渡邊 晋生

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/24 10:30
 
アバター
研究者氏名
渡邊 晋生
 
ワタナベ クニオ
通称等の別名
WK000424
URL
http://www.bio.mie-u.ac.jp/~kunio
所属
三重大学
部署
大学院生物資源学研究科 共生環境学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2001年
 日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1999年
三重大学 生物資源研究科 生物圏保全科学専攻
 
 
 - 
1994年
三重大学 生物資源学部 生物資源学科
 

受賞

 
2011年10月
土壌物理学会 学会賞(論文賞)
 
2011年9月
日本学術振興会  科学研究費審査委員表彰
 
2003年
土壌物理学会学会賞
 
2004年
日本雪氷学会平田賞
 
2004年
土壌物理学会学会賞
 

論文

 
Effect of macropores on soil freezing and thawing with infiltration
Kunio Watanabe and Yuki Kugisaki
Hydrological Processes      2016年6月   [査読有り]
Comparison of hydraulic conductivity in frozen saturated and unfrozen unsaturated soils
Kunio Watanabe and Yurie Osada
Vadose Zone Journal      2016年1月   [査読有り]
5TEセンサーで測定した土壌水分量の簡易補正と電気伝導率の検証
武藤由子・渡辺晋生・山本清仁・倉島栄一
農業農村工学会論文集   83(2) I-9-I-17   2015年4月   [査読有り]
凍結過程にある不飽和砂中の水分移動と透水係数に溶質移動が及ぼす影響
渡辺晋生・和気朋己
雪氷   75(5) 253-261   2013年9月   [査読有り]
水分脱着測定装置"AquaLab VSA"を用いた低水分領域の水分保持曲線の測定
渡辺晋生・長田友里恵・坂井勝
土壌の物理性   124    2013年7月   [査読有り]
The mathematical representation of freezing and thawing processes in variably-saturated, non-deformable soils
Barret Kurylyk and Kunio Watanabe
Advances in Water Resources   60 160-177   2013年   [査読有り]
蒸発過程にある土中の酸化還元電位の変化
武藤由子・加藤希枝・渡辺晋生
農業農村工学会論文集   284 23-29   2013年   [査読有り]
積雪内部の水分移動に関する実験的研究
山口悟・渡辺晋生・石井吉之
日本水文学会誌   42(3) 89-99   2012年12月   [査読有り]
Improvement of pulse NMR technology for determination of unfrozen water content in frozen soils
Satoshi Akagawa, Go Iwahana, Kunio Watanabe, Evgeny M. Chuvilin and Vladimir A. Istomin
Proceedings of 10th international conferenc on Permafrost   21-26   2012年6月   [査読有り]
Water infiltration into a frozen soil with simultaneous melting of the frozen layer
Kunio Watanabe, Tetsuya Kito, Shuhui Dun, Joan Q. Wu, R. Cory Greer and Markus Flury
Vadose Zone Journal   12    2012年   [査読有り]
Micro chilled-mirror hygrometer for measuring water potential in relatively dry and partially frozen soils
Kunio Watanabe, Megumi Takeuchi, Yurie Osada and Kazumasa Ibata
Soil Science Society of American Journal,   76 1938-1945   2012年   [査読有り]
Dependence of the water retention curve of snow on snow characteristics
Satoru Yamaguchi, Kunio Watanabe, Takafumi Katsushima, Atsushi Sato, and Toshiro Kumakura
Annals of Glaciology   53(61) 6-12   2012年   [査読有り]
Kunio Watanabe, Tetusya Kito, Tomomi Wake, Masaru Sakai
Annals of Glaciology   52(58) 37-43   2011年   [査読有り]
凍結面近傍の不凍水量変化に基づく凍土の水分特性曲線と不飽和透水係数の検討
渡辺晋生・紀藤哲矢・坂井勝,取出伸夫
土壌の物理性   116 9-18   2010年   [査読有り]
土中への水の浸潤 4. 成層土
取出伸夫・渡辺晋生・中川絢子
土壌の物理性   116 27-35   2010年   [査読有り]
サーモTDRによる凍土の不凍水分量・熱伝導率の同時測定
渡辺晋生・大森陽介・和気朋己・坂井勝
雪氷   72(3) 157-168   2010年   [査読有り]
土中への水の浸潤 2. 初期水分量の及ぼす影響
取出伸夫・渡辺晋生・森﨑大樹
土壌の物理性   114 71-80   2010年
土中への水の浸潤 3. Green and Amptモデル
取出伸夫・渡辺晋生・久行雄大・坂井勝
土壌の物理性   115 51-60   2010年
Kunio Watanabe, and Tomomi Wake
Cold Regions Science and Technology   59(1) 34-41   2009年
土中への水の浸潤 1. フラックス境界と圧力境界条件
取出伸夫・渡辺晋生・坂井勝
土壌の物理性   113 31-41   2009年

書籍等出版物

 
土壌物理学 -土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用-
築地書館   2006年   ISBN:4-8067-1324-4
多孔体の精密制御と機能・物性評価
Science&Technology   2008年   ISBN:978-4-903413-34-1

Works

 
シベリアツンドラ地帯における土壌物理学的調査 (GAME国際共同研究プロジェクトの一環)
1997年
南極ジェームズロス島における土壌調査
1998年
資源循環社会を実現するための新指標の構築に関する研究
2001年
蛍光X線分光法を用いた土壌・根系の無機元素分析による環境計測法の確立
2002年
宇宙環境下の多孔質体中における水分とエネルギー輸送に関する研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
凍結融解にともなう土中の物質移動予測の多次元および非平衡系への進展
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 渡邊 晋生
土壌凍結層の発達・融解浸潤にともなう土中の水分・窒素移動の解明と予測
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 渡邊 晋生
不飽和土の凍結と凍土への浸潤にともなう土中の水・熱・物質移動機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 渡邊 晋生
凍結・融解過程にある不飽和土中の水・熱・物質移動機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 渡邊 晋生
土壌の凍結面近傍における物質移動過程と土壌微生物の挙動の微視的観察
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2005年