荒井 隆行

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/28 02:53
 
アバター
研究者氏名
荒井 隆行
 
アライ タカユキ
eメール
araisophia.ac.jp
URL
http://splab.net/
所属
上智大学
部署
理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
工学士(上智大学), 工学修士(上智大学), 博士(工学)(上智大学)
科研費研究者番号
80266072

プロフィール

<国内>
2006年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 教授
2000年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 助教授
1998年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 専任講師
1994年4月  上智大学理工学部電気・電子工学科 助手
1994年3月  上智大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士後期課程 修了
1991年3月  上智大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士前期課程 修了
1989年3月  上智大学理工学部電気・電子工学科 卒業

<国外>
2003年10月~2004年9月  アメリカMassachusetts Institute of Technology客員研究員
2000年8月、2001年8月、2002年8月、ならびに 2003年10月~2004年9月
       アメリカ Massachusetts Institute of Technology 客員研究員                 
2001年2月  オランダ Max Planck Institute for Psycholinguistics 客員研究員
2000年8月  アメリカ Massachusetts Institute of Technology 客員研究員
1997年1月~1998年3月 / 1998年8月ならびに1999年8月
       アメリカ California 大学 Berkeley 校付属研究機関
        International Computer Science Institute 客員研究員
1992年9月~1993年8月ならびに1995年6月~1996年12月
        アメリカ Oregon Graduate Institute of Science and Technology 客員研究員

研究分野

 

経歴

 
1995年6月
 - 
1996年12月
オレゴン科学技術大学院大学 研究員
 
1997年1月
 - 
1998年3月
インターナショナル・コンピューター・サイエンス研究所 研究員
 

受賞

 
2005年9月
日本音響学会春季研究発表会 ポスター賞
 
2004年3月
日本音響学会秋季研究発表会 ポスター賞
 
2002年9月
日本音響学会春季研究発表会 ポスター賞
 

論文

 
千葉勉が遺したもの
荒井隆行
日本音声学会全国大会予稿集, 日本音声学会創立90周年記念大会号   6-7   2016年9月
高齢者と若年者における音声からの感情認知
村山由果,吉畑博代,進藤美津子,荒井隆行
日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集   76-76   2016年3月
日本語母語話者による英語音節/ra/・/la/の知覚における音節前への母音付与についての考察
渡丸嘉菜子,中村太一,荒井隆行
2016年春季研究発表会講演論文集   441-444   2016年3月
ロングパスエコーによるオーバーラップマスキングと発話速度の関係
荒井隆行, 大田敦也, 安啓一
2016年春季研究発表会講演論文集   1599-1602   2016年3月
科学館・博物館における展示を目的とした声道模型の工夫
荒井隆行
2016年春季研究発表会講演論文集   1619-1622   2016年3月

Misc

 
マイボイスプロジェクト
川原繁人,本間武蔵,吉村隆樹,荒井隆行
日本音響学会誌   72(10) 653-661   2016年12月
サウンドスペクトログラフ
荒井隆行
日本音響学会誌   72(9) 570-571   2016年9月
音声は何を伝えているか:感情・パラ言語情報・個人性の音声科学
荒井隆行
音声研究   20(2) 111-112   2016年8月
英語のリズムと第二言語教育への応用
34(3) 153-158   2013年5月
小特集「子どもの音声」にあたって
荒井隆行
日本音響学会誌   68(5) 232-233   2012年3月

書籍等出版物

 
『音声知覚の基礎』
荒井 隆行 (担当:分担執筆)
海文堂出版   2003年10月   ISBN:4303610305
『音入門 : 聴覚・音声科学のための音響学』
荒井 隆行 (担当:分担執筆)
海文堂出版   2002年11月   ISBN:4303610208
『音声・聴覚のための信号とシステム』
荒井 隆行 (担当:分担執筆)
海文堂出版   1998年8月   ISBN:4303610100
『音声の音響分析』
荒井 隆行 (担当:分担執筆)
海文堂出版   1996年5月   ISBN:4303610003
『ディジタル信号と超関数』(プラタンBOOKS)
荒井 隆行 (担当:共著)
海文堂出版   1995年4月   ISBN:4303722901

講演・口頭発表等

 
聴覚障がいのある学生の受け入れについて
荒井 隆行
第6回情報科学技術フォーラム (FIT)   2007年9月   
高齢者を対象とした残響環境下における音声定常部抑圧処理の評価実験
荒井 隆行、安啓一, 宮内裕介, 程島奈緒, 林奈帆子, 井上豪, 進藤美津子
電子情報通信学会技術研究報告(Vol.SP2004-154,p.1-6)   2005年5月   
ディジタル補聴器のための臨界帯域ごとの周波数圧縮法
荒井 隆行、安啓一, 菱谷誠人, 村原雄二, 篠原拡士
日本音響学会講演論文集(Vol.1,p.379-380)   2002年9月   
血圧脈波の可聴化
荒井 隆行、村原雄二, 石田妙子, 金井寛
日本音響学会講演論文集(Vol.2,p.1227-1228)   2002年9月   
口蓋化構音障害患者の誤り音の聴覚弁別
荒井 隆行、今富摂子, 岡崎恵子, 加藤正子, 出世富久子, 河原明子
日本口蓋裂学会総会   1996年6月   

競争的資金等の研究課題

 
鼻子音環境における母音のフォルマントの分析
研究期間: 2000年       代表者: 荒井 隆行
音声のダイナミックス
研究期間: 1997年   
残響環境下における音声明瞭度の改善
研究期間: 1998年   
音声の時間構造
研究期間: 1997年   
音響教育のための声道模型
研究期間: 1999年   

特許

 
2005-202335 : 音声処理方法と装置及びプログラム(出願中)
荒井 隆行
2002-169579 : オーディオ信号への付加データ埋め込み装置及びオーディオ信号からの付加データ再生装置(出願中)
荒井 隆行
2001-100774 : 音声処理装置(出願中)
荒井 隆行