千葉 英樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/09 02:57
 
アバター
研究者氏名
千葉 英樹
 
チバ ヒデキ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部 医学科
職名
教授

研究分野

 
 

受賞

 
2007年
第53回日本病理学会秋期特別総会学術研究賞
 

Misc

 
Methionine aminopeptidase 2 as a potential therapeutic target for human non-small cell lung cancers
Shimizu H, Yamagishi S, Chiba H, Ghazizadeh M
Adv Clin Exp Med   25 117-128   2016年
The liver X receptor reduces proliferation of human oral cancer cells by promoting cholesterol efflux via up-regulation of ABCA1 expression
Kaneko T, Kanno C, Ichikawa-Tomikawa N, Kashiwagi K, Yaginuma N, Ohkoshi C, Tanaka M, Sugino T, Imura T, Hasegawa H, Chiba H
Oncotarget   6 33345-33357   2015年
Expression and function of lysophosphatidic acid receptor 1 in bladder cancer
Kataoka M, Ishibashi K, Kumagai S, Yanagida T, Aikawa K, Chiba H, Kojima Y
J Urol   194 238-244   2015年
Co-expression of S100A14 and S100A16 correlates with a poor prognosis in human breast cancer and promotes cancer cell invasion
Tanaka M, Ichikawa-Tomikawa N, Shishito N, Nishiura K, Miura T, Hozumi A, Chiba H, Yoshida S, Ohtake T, Sugino T
MBC Cancer   15 53   2015年
Proteomic signatures of extracellular vesicles secreted by nonmineralizing and mineralizing human osteoblasts and stimulation of tumor cell growth
Morhayim J, van de Peppel J, Demmers JA, Kocer G, Nigg AL, van Driel M, Chiba H, van Leeuwen JP
FASEB J   29 274-285   2015年

書籍等出版物

 
腎と骨代謝・タイト結合を介したミネラル輸送調節
日本メディカルセンター   2010年   
病気と細胞内小器官―細胞から病気のしくみを理解する
文光堂   2002年   
病気と分子細胞生物学―ゲノムと分子でわかるヒトの病気
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2002年   
病気と分子細胞生物学―ゲノムと分子でわかるヒトの病気
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2002年   
病気と分子細胞生物学―ゲノムと分子でわかるヒトの病気
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2002年   

講演・口頭発表等

 
タイト結合分子クローディン-4の上皮分化誘導能の解析
第104回日本病理学会大会   2015年   
幹細胞の上皮分化誘導機構において、核内受容体とCldn6シグナルがタイト結合分子の転写活性化に与える影響
第104回日本病理学会大会   2015年   
クローディン-6の上皮分化誘導シグナルには、SrcとBlkが機能している
第104回日本病理学会大会   2015年   
クローディン?6/Srcファミリーキナーゼシグナルは幹細胞の上皮分化を誘導する
第87回日本生化学会大会   2014年   
幹細胞の上皮分化誘導における細胞間接着シグナルと核内受容体の新規クロストーク機構
第87回日本生化学会大会   2014年   

Works

 
原発性ネフローゼ症候群の新規診断マーカーの確立
2015年10月 - 2016年9月
宿主細胞間接着分子を標的としたC型肝炎の新規予防・治療法の開発
2014年4月 - 2016年3月
細胞接着シグナルを利用した新規ダイレクト・リプログラミング法の開発
2014年4月 - 2016年3月
細胞接着シグナルによる新規ダイレクト・リプログラミング法の創出
2013年7月 - 2015年3月
タイト結合膜貫通分子オクルディンを標的としたC型肝炎の新規治療法の開発(課題番号23659187).
2011年6月 - 2012年3月

競争的資金等の研究課題

 
幹細胞の上皮分化誘導機構
申請者が開発した新規幹細胞システムを用いて、上皮分化誘導の分子メカニズムを解明する。
新規ダイレクト・リプログラミング法の創出
血液脳関門と脳疾患
血液脳関門の本体である脳微小血管内皮細胞を用いて、血液脳関門の再構成を試みるとともに、その制御機構を解明する。
C型肝炎に対する新規治療法の開発
C型肝炎の受容体としてはたらくタイト結合膜貫通分子を標的とした、新たな予防・治療法を開発する。
難治がんに対する分子標的療法の開発
末梢神経バリアの制御機構を明らかにし、新たなドラッグデリバリーシステムを開発する。