物井 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/13 05:58
 
アバター
研究者氏名
物井 尚子
 
モノイ ナオコ
所属
千葉大学
部署
教育学部 英語科
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
千葉大学 教育学部・英語科 准教授
 
2002年
 - 
2010年
 東京純心女子大学現代文化学部国際教養学科 専任講師
 
2010年
 - 
現在
 千葉大学教育学部英語科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
横浜国立大学 教育学研究科 英語教育専攻
 
 
 - 
2010年
テンプル大学大学院 教育学研究科 教育学
 
 
 - 
1997年
横浜国立大学 教育学部 中学校教員養成課程英語科
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日英・英語教育学会(JABAET)  紀要編集委員
 
2011年10月
 - 
現在
日本教育アクションリサーチネットワーク(jeARn)  大学部会運営委員
 
 
   
 
大学英語教育学会(JACET)  会員
 
 
   
 
全国語学教育学会(JALT)  会員
 
 
   
 
日本英語教育学会(JASTEC)  会員
 

論文

 
Measuring carefully: Validating the International Posture-Child instrument
Elwood, J. A. & Monoi, N.
JALT Journal   37(2) 119-146   2015年11月   [査読有り]
日本人児童のWTCモデルの構築 ―質問紙調査からみえてくるもの―
物井 尚子
日本児童英語教育学会(JASTEC)研究紀要   34 1-20   2015年9月   [査読有り]
高学年に対する意味を重視した英語指導と語順に関する気づきの関連性を探る
物井 尚子,折原俊一
千葉大学教育学部―附属学校園間連携研究成果報告書   87-88   2015年8月
小学校外国語活動にみる児童の国際的志向性
物井 尚子
日本児童英語教育学会(JASTEC)研究紀要   (32) 19-35   2013年10月   [査読有り]
特別な教育支援と必要とする児童に対する外国語活動の現状と課題
物井 尚子、中山晃、三浦優生
ことばと人間   (9) 127-143   2012年9月   [査読有り]
質問紙における肯定,否定の項目表現が児童の回答にもたらす影響
物井 尚子
日本児童英語教育学会(JASTEC)研究紀要   (33) 23-37   [査読有り]

Misc

 
To Became Autonomous Learners: Possibility of the Process Approach in Writing Instructions
Yamaga, Naoko
JABAET Journal (The Japan-Britain Association for English Teaching)   6 15-36   2002年
How Do You Make Students Better Writers? –Challenge of Process Writing
Yamaga, Naoko
東京純心女子大学紀要   7 11-20   2003年
大学生の効果的なライティング指導とは-Reading Response Journal
山賀尚子
アクション・リサーチの会@横浜 佐野正之先生ご退官記念誌      2003年
学校インターンシップ―より良い三者の連携を目指して―
満尾貞行、山賀尚子
東京純心女子大学紀要   8 175-188   2004年
小学校出張授業―三者のより良い連携を目指して―
満尾貞行、山賀尚子
第53回全国英語教育研究団体連合会紀要   53 29-54   2004年
大学生のための効果的なTOEIC利用法とは
山賀尚子
東京純心女子大学紀要   9 9-20   2005年
大学生のTOEIC受験をカリキュラムと結びつけるために
山賀尚子
東京純心女子大学紀要   10 1-12   2006年
大学生と小学生の英語キャンプ
吉澤吉保、満尾貞行、山賀尚子
東京純心女子大学紀要   10 61-81   2006年
Curriculum Development Based on College Students’ TOEIC Scores: Use of Classical Test Theory for Class Implementation
Yamaga, Naoko
JABAET Journal (The Japan-Britain Association for English Teaching)   10    2006年
小学生を対象とした情意尺度の開発
山賀尚子
東京純心女子大学紀要   11    2007年
Children's Affective Changes in English Activities: A Trial to Invent a Measurement of Children's Affects
Yamaga, Naoko
JALT (The Japan Association for Language Teaching) 2006 Proceedings   192-208   2007年
英語活動で児童はどうかわるのか―東京純心女子大学の取り組みから―
第2回純心四大学フォーラム―新時代の英語教育を考える―研究大会誌   22-24   2009年
物井(山賀) 尚子
東京純心女子大学紀要   13(13) 27-36   2009年3月
物井 尚子, モノイ ナオコ, Monoi Naoko
千葉大学教育学部研究紀要   59 21-27   2011年3月
本研究の目的は,平成22年度より公立小学校で実施される「外国語活動」を指導できる教員を養成するために,大学が提供すべきことは何かを考えるための基礎調査である。現在,「外国語活動」の指導は学級担任に任せられている。よって,「外国語活動」指導に必要な知識と技術力を有する小学校教員の育成は教員養成課程の必須課題となっている。本稿では,小学校教員養成課程に所属する学生が将来「外国語活動」を十分に指導できるよう,小学校英語1に初めて触れる「総合的な学習の時間(小学校英語入門)」という半期科目に焦点を...
物井 尚子
千葉大学教育学部研究紀要   59 21-27   2011年3月
物井 尚子
千葉大学教育学部研究紀要   60(0) 97-103   2012年3月
本研究の目的は,平成23年度より新学習指導要領のもと,公立小学校で導入された「外国語活動」を指導できる教員養成のため,小学校教員養成課程を有する大学が提供すべき授業はどうあるべきかを考える基礎調査(千葉大学教育学部研究紀要第56巻「『外国語活動』授業力を備えた教員養成のためのシラバスに関する一考察」(pp.21-27)の継続研究)である。本稿では,小学校教員養成課程に所属する学生が受講する「外国語活動(旧総合的な学習の時間(小学校英語入門))」の履修前後での受講者の小学校英語1に関する知識...
加藤 徹也, 野村 純, 中澤 潤, 杉田 克生, ホーン ベバリー, 山下 修一, 木下 龍, 大井 恭子, 西垣 知佳子, 本田 勝久, 物井 尚子, 芦田 大介, 井上 創
日本物理学会講演概要集   67(1)    2012年3月
物井 尚子, モノイ ナオコ, Monoi Naoko
千葉大学教育学部研究紀要   61 9-14   2013年3月
本研究では,外国語活動に関する学生の意識調査を実施し,学年別に結果を比較,変容の度合いを調べた。参加者は本学教育学部小学校教員養成課程小学校英語選修および中学校教員養成課程英語専攻に所属する学生58名である。learner beliefに関する先行研究(Pajares, 1992; Wenden, 2001)から,大学生のlearner beliefはその変容が困難であることが予測される。調査では学生が外国語活動についてどの程度認識しているか,学生がそれについてどのような不安を抱えているか...
物井 尚子, 矢部 やよい, 折原 俊一, 矢部 やよい, ヤベ ヤヨイ, YABE Yayoi, 折原 俊一, オリハラ シュンイチ, ORIHARA Shunichi
千葉大学教育学部研究紀要   63 85-94   2015年3月
本研究では,外国語活動を含む小学校での英語指導を経験した児童の英語の語順(SVO型)に対する認識調査を実施し,学校別,学年別に結果を比較し,その特徴を調べた。参加者は千葉県内の公立小学校2校に在籍する児童144名(5年生52名,6年生92名)である。リスニング・テストでは①語順の正誤を答える問題15問,②単語の並べ替え問題6問への解答を調査した。その結果,①の平均正答率は65.2%,②の平均正答率は40.3%であった。また,文の種類をみると肯定文が最も易しく(正答率71.9%),wh-疑問...

講演・口頭発表等

 
Writing Feedback
第6回日英・英語教育学会(JABAET)研究大会   2000年   
Process Writing in EFL Setting
The Fourth Temple University Applied Linguistics Colloquium   2002年   
The Importance of Oral Feedback in Writing Instructions
第41回大学英語教育学会(JACET)全国大会   2002年   
小学校への出張授業―三者のより良い連携を目指して―
全国英語教育研究団体連合会 第53回大会   2003年   
大学生、大学教員、小学校教員による三者連携の国際理解の授業
第43回大学英語教育学会(JACET)全国大会   2004年   
What TOEIC Scores Can Tell Teachers about College Students?
The Seventh Temple University Applied Linguistics Colloquium   2005年   
Why Do University Students Have to Take TOEIC?
JALT 2005 Annual Conference   2005年   
How Can We Build Coalitions among College Students, College Professors, and Elementary School Teachers in a Teaching Practicum Program?
2005 Asia TEFL International Conference   2005年   
大学生と小学生のキャンプ
大学英語教育学会(JACET)関東支部 第1回大会   2006年   
The Development of Affective Measurement for Elementary School Students
第9回ICU言語研究会ワークショップ   2006年   
Children’s Affective Changes in English Activities
JALT 2006 Annual Conference / JALT Junior 2006 Conference   2006年   
Multiple Intelligenceを生かしたカリキュラム編成と児童の反応
日本児童英語教育学会(JASTEC)第28回全国大会   2007年   
国際理解教育の一環としての大学生と小学生の英語キャンプ
JACET関東支部大会第2回大会   2007年   
Listen Carefully and Say That Again: Providing Learners with an Authentic Situation for Communication
TOL/Pragmatics SIG Mini-Conference   2007年   
英語活動で児童はどうかわるのか-東京純心女子大学の取り組みから-
第2回純心四大学フォーラム―新時代の英語教育を考える―   2008年   
小学校教職課程「外国語活動指導法」に期待されるもの―授業力向上のシラバスを考える―
物井 尚子
大学英語教育学会(JACET)第48回全国大会   2009年9月4日   
Children’s Affective Changes in English Activities
物井 尚子
JALT2009   2009年11月22日   
Homeroom Teacher’s Effective Participation in English Activities.
物井 尚子
JALT 2010 Annual Conference.   2010年11月20日   
教員養成系大学における小学校外国語活動に対する学生の意識調査
物井 尚子
第11回小学校英語教育学会(JES)大阪大会   2011年7月17日   
How Do Your Children Change in English Activities?: Affective Development of a Self-evaluation Scale for Elementary School Students
物井 尚子
Asia TEFL 2011   2011年7月29日   
The Change in University Students’ perception in the Knowledge of and Anxiety about teaching foreign language Activities in an pre-service teacher training course
物井 尚子
The JACET 50th (2011) International Convention   2011年9月1日   
小学校英語のこれからを考える―外国語活動から英語教育へ―
物井 尚子
千葉大学英語教育学会 第8回研究大会   2011年10月9日   
Development of a Self-evaluation Scale for Kids
物井 尚子
JALT2011   2011年11月19日   
外国語活動と児童の国際的志向性について
物井 尚子
日本児童英語教育学会第33回全国大会   2012年7月1日   
小・中・高・大学生の自己評価と英語力に関する研究:CEFRに基づくCan-Doリストとケンブリッジ英検模試を用いて
米田佐紀子、細川真衣、西村洋一、物井尚子
第42回中部地区英語教育学会岐阜大会   2012年7月1日   
外国語活動―経験の長い教師と浅い教師の児童とのやりとりにみる特徴を探る―
物井 尚子, 菊池優子
小学校英語教育学会(JES)第12回全国大会   2012年7月16日   
英単語の読みの指導の第一歩
高橋健司、物井尚子
小学校英語教育学会(JES)第12回全国大会   2012年7月16日   
大学における英語教員養成のあり方―現状の課題と改善へのアクションを考える―
物井 尚子
jeARn第2回全国大会「教員養成と研修」分科会シンポジウム   2012年10月7日   
質問紙は児童の心理を正しく反映しているか―児童を対象とした質問紙にける肯定および否定表現が回答にもたらす影響―
物井 尚子
日本児童英語教育学会(JASTEC)第35回全国大会   2014年6月28日   
児童のためのWTCモデルを探る―質問紙調査を用いて―
物井 尚子
第14回小学校英語教育学会(JES)   2014年7月27日   
Direction of Wording and Responses to Items to Personal Report of Communication Apprehension (PRCA-24)
物井 尚子
The JACET 53rd (2014) International Convention   2014年8月28日   
Toward Understanding the Development of “International Posture” in Japanese Elementary School Students: Validating the International Posture-Children Instrument
物井尚子, Elwood A. Jim
40th Annucal International Conference on Japan Association for Language Teaching (JALT)   2014年11月24日   
小学生の語順に関する理解度調査
物井 尚子
日本児童英語教育学会(JASTEC)第36回全国大会   2015年6月28日   
児童のL2コミュニケーションに関する 自己評価と英語運用能力の関係を探る ~質問紙調査と児童英検を用いて~
物井 尚子
第15回小学校英語教育学会(JES)広島大会   2015年7月26日   
外国語活動による児童のWTCモデルの変化を追う ―1年間の質問紙調査から―
物井 尚子(山賀 尚子)
第39回関東甲信越英語教育学会 (KATE) 山梨研究大会    2015年8月7日   
「外国語活動」に対する学生の意識を探る―教員養成課程の学生を対象とした意識調査を通して―
物井 尚子
2015年8月29日   

Works

 
浦安市教育委員会主催小学校教諭及び中学校英語教諭に対する外国語活動セミナー講師「小学校英語活動の授業実践」
2011年10月

競争的資金等の研究課題

 
外国語活動が児童の理解・意識・態度の伸長および自己の確立に及ぼす影響
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2011年
国際理解教育が児童の国際的理解・意識・態度の伸長及び自己の確立に及ぼす影響
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2009年
2006-2009 科学研究補助金・若手研究B
学校インターンシップにおけるティーム・ティーチングの研究
研究期間: 2003年 - 2006年
研究代表者:東京純心女子大学・満尾貞行