原 忠

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/02 03:24
 
アバター
研究者氏名
原 忠
 
ハラ タダシ
所属
高知大学
部署
教育研究部 自然科学系 農学部門
職名
教授
学位
博士(工学)(中央大学)
その他の所属
高知大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
 株式会社ニュージェック 大阪本社技術開発部 室員
 
2001年4月
 - 
2003年3月
 中央大学理工学部土木工学科 共同研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
 中央大学理工学部土木工学科 教育技術員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
 中央大学理工学部土木工学科 任期制助手
 
2007年4月
 - 
2009年3月
 和歌山工業高等専門学校環境都市工学科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1999年
中央大学 理工学研究科 博士前期課程土木工学専攻
 
 
 - 
1997年
中央大学 理工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2004年5月
 - 
2006年4月
 砂礫の最小・最大密度試験方法基準化委員会幹事(地盤工学会)
 
2007年5月
 - 
2011年4月
 技術普及委員会委員(地盤工学会)
 
2008年5月
 - 
2012年5月
 基準部会部員(地盤工学会)
 
2010年6月
 - 
2013年5月
 事業企画委員会委員(日本地震工学会)
 
2010年6月
 - 
2012年5月
 地盤工学委員会委員(土木学会)
 

受賞

 
1999年
土木学会関東支部技術研究発表会優秀発表賞
 
1999年
中央大学茨木龍雄学術奨励賞
 
1999年
土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰
 
2006年
地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞
 
2009年
地盤工学会事業企画賞
 

Misc

 
Seismic Resistance of Breakwater Foundation Reinforced by SteelSheet Pile and Gabion - Evaluation through Model Shaking Table Test -
Hazarika, H., Hara, T., Chaudhary, B., Nishimura, K., Yamasaki, N., and Kasama, K
Proceedings of the 16thWorld Conference on Earthquake Engineering (16th WCEE)   (707) 1-10   2017年
Seismic Resistance of Breakwater Foundation Reinforced by Steel Sheet Pile and Gabion - Evaluation through Element Test -
Hara, T., Hazarika. H., Chaudhary, B., Yamasaki, N., and Nishimura, K
Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering (16th WCEE)   (865) 1-12   2017年
Damage analysis of a compound retaining wall collapsed during the 2014 earthquake in Northern Nagano
Kuribayashi, K., Hara, T., Hazarika, H., Takezawa, K., and Shinagawa, D
Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering (16th WCEE)   (1397) 1-13   2017年
Resilient and Sustainable Geotechnical Solution: Lessons Learned from the 2011 Great East Japan Disaster
Hemanta Hazarika, Tadashi Hara, Yasuhide Fukumoto
Sustainability Issues in Civil Engineering   (Part2) 125-151   2017年
「災害に強いまちづくり」への貢献-東日本大震災の教訓から学ぶ新しい土木技術
原 忠
土木学会誌   101(9) 20-21   2016年

書籍等出版物

 
地盤材料試験の方法と解説,第10章 最小密度・最大密度試験
丸善   2009年   
新規制定地盤工学会基準・同解説(2006年度版),礫の最小密度・最大密度試験方法
社団法人地盤工学会   2006年   

講演・口頭発表等

 
熊本地震における河成地形特性と液状化発生地点に関する一考察
地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会   2016年   
鋼材を用いたため池堤防補強技術に関する検証ーその1:動的有効応力解析による地震時挙動の検証ー
地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会   2016年   
鋼材を用いたため池堤防補強技術に関する検証ーその2:動的有効応力解析による地震時挙動の検証ー
地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会   2016年   
常時微動H/Vスペクトル比とピーク振動に基づく地盤の堆積構造の推定
地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会   2016年   
埋立地盤に打設された木杭の長期耐久性評価 その1 施工地点の概要
地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会   2016年   

Works

 
鋼材を活用したため池防災技術の研究開発
2015年 - 2018年
地域防災対策を目的とした地震被害予測手法の構築に関する研究
2015年 - 2017年
地震及び津波を受ける複合災害対策としての盛土構造物の有効性に関する研究
2015年 - 2016年
丸太打設による液状化対策の実用化研究
2014年 - 2016年
鋼矢板と蛇篭マウンドによる防波堤の耐震・耐津波補強工法の構築
2012年 - 2014年

競争的資金等の研究課題

 
地盤防災に関する実験的研究

特許

 
三軸試験装置および三軸試験用プログラム
特願2006-46139号
原位置せん断強度測定装置および原位置せん断強度測定方法
特願2006-110545号
盛土の補強構造
特願2013-133456号