安部 計彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/15 02:51
 
アバター
研究者氏名
安部 計彦
 
アベ カズヒコ
所属
西南学院大学
部署
人間科学部 社会福祉学科 人間科学部 社会福祉学科
職名
教授
学位
修士(ソーシャルワーク)(東洋大学), 博士(社会福祉学)(日本社会事業大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2010年
東洋大学 東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科 社会福祉学専攻
 
 
 - 
2016年
日本社会事業大学 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻
 
 
   
 
甲南大学 文学部 社会学科
 

委員歴

 
2005年
   
 
-:福岡県久留米児童相談所 事例検討委員会 委員
 
2006年
   
 
-:福岡市児童福祉審議会 委員
 
2007年
 - 
2015年
:福岡県志免町子どもの権利救済員
 
2007年
 - 
2008年
:福岡市児童養護施設福岡育児院に関する審査委員会委員
 
2009年
   
 
-:福岡県社会福祉審議会 児童福祉専門分科会 委員長
 

Misc

 
子どものネグレクトと不登校の関係
安部 計彦
学校ソーシャルワーク研究   10 15-23   2015年
ネグレクト事例における健診未受診の意味
安部 計彦
西南学院大学人間科学論集   11(1) 83-99   2015年
児童虐待と学校ソーシャルワーク
安部 計彦
日本学校ソーシャルワーク学会10周年記念誌「学校ソーシャルワーク実践の動向と今後の展望」   14-18   2015年
児童福祉施設での子どもの暴力にどう支援するか
安部 計彦
福祉心理学研究   11(1) 1-6   2014年
家庭状況が子どものネグレクト状態に与える影響
安部 計彦
子どもの虐待とネグレクト   16(1) (88-95)   2014年

書籍等出版物

 
社会福祉学事典「子ども家庭相談の体系」
丸善出版   2014年   ISBN:978-4-621-08814-2
児童相談所・関係機関や地域との連携・協働「第4章 一時保護所と連携」
明石書店   2013年   ISBN:978-4-7503-3904-7
社会的養護内容「家庭的養護」
ナカニシや出版   2013年   ISBN:978-4-7795-0044-2
21世紀の現代社会福祉用語辞典「(1)延長保育、(2)近江学園、(3)教育委員会、(4)国立秩父学園、(5)子育て支援基金、(6)児童家庭支援センター、(7)児童福祉施設の設備及び運営に関する基準、(8)児童福祉週間、(9)重症心身障害児福祉手当、(10)授産施設、(11)新生児訪問指導、(12)つどいの広場事業、(13)乳幼児突然死症候群」
学文社   2013年   ISBN:978-4-7620-2369-9
養護原理「児童養護とその関係機関」
ナカニシや出版   2010年   ISBN:978-7795-0043-5

講演・口頭発表等

 
要保護児童対策地域協議会の現状と課題
第26回日本小児科医会総会フォーラムin大分   2015年   
ネグレクト事例における健診未受診の意味
第16回日本子ども家庭福祉学会全国大会   2015年   
ネグレクトの子どもと家庭状況の関係
子ども虐待防止世界会議名古屋2014   2014年   
ネグレクト事例における不登校と関連のある子どもや家庭要因の検討
日本学校ソーシャルワーク学会第9回京都大会   2014年   
子どもネグレクト家庭の構造解明に関する研究
第52回 日本社会事業大学社会福祉研究大会   2013年   

Works

 
児童相談所が関わっている虐待事例から見る市区町村(要保護児童対策地域協議会)との連携のあり方に関する調査研究
2013年 - 2015年
児童養護施設における自立支援の実態
2011年 - 2012年
要保護児童対策地域協議会のネグレクト家庭への支援を中心にした機能強化に関する研究
2010年 - 2010年
児童相談所一時保護所の運営に関する調査研究
2006年 - 2006年
要保護児童の一時保護に関する研究
2005年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
児童相談所における一時保護のあり方
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2006年
児童相談所と市町村との役割分担
受託研究
研究期間: 2005年 - 2007年
児童虐待の再発要因に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2006年
子どもと家庭福祉
児童虐待の予防と対応