渡辺 恵一

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/02 10:15
 
アバター
研究者氏名
渡辺 恵一
 
ワタナベ ケイイチ
所属
京都学園大学
部署
経済経営学部 経済学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2012年10月
 - 
2013年3月
京都大学 経済学部 非常勤講師
 
1998年
 - 
1999年
関西大学 経済学部 非常勤講師
 
1994年
 - 
1995年
大阪経済大学  非常勤講師
 
1993年
 - 
1994年
金蘭短期大学 非常勤講師
 
1982年
 - 
1983年
大阪経済大学  非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1981年
大阪市立大学 経済学研究科 理論経済学・経済史
 
 
 - 
1974年
立命館大学 経済学部 
 

論文

 
アダム・スミス――近代文明と戦争
渡辺 恵一
経済論叢   190(2) 51-74   2016年9月   [招待有り]
内田・小林論争とアダム・スミス研究
渡辺 恵一
経濟學論究   67(2) 53-73   2013年9月   [招待有り]
アダム・スミス研究の動向―過去10年における内外の『国富論』研究を中心に
渡辺 恵一
経済学史研究   53(1) 100-118   2011年7月   [査読有り][招待有り]
スミス労働価値論の再読-商品価値の認識と実在-
渡辺恵一
『大阪経大論集』   61(1) 47-62   2010年5月   [招待有り]
スミス分業論の基本構想-統治論としての経済学の成立-
研究代表者 田中秀夫 研究課題番号19203011 平成19-21年度 日本学振興会(基盤研究A)研究成果報告書
『啓蒙思想と経済学形成の関連を問う-グローバルな視点から』   101-119   2010年3月

Misc

 
(書評)ロンルド・L・ミーク著(田中秀夫監訳/村井路子・野原慎司『社会科学と高貴ならざる未開人――18世紀ヨーロッパにおける四段階理論の出現』(昭和堂,2015年)
渡辺 恵一
『図書新聞』   (3245号) 5面   2016年3月   [依頼有り]
(研究ノート)「羽鳥卓也教授のアダム・スミス研究」
渡辺 恵一
『京都学園大学経済学部論集』   22(2) 65-71   2015年3月
(研究展望:田中秀夫氏との共著)「スコットランド啓蒙研究の最近の動向」
田中秀夫・渡辺 恵一
『経済学研究』〔愛知学院大学論叢〕   2(2) 35-61   2015年3月   [依頼有り]
(書評)野原慎司『アダム・スミスの近代性の根源』(京都大学学術出版会,2013年)
渡辺 恵一
『社会思想史研究』   38 228-231   2014年9月
(書評)水田洋・篠原久・只腰親和・前田俊文訳『アダム・スミス法学講義1762~1763』(名古屋大学出版会,2012年)
渡辺 恵一
経済学史研究(経済学史学会)   55(1) 128-129   2013年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
「文明社会史論としてのスミス経済学」(坂本達哉・長尾伸一編『徳・商業・文明社会』)
渡辺 恵一 (担当:共著, 範囲:195-222頁)
京都大学学術出版会   2015年3月   
「アダム・スミスの文明社会論-啓蒙と野蛮の諸相」(田中秀夫編『野蛮と啓蒙-経済思想史からの接近』)
渡辺 恵一 (担当:共著, 範囲:255-297頁)
京都大学学術出版会   2014年3月   ISBN:978-4-87698-478-7
「『道徳感情論』における徳の政治学」(佐々木武・田中秀夫編著『啓蒙と社会―文明観の変容』)
渡辺 恵一 (担当:共著, 範囲:213-239頁)
京都大学学術出版会   2011年3月   ISBN:978-4-87698-557-9
(翻訳)イシュトファン・ホント『貿易の嫉妬-国際競争と国民国家の歴史的展望』(田中秀夫監訳/他11名との共訳)
昭和堂   2009年   ISBN:978-4-8122-0901-1
「立法者の科学」としての経済学―アダム・スミスにおける 啓蒙と経済学(田中秀夫編著『啓蒙のエピステーメと経済学の生誕』)
渡辺恵一 (担当:共著, 範囲:217-253頁)
京都大学学術出版会   2008年11月   ISBN:978-4-87698-755-9
「産業革命」(日本イギリス哲学会編『イギリス哲学・思想辞典』)
渡辺 恵一 (担当:分担執筆, 範囲:「産業革命」195-198頁)
研究社   2007年11月   
「アダム・スミスと古典的共和主義の再興-『道徳感情論』(初版)研究序説-」
渡辺恵一 (担当:共著, 範囲:262-290頁)
田中秀夫・山脇直司編『共和主義の思想空間』名古屋大学出版会   2006年11月   ISBN:4-8158-0541-5
Adam Smith's politics of taxation: reconsideration of the image of 'Civilized Society' in the Wealth of Nations
Keiichi WATANABE (担当:共著, 範囲:pp.119-133)
Sakamoto, T. and T. Hideo(eds.), The Rise of political Economy in the Scottish Enlightenment, Routledge, London and New York,   2003年4月   
成績評価と授業評価
波多野進・竹熊耕一・浜野潔・内藤登世一共編『大衆社会における大学教育-オレゴン州ポートランド地域のケース-』晃洋書房   2002年   
「アダム・スミス問題」、「タル」(経済学史学会編『経済思想史辞典』)
渡辺 恵一 (担当:分担執筆, 範囲:「アダム・スミス問題」3-4頁、「タル」246頁)
丸善株式会社   2000年6月   

講演・口頭発表等

 
アダム・スミス――近代文明と戦争(セッションF「近代国家と戦争」第3報告)
渡辺 恵一
社会思想史学会第40回大会(関西大学)   2015年11月4日   
羽鳥卓也先生のスミス研究 [招待有り]
渡辺 恵一
経済学史学会関西部会(第164回例会、甲南大学)   2013年7月13日   
ブリテン啓蒙とスミス経済学の形成(セッション「啓蒙と経済学の形成」:第1報告)
渡辺 恵一
経済学史学会第74回全国大会(富山大学)   2010年5月22日   
スミス労働価値論の再読-商品価値の認識と実在-
経済学史学会・第73回全国大会(慶応義塾大学)   2009年5月30日   
『道徳感情論』における徳の政治学(シンポジウムⅠ「アダム・スミス『道徳感情論』出版250年を記念して:第3報告) [招待有り]
日本イギリス哲学会・第30回研究大会(宮崎大学)   2009年3月27日   

Works

 
野蛮と啓蒙―経済思想史からの接近(基盤研究(A) 課題番号23243036 研究代表者:田中秀夫)
渡辺 恵一   その他   2011年 - 2013年
啓蒙思想と経済学形成の関連を問う-グローバルな視野から(科研基盤研究A:19203011)
2007年 - 2009年
近代イングランドの近隣英語圏における啓蒙思想と経済学形成の相互関連の研究(科学研究費基礎研究(A)(1):課題番号16203013)
2004年 - 2006年
共和主義の系譜とその現代的可能性の研究(基盤研究(B)(1))
2002年 - 2003年
大衆社会における大学教育-アメリカの地方大学のケース-
1999年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
アダム・スミス研究
京都学園大学: 研究助成
研究期間: 1979年       代表者: 渡辺恵一