古川晶雄

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/27 02:47
 
アバター
研究者氏名
古川晶雄
 
フルカワ テルオ
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 研究教育系気水圏研究グループ
職名
助教
学位
博士(理学)(名古屋大学), 理学博士、1998年(名古屋大学)

プロフィール

研究課題と活動状況: (1)南極氷床表面の堆積過程:南極氷床表面にみられる様々な形態の広域分布特性から、氷床の質量収支に関わる表面質量収支の評価を行う。特に、長期堆積中断形態である光沢雪面に着目し、光沢雪面の分布特性と表面質量収支に及ぼす影響の定量的な評価を行う。極域観測歴: 南極域:第29次南極地域観測隊(越冬隊)(1987-1989)、第33次南極地域観測隊(越冬隊)(1991-1993)、第36次南極地域観測隊(夏隊)(1994-1995)、第40次南極地域観測隊(越冬隊)(1998ー2000)、第45次南極地域観測隊(夏隊)(2003-2004)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
国立極地研究所  助手
 

受賞

 
2001年
日本雪氷学会平田賞
 

論文

 
Distribution of surface conditions of ice sheet in Enderby Land and East Queen Maud Land, East Antarctica
Furukawa, T., O. Watanabe, K. Seko and Y. Fujii
Proc. NIPR Symp. Polar Meteorol. Glaciol.   5、140-144   1991年   [査読有り]
Snow surface features along the traverse route from the coast to Dome Fuji Station, Queen Maud Land, Antarctica
Furukawa, T., K. Kamiyama and H. Maeno
Proc. NIPR Symp. Polar Meteorol. Glaciol.   10、13-24   1996年   [査読有り]
Comparison of microwave backscatter measurements with observed roughness of the snow surface in East Queen Maud Land, Antarctica
Furukawa, T. and N. W. Young
Proceedings of the 3rd ERS Symposium on Space at the service of our Environment, Florence, Italy, 14-21 March 1997, ESA Publication ESA SP-414 Volume II   803-808   1997年
Periodicities of palaeo-climatic records extracted from Dome Fuji deep core
Satow, K., Watanabe, O., Fujii, Y., Kamiyama, K., Motoyama, H., Furukawa, T., Igarashi, M. and Kanamori, S.
Polar Meteorol. Glaciol.   18、72-81   2004年   [査読有り]
SO42- minimum in summer snow layer at Dome Fuji, Antarctica, and the probable mechanism
Iizuka, Y., Y. Fujii, N. Hirasawa, T. Suzuki, H. Motoyama, T. Furukawa and T. Hondoh
J. Geophys. R   109, D04307   2004年   [査読有り]

Misc

 
東南極東クィーンモードランドにおける氷床表面形態の分布
極域気水圏シンポジウム論文集   5 140-144   1992年
南極クィーンモードランドにおける沿岸からドームふじ観測拠点へ至るルート沿いの表面形態
極域気水圏シンポジウム論文集   10 13-24   1996年
南極東クィーンモードランドにおいて観測された表面の形状とマイクロ波後方散乱観測との比較
第3回ERSシンポジウム論文集   803-807   1997年

書籍等出版物

 
雪面形態, 346-350, 雪と氷の事典 雪と氷の事典
(社)日本雪氷学会(監修)
朝倉書店   2005年   

講演・口頭発表等

 
東南極白瀬流域における氷床変動
古川晶雄、本山秀明、松岡健一、渡邉興亞
第25回極域気水圏シンポジウム   2002年   
東南極白瀬流域における氷床変動観測
古川晶雄、本山秀明、福田順洋、岩野祥子、渡邉興亞
2002年度日本雪氷学会全国大会   2002年   
Snow surface condition from the coast to Dome Fuji and its relation with hiatus phenomenon in snow surface layers, Antarctica
Furukawa, T.
China-Japan International Symposium on Polar Glaciology   2001年   
南極白瀬流域における氷床変動観測
古川晶雄、鈴木利孝、松岡健一、福崎順洋、本山秀明、渡邉興亞
第23回極域気水圏シンポジウム   2000年   
第40次南極観測隊雪氷観測概要
古川晶雄、鈴木利孝、松岡健一、改井洋樹、渡邉興亞
2000年度日本雪氷学会全国大会   2000年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
南極氷床の質量収支に関する研究
基盤研究(B):合成開口レーダによる南極氷床末端変動が流域のダイナミクスに及ぼす影響の評価(2003-2005)

社会貢献活動

 
社会活動・貢献など
【その他】
NHKスタジオパーク南極教室2003(2003.8)

その他

 
地球規模の気候変動に応答して、南極氷床がどのように変動するかを明らかにするためには、南極氷床の質量収支に関わる諸過程が気候変化に対してどのように応答するかを明らかにする必要がある。特に南極氷床表面では雪の堆積が数年間にわたって中断する現象が頻繁に発生し、氷床コアの年代を決定する際に重要となる氷床表面での年層の欠層を引き起こす。また、氷床表面の堆積中断は氷床下の基盤地形と密接な関係を持つことから、堆積中断域の存在形態は、氷床の動力学的状態も反映している可能性がある。氷床末端変動が流域の動力学的状態に及ぼす影響を評価することを目的として、流出口にあたる白瀬氷河付近の合成開口レーダ画像の収集及び表面高度、基盤高度、表面質量収支等の地上観測データを集積し解析するためのシステムの整備を開始した。