恩田 裕一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
恩田 裕一
eメール
ondageoenv.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
理学博士, 理学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1992年7月
 - 
1999年3月
名古屋大学農学部 名古屋大学農学部助手
 
1999年4月
 - 
2003年2月
筑波大学 筑波大学講師 地球科学系
 
2003年3月
   
 
筑波大学大学院生命環境科学研究科 筑波大学大学院生命環境科学研究科 助教授
 
2009年3月
   
 
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
明治大学 文学部 地理学
 
 
 - 
1990年
筑波大学 地球科学研究科 地理学・水文学
 

委員歴

 
2004年
   
 
砂防学会  編集委員
 
1994年
   
 
水文・水資源学会  編集出版委員
 
 
   
 
日本地形学連合  委員
 

受賞

 
2008年8月
水文・水資源学会 水文・水資源学会論文賞
 
優れた論文発表に対する受賞

論文

 
Onda, Yuichi;保高, 徹生;申, 文浩;信濃, 卓郎;林, 誠二;塚田, 祥文;青野, 辰雄;飯島, 和毅;江口, 定夫;大野, 浩一;吉田, 幸弘;上東, 浩;北村, 清司;久保田, 富次郎;野川, 憲夫;吉川, 夏樹;山口, 裕顕;末木, 啓介;辻, 英樹;宮津, 進;岡田, 往子;栗原, モモ;Sandor, Tarjan;松波, 寿弥;内田, 滋夫
分析化学   299-307   2017年3月   [査読有り]
東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年後の平成28年10月,福島県内の陸水の溶存態放射性Cs濃度はおおむね0.001~0.1 Bq L−1の範囲であり,採取した陸水を前処理なしで直接に測定できる濃度レベルではない.そのため,正確な濃度を定量するためには5~100 Lの陸水を濃縮する必要がある.水中の溶存態放射性Csの濃縮方法には,これまで蒸発濃縮法やリンモリブデン酸アンモニウム共沈法(AMP法)が環境放射能調査マニュアル等で推奨されていたが,近年,迅速かつ簡便に試料を処理することができ...
Onda, Yuichi;Sun, X.;Otsuki, K.;Kato, H.;Gomi, T.;Liu, X.
Trees   1-11   2017年4月
To increase the understanding of forest management to control water cycles, we examined the effect of 50% strip thinning on evapotranspiration (ET) and its partitioning into canopy interception (Ei), tree transpiration (Et), and forest floor evapo...
Particulate organic matter in rivers of Fukushima: An unexpected carrier phase for radiocesiums
Onda,Yuichi
Science of The Total Environment   1560-1571   2017年2月   [査読有り]
The role of particulate organic matter in radiocesium transfers from soils to rivers was investigated in areas contaminated by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Suspended and deposited sediments, filtered water, macro organic deb...
Iwagami.S.;Onda, Yuichi;Tsujimura, M.;Abe, Y.
Journal of Environmental Radioacivity   166 466-474   2017年4月   [査読有り]
Radiocesium (137Cs) migration from headwaters in forested areas provides important information, as the output from forest streams subsequently enters various land-use areas and downstream rivers. Thus, it is important to determine the composition ...
森林内の放射性セシウム分布と空間線量率の経時変化
加藤, 弘亮; 恩田, 裕一; Loffredo, Nicolas; 久留, 景吾; 河守, 歩
日本森林学会大会発表データベース   125(0) 137   2014年
森林に降下した放射性セシウムは樹冠に補足され、その後の降雨や落葉等によって徐々に林床に移行することが明らかになっている。しかし、森林内の放射性セシウムの移行が空間線量率に及ぼす影響については十分に解明されていない。そこで本研究では、福島県伊達郡川俣町のスギ林(31年生、15年生)及び広葉樹混交林(ナラガシワ、アカマツ)において、林内雨、樹幹流、落葉に伴う林床へのセシウム-137沈着量を観測した。また、森林内の高度別の空間線量率の計測を実施した。その結果、観測期間中の林床へのセシウム137沈...

書籍等出版物

 
防災辞典
恩田,裕一
築地書館   2002年   
水文地形学
恩田,裕一
1996年   
デジタル観測手法を統合した里山のGIS解析
恩田,裕一
中日新聞出版社   2000年   
森に学ぶ101のヒント
恩田,裕一
日本林業技術協会   2002年   
防災辞典
恩田,裕一
2002年   

講演・口頭発表等

 
流域から水・土砂移動に伴う放射性物質の移行過程
Onda,Yuichi
第18回 「環境放射能」研究会   2017年3月   
Cesium-137 Wash-off Associated with Soil Erosion on Various Land Uses in Fukushima
Onda, Yuichi;Y Wakiyama, T Takase K Yoshimura
Second International Conference On Radioecological Cocentration Processes   2016年11月   
Downward Migration of Radiocesium in a Paddy Soil after the FDNPP Accident
Onda,Yuichi
Second International Conference On Radioecological Cocentration Processes   2016年11月   
DOWNWARD MIGRATION OF RADIOCAESIUM IN A PADDY SOIL AFTER THE FDNPP ACCIDENT
Takahashi, J;T Suda, R Matsumura, K Tamura;Onda, Yuichi
Second International Conference On Radioecological Cocentration Processes   2016年11月6日   
“Landuse, fate and transport of radionuclides in Fukushima in the terrestrial environment
Onda, Yuichi;S Iwagami, M Hada, I Pun, A Kawamori;Tsujimura, M;Kato, H
Second International Conference On Radioecological Cocentration Processes   2016年11月   

競争的資金等の研究課題

 
CREST水循環「森林荒廃が洪水・河川環境に及ぼす影響とモデル化」
JST 科学技術振興機構: 出資金による受託研究
研究期間: 2003年10月 - 2008年3月    代表者: 恩田裕一
JST 戦略的創造研究事業
熊の平流域における水文地形学研究
国内共同研究
研究期間: 2003年4月   
荒廃人工林の管理による流量増加と河川環境の改善を図る革新的な技術の開発
JST CREST (戦略的創造研究事業): 出資金による受託研究
研究期間: 2009年10月 - 2015年3月    代表者: 恩田裕一
気候変動などで今後より激化する水問題を解決するため,荒廃した人工林を管理することにより,渇水流量増加による水供給量の平準化と最大化を図るとともに濁質や栄養塩をはじめとする水質の改善をもたらす革新的な水資源管理技術を開発する。具体的には,荒廃した人工林において強度な間伐を行い,土壌侵食量,浸透能,蒸発散量,河川の流出水や土砂量を現地観測し,流量増加や水質改善の状況について,包括的な調査を行う。それらのデータを基に,人工林の管理が流域の蒸発散,水供給量に及ぼす影響の定量化を行う。以上の成果を基...
半乾燥地草原における細粒土壌の移動速度,移動履歴の解明
出資金による受託研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 恩田裕一
JSPS 二国間交流事業共同研究 (英国)
「重要政策課題への機動的対応の推進及び総合科学技術会議における政策立案のための調査放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」放射性物質の分布状況等に関する調査研究
出資金による受託研究
研究期間: 2011年6月 - 2011年9月    代表者: 恩田裕一
福島原発による放射性物質の分布状況等に関する調査研究