鈴木 信五(信吾)

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/26 17:02
 
アバター
研究者氏名
鈴木 信五(信吾)
 
スズキ シンゴ
所属
東京音楽大学
部署
音楽学部 音楽学科 外国語
職名
教授
学位
言語学博士(ブカレスト大学), 文学士(東京外国語大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1987年
東京音楽大学 講師
 
1987年
 - 
1998年
東京音楽大学 助教授
 
1998年
   
 
- 東京音楽大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
2008年
ブカレスト大学 博士課程 ロマンス言語学
 
 
 - 
1973年
東京外国語大学 外国語学部 イタリア語学科
 

委員歴

 
1990年
 - 
2013年
イタリア学会  評議員・幹事・編集委員
 
2005年
   
 
日本ロマンス語学会  理事・編集委員
 

論文

 
L'oggetto preposizionale in Romeno e in italiano
LOMBARDI VALLAURI Edoardo & SUZUKI Shingo
ロマンス語研究   (46) 11-19   2013年5月
鈴木 信吾
ロマンス語研究   (43) 1-10   2010年
Costituenti a sinistra in italiano e in romeno
博士論文−ブカレスト大学   -SS002763   2008年6月
イタリア語・語順研究の今
イタリアーナ   (31) 1-20   2008年3月

Misc

 
ルーマニアの言語状況および言語政策・言語教育政策
平成18-20年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究プロジェクト報告書 研究代表者 富盛伸夫
『拡大EU諸国における外国語教育政策とその実効性に関する総合的研究』   79-92   2009年3月
Marcatura preposizionale dell'oggetto diretto in romeno
Sanda Reinheimer Ripeanu 編
"Abordari semantice in lucrari de lingvistica romanica". Bucuresti, Editura Universitatii din Bucuresti   104-136   2009年3月
Between thematicity and grammaticalisation: the diachronic rearrangement of information structure and the position of clitic pronouns in Italian
Lunella Mereu 編
"Information structure and its interfaces". Berlin, Mouton de Gruyter   269-304   2009年1月
L'ordine delle parole in italiano e romeno: ricerca della non marcatezza dal punto di vista pragmatico
敦賀陽一郎他編
言語情報学研究報告 東京外国語大学大学院地域文化研究科 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」   7 211-249   2005年10月
鈴木 信吾
言語   30(10) 90-93   2001年9月

書籍等出版物

 
鈴木 信吾, 菅井 健太
国際語学社   2014年7月   ISBN:4877317074
Costituenti a sinistra in italiano e in romeno: analisi sincronica e diacronica in relazione ai clitici e agli altri costituenti maggiori
Accademia della Crusca   2010年12月   
イタリアの詩歌−音楽的な詩、詩的な音楽(共著)
三修社   2010年10月   
鈴木 信吾, 鈴木 エレナ
白水社   2008年12月   ISBN:4560067953
鈴木 信吾, 鈴木 エレナ
白水社   2003年3月   ISBN:4560005834

講演・口頭発表等

 
ロマンス語とロマンス詩の誕生 - フランスとイタリアの場合を中心に
東京音楽大学・公開自主ゼミナール「音楽の言葉」   1996年5月   
阿部 史郎, 秋山 余思, 池田 廉, 岩倉 具忠, 北川 忠紀, 齋藤 泰弘, 佐藤 三夫, 柴野 均, 鈴木 信五, 武谷 なおみ, 米川 良夫
イタリア学会誌   1998年10月20日   
オペラ・ファンなら歌詞まで楽しもう!− 歌曲&アリアの韻律
イタリア文化セミナー   2014年9月   
ルーマニア語におけるSVOとVSOの語順
日本ロマンス語学会第52回大会   2014年5月   
イタリア語とルーマニア語における語順の果たす役割
東京外国語大学オープンアカデミー 言葉とその周辺をきわめる2   2013年11月   

Works

 
日本ロマンス語学会『ロマンス語研究』投稿論文査読委員
芸術活動   2008年
主にイタリア語、ルーマニア語関係の論文審査
東京大学人文社会系研究科南欧語南欧文学研究室博士学位申請論文審査委員
芸術活動   2007年
イタリア学会『イタリア学会誌』投稿論文レフェリー
芸術活動   
主に言語学・文献学関係の論文審査

競争的資金等の研究課題

 
ヨーロッパ音楽を幅広く文学・歴史的側面から把握するための外国語教育の試み
私大経常費補助金特別補助 教育・学習方法等改善支援
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: ドイツ語・フランス語教員と共同
イタリア語特別公開講座に際して渉外を担当し、2007年および2009年秋には京都産業大学の中川さつき専任講師、2008年秋には国立音楽大学の森田学講師にそれぞれ講演を依頼
拡大EU諸国における言語教育政策とその実効性の総合的研究
文科省科研費基盤研究(B)(一般)/06:680万円、07:690万円、08:455万円
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 研究分担者(研究代表者:東京外国語大学外国語学部教授富盛伸夫)
?ルーマニア国内における言語教育政策あるいはルーマニア語に関する言語教育政策について担当
?2008年度には調査内容の報告書論文を作成