takeda Y, Kida H, Tachibana I, Kumanogoh A
Scientific reports   3 2669   2013年   [査読有り]
Kuribayashi S, Sakoda Y, Kawasaki T, Tanaka T, Yamamoto N, Okamatsu M, Isoda N, Tsuda Y, Sunden Y, Umemura T, Nakajima N, Hasegawa H, Kida H
PloS one   8 e68375   2013年   [査読有り]
Isoda N, Tsuda Y, Asakura S, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H
Archives of virology   157(12) 2257-2264   2012年12月   [査読有り]
Okamatsu M, Feng F, Ohyanagi T, Nagahori N, Someya K, Sakoda Y, Miura N, Nishimura SI, Kida H
Journal of virological methods      2012年11月   [査読有り]
Tamura T, Sakoda Y, Yoshino F, Nomura T, Yamamoto N, Sato Y, Okamatsu M, Ruggli N, Kida H
Journal of virology   86(16) 8602-8613   2012年8月   [査読有り]
Development and evaluation of indirect enzyme-linked immunosorbent assay for a screening test to detect antibodies against classical swine fever virus.
Sakoda Y, Wakamoto H, Tamura T, Nomura T, Naito M, Aoki H, Morita H, Kida H, Fukusho A
The Japanese journal of veterinary research   60 85-94   2012年8月   [査読有り]
Sakoda Y, Naito M, Ito M, Ito Y, Isoda N, Tanaka T, Umemura T, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(7) 955-958   2012年7月   [査読有り]
Sakoda Y, Okamatsu M, Isoda N, Yamamoto N, Ozaki K, Umeda Y, Aoyama S, Kida H
Microbiology and immunology   56(7) 490-495   2012年7月   [査読有り]
Nomura N, Sakoda Y, Soda K, Okamatsu M, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(4) 441-447   2012年4月   [査読有り]
Sakoda Y, Ito H, Uchida Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Soda K, Nomura N, Kuribayashi S, Shichinohe S, Sunden Y, Umemura T, Usui T, Ozaki H, Yamaguchi T, Murase T, Ito T, Saito T, Takada A, Kida H
The Journal of general virology   93(3) 541-550   2012年3月   [査読有り]
Feng F, Sakoda Y, Ohyanagi T, Nagahori N, Shibuya H, Okamastu M, Miura N, Kida H, Nishimura SI
Antiviral chemistry & chemotherapy      2012年2月   [査読有り]
Nomura N, Sakoda Y, Endo M, Yoshida H, Yamamoto N, Okamatsu M, Sakurai K, Hoang NV, Nguyen LV, Chu HD, Tien TN, Kida H
Archives of virology   157 247-257   2012年2月   [査読有り]
Yamada S, Shinya K, Takada A, Ito T, Suzuki T, Suzuki Y, Le QM, Ebina M, Kasai N, Kida H, Horimoto T, Rivailler P, Chen LM, Donis RO, Kawaoka Y
Journal of virology   86(3) 1411-1420   2012年2月   [査読有り]
Sato K, Iwai A, Nakayama Y, Morimoto J, Takada A, Maruyama M, Kida H, Uede T, Miyazaki T
Biochemical and biophysical research communications   417(1) 274-279   2012年1月   [査読有り]
Arikata M, Itoh Y, Okamatsu M, Maeda T, Shiina T, Tanaka K, Suzuki S, Nakayama M, Sakoda Y, Ishigaki H, Takada A, Ishida H, Soda K, Pham VL, Tsuchiya H, Nakamura S, Torii R, Shimizu T, Inoko H, Ohkubo I, Kida H, Ogasawara K
PloS one   7 e37220   2012年   [査読有り]
Sakurai A, Nomura N, Nanba R, Sinkai T, Iwaki T, Obayashi T, Hashimoto K, Hasegawa M, Sakoda Y, Naito A, Morizane Y, Hosaka M, Tsuboi K, Kida H, Kai A, Shibasaki F
Journal of virological methods   178(1-2) 75-81   2011年12月   [査読有り]
Wada A, Sakoda Y, Oyamada T, Kida H
Journal of virological methods   178(1-2) 82-86   2011年12月   [査読有り]
Kohno S, Yen MY, Cheong HJ, Hirotsu N, Ishida T, Kadota J, Mizuguchi M, Kida H, Shimada J, S-021812 Clinical Study Group
Antimicrobial agents and chemotherapy   55 5267-5276   2011年11月   [査読有り]
Motoshima M, Okamatsu M, Asakura S, Kuribayashi S, Sengee S, Batchuluun D, Ito M, Maeda Y, Eto M, Sakoda Y, Sodnomdarjaa R, Kida H
Archives of virology   156(8) 1379-1385   2011年8月   [査読有り]
An H5N1 highly pathogenic avian influenza virus that invaded Japan through waterfowl migration.
Kajihara M, Matsuno K, Simulundu E, Muramatsu M, Noyori O, Manzoor R, Nakayama E, Igarashi M, Tomabechi D, Yoshida R, Okamatsu M, Sakoda Y, Ito K, Kida H, Takada A
The Japanese journal of veterinary research   59 89-100   2011年8月   [査読有り]
Yoshida H, Sakoda Y, Endo M, Motoshima M, Yoshino F, Yamamoto N, Okamatsu M, Soejima T, Senba S, Kanda H, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(6) 753-758   2011年6月   [査読有り]
Soda K, Cheng MC, Yoshida H, Endo M, Lee SH, Okamatsu M, Sakoda Y, Wang CH, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(6) 767-772   2011年6月   [査読有り]
Simulundu E, Ishii A, Igarashi M, Mweene AS, Suzuki Y, Hang'ombe BM, Namangala B, Moonga L, Manzoor R, Ito K, Nakamura I, Sawa H, Sugimoto C, Kida H, Simukonda C, Chansa W, Chulu J, Takada A
The Journal of general virology   92(6) 1416-1427   2011年6月   [査読有り]
Kohno S, Kida H, Mizuguchi M, Hirotsu N, Ishida T, Kadota J, Shimada J, S-021812 Clinical Study Group
Antimicrobial agents and chemotherapy   55(6) 2803-2812   2011年6月   [査読有り]
Nakanishi K, Takeda Y, Tetsumoto S, Iwasaki T, Tsujino K, Kuhara H, Jin Y, Nagatomo I, Kida H, Goya S, Kijima T, Maeda N, Funahashi T, Shimomura I, Tachibana I, Kawase I
American journal of respiratory and critical care medicine   183(9) 1164-1175   2011年5月   [査読有り]
Miyagawa E, Kogaki H, Uchida Y, Fujii N, Shirakawa T, Sakoda Y, Kida H
Journal of virological methods   173(2) 213-219   2011年5月   [査読有り]
Isoda N, Sakoda Y, Okamatsu M, Tsuda Y, Kida H
Archives of virology   156(4) 557-563   2011年4月   [査読有り]
Tanaka T, Inui H, Kida H, Kodama T, Okamoto T, Takeshima A, Tachi Y, Morimoto Y
Chemical communications (Cambridge, England)   47(10) 2949-2951   2011年3月   [査読有り]
Shiozaki T, Iwai A, Kawaoka Y, Takada A, Kida H, Miyazaki T
The Journal of general virology   92(2) 315-325   2011年2月   [査読有り]
Yamamoto N, Sakoda Y, Motoshima M, Yoshino F, Soda K, Okamatsu M, Kida H
Virology journal   8 65   2011年2月   [査読有り]
Virological surveillance and phylogenetic analysis of the PB2 genes of influenza viruses isolated from wild water birds flying from their nesting lakes in Siberia to Hokkaido, Japan in autumn.
Samad RA, Sakoda Y, Tsuda Y, Simulundu E, Manzoor R, Okamatsu M, Ito K, Kida H
The Japanese journal of veterinary research   59 15-22   2011年2月   [査読有り]
A vaccine prepared from a non-pathogenic H5N1 influenza virus strain from the influenza virus library conferred protective immunity to chickens against the challenge with antigenically drifted highly pathogenic avian influenza virus.
Samad RA, Nomura N, Tsuda Y, Manzoor R, Kajihara M, Tomabechi D, Sasaki T, Kokumai N, Ohgitani T, Okamatsu M, Takada A, Sakoda Y, Kida H
The Japanese journal of veterinary research   59 23-29   2011年2月   [査読有り]
Takeyama N, Minari K, Kajihara M, Isoda N, Sakamoto R, Sasaki T, Kokumai N, Takikawa N, Shiraishi R, Mase M, Hagiwara J, Kodama T, Imamura T, Sakaguchi M, Ohgitani T, Sawata A, Okamatsu M, Muramatsu M, Tsukamoto K, Lin Z, Tuchiya K, Sakoda Y, Kida H
Veterinary microbiology   147(3-4) 283-291   2011年1月   [査読有り]
Uchida Y, Kanehira K, Mase M, Takemae N, Watanabe C, Usui T, Fujimoto Y, Ito T, Igarashi M, Ito K, Takada A, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto Y, Nakamura K, Kida H, Hiromoto Y, Tsuda T, Saito T
Veterinary microbiology   147(1-2) 1-10   2011年1月   [査読有り]
Ito K, Igarashi M, Miyazaki Y, Murakami T, Iida S, Kida H, Takada A
PloS one   6 e25953   2011年   [査読有り]
Okamatsu M, Tanaka T, Yamamoto N, Sakoda Y, Sasaki T, Tsuda Y, Isoda N, Kokumai N, Takada A, Umemura T, Kida H
Virus genes   41(3) 351-357   2010年12月   [査読有り]
Kohno S, Kida H, Mizuguchi M, Shimada J, S-021812 Clinical Study Group
Antimicrobial agents and chemotherapy   54(11) 4568-4574   2010年11月   [査読有り]
Sakoda Y, Sugar S, Batchluun D, Erdene-Ochir TO, Okamatsu M, Isoda N, Soda K, Takakuwa H, Tsuda Y, Yamamoto N, Kishida N, Matsuno K, Nakayama E, Kajihara M, Yokoyama A, Takada A, Sodnomdarjaa R, Kida H
Virology   406(1) 88-94   2010年10月   [査読有り]
Iwai A, Shiozaki T, Kawai T, Akira S, Kawaoka Y, Takada A, Kida H, Miyazaki T
The Journal of biological chemistry   285(42) 32064-32074   2010年10月   [査読有り]
Sasaki T, Kokumai N, Ohgitani T, Imamura T, Sawata A, Lin Z, Sakoda Y, Kida H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   72(6) 819-821   2010年6月   [査読有り]
Feng F, Miura N, Isoda N, Sakoda Y, Okamatsu M, Kida H, Nishimura S
Bioorganic & medicinal chemistry letters   20(12) 3772-3776   2010年6月   [査読有り]
Cheng MC, Soda K, Lee MS, Lee SH, Sakoda Y, Kida H, Wang CH
Avian diseases   54(2) 885-893   2010年6月   [査読有り]
Kida H
Uirusu   60(1) 17-20   2010年6月   [査読有り]
Tsunekun R, Ito H, Kida H, Otsuki K, Ito T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   72(4) 453-457   2010年4月   [査読有り]
Tsunekuni R, Ito H, Otsuki K, Kida H, Ito T
Virus genes   40(2) 252-255   2010年4月   [査読有り]
Tanaka T, Sunden Y, Sakoda Y, Kida H, Ochiai K, Umemura T
Journal of neurovirology   16(2) 125-132   2010年3月   [査読有り]
Miyake T, Soda K, Itoh Y, Sakoda Y, Ishigaki H, Nagata T, Ishida H, Nakayama M, Ozaki H, Tsuchiya H, Torii R, Kida H, Ogasawara K
Journal of medical primatology   39(1) 58-70   2010年2月   [査読有り]
Itoh Y, Ozaki H, Ishigaki H, Sakoda Y, Nagata T, Soda K, Isoda N, Miyake T, Ishida H, Okamoto K, Nakayama M, Tsuchiya H, Torii R, Kida H, Ogasawara K
Vaccine   28 780-789   2010年1月   [査読有り]
Igarashi M, Ito K, Yoshida R, Tomabechi D, Kida H, Takada A
PloS one   5 e8553   2010年1月   [査読有り]
Kashima Y, Ikeda M, Itoh Y, Sakoda Y, Nagata T, Miyake T, Soda K, Ozaki H, Nakayama M, Shibuya H, Okamatsu M, Ishigaki H, Ishida H, Sawai T, Kawaoka Y, Kida H, Ogasawara K
Vaccine   27 7402-7408   2009年12月   [査読有り]
Shin JH, Sakoda Y, Yano S, Ochiai K, Kida H, Umemura T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   71(10) 1331-1336   2009年10月   [査読有り]
Sasaki T, Kokumai N, Ohgitani T, Sakamoto R, Takikawa N, Lin Z, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H
Vaccine   27 5174-5177   2009年8月   [査読有り]

Misc

 
喜田 宏
臨床と微生物   42(3) 249-254   2015年5月
喜田 宏
化学療法の領域   30(12) 84-89   2014年12月
岡松 正敏、迫田 義博、喜田 宏
化学療法の領域   30(12) 25-32   2014年12月
喜田 宏
医薬ジャーナル   50(10) 107-112   2014年10月
小山田孝嘉, 来馬浩二, 島田俊雄, 迫田義博, 喜田宏
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   30th 184   2014年7月
喜田 宏
ワクチンジャーナル   2(1) 40-44   2014年6月
喜田宏, 喜田宏, 喜田宏, 喜田宏
臨床とウイルス   42(2) S6-S7   2014年5月
喜田宏, 喜田宏, 喜田宏, 喜田宏, 喜田宏
最新医学   69(4) 858-864   2014年4月
伊藤靖, 仲山美沙子, 石垣宏仁, 石田英晃, 七戸新太郎, 岡松正敏, 迫田義博, 喜田宏, 喜田宏, 小笠原一誠
日本病理学会会誌   103(1) 224   2014年3月
伊藤靖, LOI Pham Van, 仲山美沙子, 石垣宏仁, 有方雅彦, 石田英晃, 北川直子, 小笠原一誠, 七戸新太郎, 岡松正敏, 迫田義博, 喜田宏, 喜田宏
滋賀医学   36 142   2014年3月
喜田宏, 喜田宏
日本環境感染学会誌   29(Supplement) 137   2014年1月
喜田宏, 喜田宏
感染症   44(1) 13-18,9   2014年1月
喜田宏, 喜田宏, 喜田宏, 喜田宏
感染症内科   1(6) 564-572   2013年12月
喜田宏
月刊臨床と研究   90(12) 1666-1673   2013年12月
喜田宏
Up-to-date子どもの感染症   1(2) 74-81   2013年12月
喜田宏
月刊養豚界   48(11) 20-24   2013年11月
喜田宏
小児内科   45(11) 1927-1934   2013年11月
安井文彦, 桑原一彦, 飛田良美, 棟方翼, 斉藤誠, 七戸新太郎, 迫田義博, 喜田宏, 阪口薫雄, 小原道法
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 153   2013年10月
一宮智美, 西原祥子, 木下聖子, 山本直樹, 喜田宏, 高瀬明
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 239   2013年10月
直亨則, 梶原将大, 丸山隼輝, 木村享史, MANZOOR Rashid, 村松美笑子, 岡松正敏, 宮本洋子, 吉田玲子, 迫田義博, 喜田宏, 高田礼人
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 150   2013年10月
藤幸知子, 米田美佐子, 堀江亮, 倉石武, 池田房子, 石井美穂, 小見美央, 安井文彦, 宗片圭祐, 佐藤宏樹, 服部正策, 喜田宏, 小原道法, 甲斐知恵子
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 155   2013年10月
五十嵐学, 吉田玲子, 関嶋政和, 常盤広明, 喜田宏, 伊藤公人, 高田礼人
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 239   2013年10月
藤本佳万, 尾崎絹代, 前田雅弘, 西島謙一, 高桑弘樹, 大槻公一, 喜田宏, 小野悦郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th 270   2013年8月
安部優里, 迫田義博, 三津橋和也, 田村友和, 小佐々隆志, 中村成幸, 喜田宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th 265   2013年8月
市川貴也, 岡松正敏, 佐藤由佳, 日尾野隆大, 迫田義博, 喜田宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th 269   2013年8月
喜田 宏
日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   60(7) 371-374   2013年7月
岡松正敏, 喜田宏
日本獣医師会雑誌   66(6) 352-354   2013年6月
日尾野隆大, 岡松正敏, 西原祥子, 高瀬明, 迫田義博, 喜田宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155th 229   2013年3月
七戸新太郎, 岡松正敏, 迫田義博, 喜田宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155th 229   2013年3月
迫田義博, 三津橋和也, 田村友和, 長島尚史, 岡松正敏, NICOLAS Ruggli, SUGIRA Parchariyanon, WASANA Pinyochon, 喜田宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155th 226   2013年3月
喜田宏
感染症道場   2(1) 30-33   2013年1月
宗片圭祐, 安井文彦, 伊藤靖, 石井孝司, 七戸新太郎, 喜田宏, 小笠原一誠, 小原道法
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   17th 160   2013年
安井文彦, 宗片圭祐, 倉石武, 服部正策, 藤幸知子, 米田美佐子, 迫田義博, 喜田宏, 甲斐知恵子, 小原道法
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   17th 87   2013年
喜田宏
急性呼吸器感染症の感染メカニズムと疫学、感染予防・制御に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   77-81   2013年
櫻井陽, 高山勝好, 野村奈美子, 迫田義博, 須田美彦, 小林行治, 阪口薫雄, 喜田宏, 小原道法, 芝崎太
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th WEB ONLY 3P-1007   2013年
喜田 宏
日本食品科学工学会誌   60(7) 371-374   2013年
Highly pathogenic avian influenza virus (HPAIV) causes lethal infection in gallinaceous poultry such as chickens. HPAIV is generated when a nonpathogenic virus brought in by migratory birds from nesting lakes in the north is transmitted to chicken...
七戸新太郎, 岡松正敏, 迫田義博, 喜田宏
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   60th 167   2012年10月
田村友和, 長島尚史, 山本直樹, 岡松正敏, NICOLAS Ruggli, 迫田義博, 喜田宏
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   60th 250   2012年10月
五十嵐学, 中尾亮, 喜田宏, 高田礼人, 伊藤公人
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   60th 318   2012年10月
喜田 宏
科学   82(8) 918-922   2012年8月
迫田 義博, 遠藤 真由美, 佐藤 由佳, 岡松 正敏, 喜田 宏
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   65(4) 303-305   2012年4月
喜田 宏, 七戸 新太郎
養豚の友   0(515) 14-16   2012年2月
柏木 征三郎, 喜田 宏
インフルエンザ   13(1) 9-19   2012年1月
倉田 毅, 喜田 宏
最新医学   66(12) 2612-2622   2011年12月
喜田 宏
最新医学   66(12) 2623-2631   2011年12月
喜田 宏
AFCフォーラム   58(13) 3-6   2011年4月
喜田 宏
ウイルス   60(1) 17-20   2010年6月
伊藤 啓史, 疋田 宗生, 八代 純子, 喜田 宏, 伊藤 壽啓
日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy   57(6) 508-510   2009年11月
喜田 宏
メディカルバイオ   6(4) 75-77   2009年7月
河岡 義裕, 西村 秀一, 喜田 宏
インフルエンザ   10(3) 191-202   2009年7月
佐々木 崇, 坂元 隆一, 今村 孝, 坂口 正士, 瀧川 義康, 西條 加須江, 澤田 章, 萩原 純子, 土屋 耕太郎, 林 志鋒, 國米 則秀, 扇谷 年昭, 曽田 公輔, 磯田 典和, 迫田 義博, 喜田 宏
鶏病研究会報   44(4) 170-174   2009年2月
喜田 宏
読売クオータリー   0(10) 72-81   2009年
喜田 宏, 西藤 岳彦, 岩崎 惠美子
Virus report   6(2) 12-24   2009年
伊藤 美加, 長井 誠, 早川 裕二, 小前 博文, 村上 成人, 四ッ谷 正一, 浅倉 真吾, 迫田 義博, 喜田 宏
The journal of veterinary medical science   70(9) 899-906   2008年9月
2007年8月,石川県金沢競馬場において馬インフルエンザが発生した.感染馬の症状は主に発熱(38.2-41.0℃)および鼻汁漏出で,呼吸器症状を示した馬はわずかであった.全ての競走馬は不活化ワクチンを接種しており,ワクチンにはH3N8馬インフルエンザウイルス,アメリカ系統のA/equine/La Plata/93株,同じくヨーロッパ系統のA/equine/Avesta/93株,およびH7N7馬インフルエンザのA/equine/Newmarket/1/77株が含まれていた.鼻腔スワブ材料から...
MANZOOR Rashid, 迫田 義博, 坂部 沙織, 望月 剛, 難波 靖治, 津田 祥美, 喜田 宏
The journal of veterinary medical science   70(6) 557-562   2008年6月
H5高病原性鳥インフルエンザウイルス(HPAIV)と同様にH7亜型のHPAIVが世界各地の家禽に甚大な被害を及ぼしている.H7HPAIVの人への感染も報告されていることから,迅速な診断がHPAIの防疫のみならず公衆衛生の観点からも鍵となる.本研究では,H7HA分子上の異なるエピトープを認識する2つのモノクローナル抗体を用いたイムノクロマトグラフフイーによる迅速診断キットを開発した.本キットは調べたすべてのH7インフルエンザウイルスを特異的に検出し,H7以外の亜型のインフルエンザウイルスおよ...
喜田 宏
臨床とウイルス   36(2)    2008年5月
伊藤 麻子, 迫田 義博, 亀山 健一郎, 山崎 幸夫, 臼井 章, 喜田 宏
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   61(1) 39-42   2008年1月
牛ウイルス性下痢病(BVD)と牛伝染性鼻気管炎の予防に効果的なワクチン接種プログラムを評価するために、BVDに対して不活化抗原を含有する2つの市販混合ワクチンをそれぞれ抗体陰性牛に接種した。いずれのワクチンも初回接種後の牛にBVDウイルスおよび牛ヘルペスウイルス1に対する中和抗体がほとんど検出されなかったが、2回目の接種1ヵ月後に有意な抗体応答を認めた。その後、抗体価は時間の経過とともに漸減したが、初回接種から12ヵ月後に1回追加免疫を行うことにより抗体価が再上昇した。以上の成績より、抗体...
喜田 宏
臨床と微生物 = Clinical microbiology   34(5) 395-401   2007年9月
磯田 典和, 喜田 宏
ファームステージ   7(6) 84-87   2007年9月
迫田 義博, 吉見 泰, 黒川 知, 喜田 宏
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   60(7) 519-522   2007年7月
市販消毒薬5品の鳥インフルエンザウイルス不活化効果を調べた。消毒薬はいずれもウイルスの亜型と病原性に関わらず、高希釈でウイルスの感染性を消失させた。希釈した薬液の凍結融解の繰り返しは消毒効果に影響を与えなかったが、低温下および有機物として鶏糞を添加した場合、消毒効果の減少が認められた。以上の結果から、試験に用いた消毒薬は反応温度や有機物の混入などの環境要因を十分に理解した上で適切に使用すれば鳥インフルエンザウイルスの不活化に有効であることがわかった。
迫田 義博, 喜田 宏
鶏病研究会報   43(1) 32-33   2007年5月
松野 啓太, 迫田 義博, 亀山 健一郎, 玉井 久三, 伊藤 麻子, 喜田 宏
The journal of veterinary medical science   69(5) 515-520   2007年5月
2000年から2006年までに12都道県で牛から分離された475株の牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)の5'末端非翻訳領域の塩基配列を基にした分子疫学解析を行った.その結果,396株が遺伝子型1に分類され,さらに1a亜型(101株),1b亜型(163株),1c亜型(128株),1j亜型(3株)およびSo CP/75-like亜型(1株)に分けられた.残り79株は遺伝子型2に分類され,すべて2a亜型であった.2a亜型BVDVには高病原性株として報告されている北米分離株と高い相同性を有する株...
藤井 啓, 角本 千治, 小林 万里, 齋藤 幸子, 刈屋 達也, 渡邊 有希子, 迫田 義博, 喜田 宏, 鈴木 正嗣
The journal of veterinary medical science   69(3) 259-263   2007年3月
ゼニガタアザラシの保護管理に役立てることを目的として,北海道の太平洋沿岸に生息する野生ゼニガタアザラシの,インフルエンザAウイルス感染に関する血清学的調査を行った.1998年から2005年にかけて,納沙布で231個体,厚岸で16個体,襟裳で75個体のサンプル血清が採取された.ELISAでは,納沙布のサンプルからのみ,インフルエンザAウイルスに対する抗体が検出された.抗体保有率は98年が11%(1/9),03年が3%(2/66),04年が12%(7/59),05年が6%(5/77)であり,散...
迫田 義博, 関 令二, 喜田 宏
家畜衛生学雑誌   32(2) 67-70   2007年3月
尾崎 弘一, 喜田 宏
アレルギ-・免疫   13(11) 1530-1535   2006年11月
村本 裕紀子, LE Thi Quynh Mai, PHUONG Lien Song, NGUYEN Tung, NGUYEN Thu Ha, 坂井(田川) 優子, 堀本 泰介, 喜田 宏, 河岡 義裕
The journal of veterinary medical science   68(7) 735-737   2006年7月
2003年以降,アジアで高病原性H5N1鳥インフルエンザが流行し,特にベトナムではヒトでの感染例が多く報告されている.これらウイルスの哺乳類に対する病原性を調べるため,ベトナムのヒト,ニワトリ,アヒルから分離されたウイルスをマウスに実験感染させた.その結果,ヒト由来株は2株とも,家禽由来株は5株中1株がマウスを殺す強毒株であった.ベトナムでは家禽の間で哺乳類に致死的な感染をおこすウイルスが流行していることがわかった.
村本 裕紀子, LE Thi Quynh Mai, PHUONG Lien Song, NGUYEN Tung, NGUYEN Thu Ha, 坂井(田川) 優子, 岩附(堀本) 研子, 堀本 泰介, 喜田 宏, 河岡 義裕
The journal of veterinary medical science   68(5) 527-531   2006年5月
2003年以降,アジアで高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスが流行している.最大の流行地であるベトナムで流行しているウイルスの性状を調べるため,2004年および2005年にアヒルとニワトリから分離されたH5N1鳥インフルエンザウイルスのヘマグルチニンならびにノイラミニダーゼ遺伝子の系統解析を行った.その結果,2004年および2005年の間に,異なる系統のH5N1ウイルスが度々ベトナムに侵入していることが示唆された.
白 貴蓉, 迫田 義博, ムウイネ アーロン, 藤井 信之, 皆川 英孝, 喜田 宏
The journal of veterinary medical science   68(1) 35-40   2006年1月
A型およびB型インフルエンザウイルスを特異的に検出する迅速診断キットの感度を向上させるため, A型ウイルスNP蛋白の59-130番アミノ酸領域およびB型ウイルスNP蛋白の72-191番アミノ酸領域を認識するモノクローン抗体を用いたエスプライン^[○!R]インフルエンザA&B-Nを開発した.本キットの検出限界は10^<2.0>-10^<2.7> pfu/テストであり, 従来キットに比べ, 4〜1,000倍感度が改善された.また本キットは近年アジア地域でヒトや家禽から分離された高病原性H5N1...
喜田 宏
日本豚病研究会報 = Proceedings of the Japanese Pig Veterinary Society   (47) 16-17   2005年8月
河岡 義裕, 倉根 一郎, 喜田 宏
Virus report   2(1) 8-13   2005年6月
Webster R. G., 永井 美之, 喜田 宏
インフルエンザ   6(2) 113-124   2005年4月
野田 岳志, 青山 一弘, 相良 洋, 喜田 宏, 河岡 義裕
The journal of veterinary medical science   67(3) 325-328   2005年3月
電子顕微鏡トモグラフィー法は, 非対称性および対称性高分子複合体の三次元再構築を可能にした新しい技術である.我々は本法を用いて, エボラウイルス・ヌクレオカプシド様構造物の立体再構築を行い, 形態学的解析を行った.その結果, チューブ状のヌクレオカプシド様構造物は, 他の非分節化マイナス鎖RNAウイルスと同様に, 左巻き螺旋構造であることが明らかになった.
伊藤 啓史, 疋田 宗生, 大塚 昭, 八代 純子, 喜田 宏, 大槻 公一, 伊藤 壽啓
日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy   53(1) 20-22   2005年1月

書籍等出版物

 
医薬ジャーナル社   2011年2月   ISBN:4753224724
日本食肉消費総合センター, 喜田 宏
日本食肉消費総合センター   2007年   
喜田 宏
[北海道大学大学院獣医学研究科]   2007年   
医薬ジャーナル社   2004年8月   ISBN:475322094X

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 梅村 孝司
鞘内免疫(脳脊髄液に抗原を接種し、脳脊髄液に特異抗体を誘導する免疫法)によって脳脊髄液に誘導された特異抗体は脳で産生されていること、鞘内免疫は狂犬病およびオーエスキー病に対し完全なワクチン効果を発揮すること、鞘内免疫は狂犬病の治療にも応用可能であることを示した。また、インフルエンザ脳症の原因はIFV感染が引き金となって起こった高サイトカイン血症/IFV感染と菌体内毒素血症の重複である可能性を示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 喜田 宏
本研究は、家禽と家畜のインフルエンザの被害を未然に防ぐとともに、ヒトの新型インフルエンザウイルスの出現に備え、その予防と制圧に資することを目的とする。・動物インフルエンザのグローバルサーベイランスによるウイルス分布の解明2006年秋、日本、モンゴルにおいて採取された渡りガモおよびハクチョウの糞便材料からのウイルス分離を試みた。1,201検体の材料から合計55株のインフルエンザAウイルスを分離同定した。これらの分離株にはH5やH7亜型のインフルエンザウイルスは含まれていなかった。これまでのウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 岡崎 克則
エンベロープウイルスの細胞内侵入機構を明らかにするため、へルペスウイルスの膜融合で中心的役割を果たすと考えられているgB糖蛋白の機能を解析した。仮性狂犬病ウイルス(PRV)のgBは宿主細胞の蛋白分解酵素によって開裂する。動物細胞が普遍的に有する蛋白分解酵素フリンを欠失するLoVo細胞にPRVを感染させたところ、細胞融合を起こすことなく増殖した。感染細胞中のgBは開裂していなかったことから、PRVの増殖にはgBの開裂は必須ではないことがわかった。フリンを恒常的に発現するLoVo細胞を樹立して...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 河岡 義裕
全世界で2000万人以上のヒトを殺したスペイン風邪のように、新型インフルエンザウイルスの出現派は世界的な大流行を引き起こし、未曾有の大惨事を引き起こす。1997年に香港に出現したH5N1新型インフルエンザウイルスは、18名のヒトに直接伝播し、6名の命を奪った。幸いにもヒトからヒトへと伝播することはなかったが、病原性の強さはスペイン風邪に匹敵するほどであった。近年我々が開発したリバース・ジェネティクス法を用いることで、ウイルス蛋白質に任意の変異を導入し、哺乳類での病原性獲得メカニズムを明らか...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 喜田 宏
新型ウイルスの亜型予測に資するため、鳥類および動物インフルエンザウイルスの疫学調査を実施した。ロシア、モンゴル、中国および北海道で、渡りカモの糞便3,987検体を採取し、亜型の異なるインフルエンザAウイルス212株を分離した。宮城県のブタからH1N2ウイルスを分離した。北海道大学を含む動物インフルエンザセンター5機関で25株のH9ウイルス株を交換し、解析を共同で開始した。渡りカモのウイルス遺伝子を比較解析したところ、日本で分離されたH9インフルエンザウイルスと1996年に韓国でニワトリに被...

特許

 
武笠 幸一, 松本 和彦, 石井 睦, 武田 晴治, 澤村 誠, アグス スバギョ, 細井 浩貴, 末岡 和久, 喜田 宏, 迫田 義博
武笠 幸一, 松本 和彦, 石井 睦, 武田 晴治, 澤村 誠, アグス スバギョ, 細井 浩貴, 末岡 和久, 喜田 宏, 迫田 義博
喜田 宏, 迫田 義博, 宮川 英二, 藤井 信之, 内田 好昭, 白川 貴志, 小垣 弘之
喜田 宏, 迫田 義博, 難波 靖治, 望月 剛
武笠 幸一, 松本 和彦, 石井 睦, 武田 晴治, 澤村 誠, アグス スバギョ, 細井 浩貴, 末岡 和久, 喜田 宏, 迫田 義博
喜田 宏, 田邊 健一, 新井 良三, 山本 達雄, 小松 雅英, 池田 整宏
喜田 宏, 田邊 健一, 新井 良三, 山本 達雄, 小松 雅英, 池田 整宏