崎山 理

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
崎山 理
 
サキヤマ オサム
所属
旧所属 滋賀県立大学 人間文化学部 生活文化学科
職名
教授
学位
文学博士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1967年
京都大学 文学研究科 言語学
 
 
 - 
1962年
東京外国語大学 外国語学部 フランス語
 

委員歴

 
1975年
 - 
2005年
日本言語学会  委員
 
1987年
 - 
1995年
日本オセアニア学会  評議員
 

Misc

 
メラネシア・ピジン語の成熟と言葉遊びの発展
月刊言語   32(2) 48-55   2003年
オーストロネシア語族と日本語
言語研究   120, 97-105    2001年
オーストロネシア語族と日本語の系統関係
国立民族学博物館研究報告   25(4) 465-485   2001年
オセアニアの言語の系統とその特徴
月刊言語   28(7) 29-37   1999年
東南アジア諸語との対照
日本語学   15(8) 175-182   1996年

書籍等出版物

 
太平洋地域における危機言語とその問題点
明石書店   2002年   
マダガスカルの植物命名法
平凡社   1999年   
日本人の南方観と日本語系統論―言語混合論への新展開に向けて―
昭和堂   1998年   
言語による先史研究
世界思想社   1996年   
複合的な言語状況
明石書店   1996年   

Works

 
環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究
1999年 - 2003年
グローバル化とアジア
2005年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
ミクロネシアに残存する日本語
科学技術政策研究国際協力推進
研究期間: 1998年 - 2004年
オーストロネシア語族の民俗語彙
研究期間: 1999年 - 2005年