下山 正一

J-GLOBALへ         更新日: 02/07/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
下山 正一
 
シモヤマ ショウイチ
所属
九州大学
部署
大学院理学研究院 地球惑星科学部門
職名
助手
学位
理学博士(九州大学), 理学修士(九州大学)

研究分野

 
 

Misc

 
Late Scythian ammonoids from the Kitakami Massif(共著)
Transections and Preceedings of the Palaeontological Society of Japan, NS   No.94, pp.293-312    1974年
イボウミニナ死殻集団の殻サイズ分布形とその形成様式
地球科学   Vol.34,pp.27-39    1980年
Size-frequency distribution of living populations and dead shell assemblages in a marine intrtidal sand snail, Umbonium (Suchium) moniliferum (LAMARCK), and their palaeontological significance.
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   Vol.49,pp.329-353    1985年
Some Permian Cyclolobuceae from the Southern KItakami Massif, Northeast Japan. (共著)
Transactions and Proceedings of the Palaeontological Societh of Japan, NS.   No.142,pp.400-408    1986年
博多湾における底生貝類群集の動態(共著) 
日本ベントス研究会誌カ   No.29,pp.1-8    1986年

書籍等出版物

 
博多遺跡群周辺における遺跡形成環境の変遷(共著)
横山浩一先生退官記念論文集第2巻(日本における初期弥生文化の成立).文献出版(株),東京   1991年   
北部九州の地形と第四系(共著)
第104年学術大会見学旅行案内書 日本地質学会   1997年   
福岡平野の縄文海進と第四紀層
小林ほか編:福岡平野の古環境と遺跡立地 九州大学出版会   1998年   
鳥飼低地の第四紀層と地形形成(共著)
小林ほか編:福岡平野の古環境と遺跡立地,九州大学出版会   1998年   
博多遺跡群をめぐる環境変化-弥生時代から近代まで,博多はどう変わったか-(共著)
小林ほか編:福岡平野の古環境と遺跡立地 九州大学出版会   1998年   

Works

 
土地分類基本調査:表層地質図5万分の1「太宰府」図幅および説明書(共著).福岡県
1983年
土地分類基本調査:表層地質図5万分の1「福岡」図幅および説明書(共著).福岡県
1984年
土地分類基本調査:表層地質図5万分の1「津屋崎・神湊」図幅および説明書(共著).福岡県
1984年
海の中道の地質構造と砂の供給源(建設省九州地方建設局)
1995年
地域地質研究報告5万分の1地質図幅および同説明書福岡地域の地質(共著),通商産業省工業技術院地質調査所
1994年

競争的資金等の研究課題

 
古生態学
古環境学
第四紀地質学
地盤環境