香月 興太

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/23 11:32
 
アバター
研究者氏名
香月 興太
 
カツキ コウタ
所属
島根大学
部署
汽水域研究センター
職名
特任講師
学位
博士(理学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
 九州大学大学院理学府 博士課程
 
2005年4月
 - 
2005年8月
九州大学大学院理学府 博士研究員
 
2005年8月
 - 
2007年2月
島根大学汽水域研究センター 非常勤研究員
 
2007年3月
 - 
2008年2月
釜山大学海洋科学部門 研究員
 
2008年3月
 - 
2009年3月
釜山大学BK21沿岸環境システム学 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
九州大学 理学研究科 地球惑星科学専攻
 

受賞

 
2006年
Best student poster award(共著) 11th Meeting of International Association of Radiolarian Paleontologists
 
2006年
優秀ポスター賞 日本古生物学会
 

Misc

 
Human-induced marine ecological degradation: micropaleontological perspectives
安原盛明
Ecology and Evolution   2 3242-3268   2012年   [査読有り]
Holocene migration of oceanic front systems over the Conrad Rise in the Indian Sector of the Southern Ocean
香月 興太
Journal of Quaternary Science   27 203-210   2012年   [査読有り]
Paleoecological and paleoenvironmental changes in Lagoon Notoro-Ko (Japan) during the last 200 years based on diatom assemblages and sediment chemistry
Transactions Japanese Geomorphological Union   33 197-213   2012年   [査読有り]
珪藻化石群集に基づく最終氷期極大期以降の南大洋における海氷と基礎生産力の変動史
香月 興太
地学雑誌   121 536-554   2012年   [査読有り]
Enhancement of coccolithophorid blooms in the Bering Sea by recent environmental changes
原田尚美
Global Biogeochemical Cycles   26    2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Diatom paleoceanography during the past 340 kyr in the Bering Sea and the western subarctic Pacific
Proceedings of the Seventeenth International Diatom Symposium   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
高緯度海域における古海洋変遷
研究期間: 1999年   
汽水域における環境変遷
研究期間: 2005年