安村 碩之

J-GLOBALへ         更新日: 09/07/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
安村 碩之
 
ヤスムラ ヒロユキ
所属
旧所属 日本大学 生物資源科学部 食品経済学科
職名
教授(研究所)
学位
博士(生物資源科学)(日本大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1985年
 - 
2001年
総合農学学会  理事・監事
 
1994年
 - 
2004年
日本フードシステム学会  常任理事・事務局長
 
1989年
   
 
日本農村生活学会  理事
 

Misc

 
『地域農業マネジメントの革新と戦略手法』をめぐって
地域農業経営戦略研究会      2007年
食の簡便化と惣菜をめぐるフードシステム
日本評論社『経済セミナー』   (619) 25-29   2006年
地産地消のすすめ-戦後食生活の変貌と“農”と“食”
日本大学生物資源科学部『平成18年度日本大学生物資源科学部春季市民講座 農的暮らし-新しい食と農と環境のあり方-』   41-47   2006年
農村女性起業主導の農産加工・農村レストラン・直売事業の展開と地域活性化
平成16-17年度科学研究費補助金研究成果報告書『教務用野菜供給をめぐるフードシステムの担い手間の分業と連携に関する研究   51-65   2006年
農産加工・直売事業を中心にした地産地消活動
平成16-17年度科学研究費補助金研究成果報告書『業務用野菜供給をめぐるフードシステムの担い手間の分業と連携に関する研究』   38-50   2006年

書籍等出版物

 
フードシステム論と「食と農の乖離」
農政調査委員会『日本の農業あすへのあゆみ237-食と農の乖離』   2006年   
農村の活性化を考える
農林統計協会『全国農村サミット2005』   2006年   
地域おこし部会に参加して
農林統計協会『全国農村サミット2004』   2005年   
食生活の変遷と特徴
理工学社『食料経済-フードシステムからみた食料問題』第3版   2005年   
食の外部化と惣菜産業における原料野菜調達システム
農林統計協会『農と食とフードシステム』   2002年   

Works

 
国産・輸入野菜を巡るフードシステムと加工食材流通
1997年 - 1998年
青果物ならびにその加工品をめぐるフードシステム
1995年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
戦後日本の食生活の変化
野菜のフードシステム