住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/03 11:48
 
アバター
研究者氏名
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
eメール
sumidatomohisagmail.com

プロフィール

sumidatomohisa@gmail.com, 080-5389-0523
http://facebook.com/sumidatomohisa http://twitter.com/sumidatomohisa
http://sumidatomohisa.blogspot.jp/ http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa

宅配物は自宅住所(渋谷区)にお送りください。
できればメールでデータをお送りいただけるとありがたく存じます。

以下のメールアドレスはお使いいただけません。
tomohisa.sumida@maruzen.co.jp, sumida@he.u-tokyo.ac.jp, sumidatomohisa@berkeley.edu, t-sumida@miraikan.jst.go.jp, sumidatomohisa@hotmail.com, sumidatomohisa@softbank.ne.jp

経歴

 
2014年6月
 - 
現在
東京大学出版会 編集局 勤務
 
2017年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師(「人間科学特殊XXVA」)
 
2015年10月
 - 
現在
電気通信大学 情報理工学部 非常勤講師(「科学という文化」)
 
2013年4月
 - 
2014年6月
丸善出版 編集部 勤務
 
2012年9月
 - 
2013年3月
東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員
 

研究分野

 
 

論文

 
住田朋久
哲学・科学史論叢   13 (45)-(73)   2011年3月   [査読有り]
反応など: http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20110411/1302530802
中尾麻伊香・住田朋久
UTCP「脳科学と倫理」プログラム編『脳科学時代の倫理と社会』   239-260   2010年3月   [査読有り]
言及された文献:
佐倉統(2010)「疑似科学を謳歌する文化人たちはなぜ増殖するのか―脳科学の事例を中心に」、南後由和・加島卓編『文化人とは何か』東京書籍、112-131.
Takako Ohata, Atsushi Tsuchiya, Maiko Watanabe, Tomohisa Sumida, Fumio Takada
Journal of Human Genetics   54 203-208   2009年3月   [査読有り]
言及された文献
Neil E Lamb et al., Personalized Medicine 6(6): 681-690 (2009). ほか
http://scholar.google.co.jp/scholar?cites=8661397541868921545
日本の生態学と自然保護 1906-1975 1959年の2つの転換を中心に
住田 朋久
修士論文      2009年1月
2009年3月23日 修士(学術)修総合第3554号
土屋敦、大畑尚子、渡部麻衣子、住田朋久、高田史男
ソシオロゴス   (32) 40-57   2008年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『化学史事典』
化学史学会編
化学同人   2017年1月   
「加鉛ガソリン」「環境保護庁」「スモン」「ダイオキシン」「パターソン」「マスキー法」「ミジリー」
コンデナスト・ジャパン   2015年12月   
「はじめてのAI―シンギュラリティ年譜+用語解説」156-163
塚田有那・飯島和樹・住田朋久
シーラ ジャサノフ/渡辺千原・吉良貴之監訳
勁草書房   2015年7月   ISBN:4326403047
共訳、第6章担当 http://jj57010.web.fc2.com/jasanoff.html
大場 裕一
くもん出版   2013年7月   ISBN:477432177X
企画協力
第60回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書(中学生の部)
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/60thkadaitosho.html
岩波書店   2012年12月   
「日本科学史学会創設70周年記念シンポジウム 四日市公害裁判と研究者・市民 判決後40年の節目に 」
パネリスト:宮本憲一・澤井余志郎・野呂汎
企画:小川眞里子・黒田光太郎・住田朋久・高山進・財部香枝
丸善出版   2012年1月   ISBN:4621083872
翻訳 「カーソン, レイチェル」、「生態学/エコロジー」、「非政府組織」、「マートン, ロバート」、「ミード, マーガレット」、「レオポルド, アルド」
http://kw.maruzen.co.jp/nfc/featurePage.html?requestUrl=este/
原書房   2011年11月   ISBN:4562047194
「脳ブームの社会的背景とマスメディア」
住田朋久・礒部太一
『新通史 日本の科学技術 世紀転換期の社会史/1995年〜2011年』第3巻 568-576 2011年11月
スティーヴ・フラー / 村上陽一郎・岡橋毅・住田朋久・渡部麻衣子訳
青土社   2009年12月   ISBN:4791765214
共訳
http://bit.ly/6OGb2B (青土社のサイト)
紹介:
土屋敦(2010)(週間図書館・話題の新刊)『週刊朝日』4990(2010.1/29号): 78.
橋本大也「情報考学 Passion For The Future」2010年5月9日 http://www.ringolab.com/note/daiya/2010/05/post-1216.html
須藤 斎
くもん出版   2008年11月   ISBN:4774314366
企画協力
http://www.geocities.jp/restingspace2/TimeMachine.html
第56回産経児童出版文化賞・大賞
上田昌文・渡部麻衣子 編
社会評論社   2008年7月   ISBN:4784506152
共訳(スティーヴン・ローズ「脳を得る」(66-75)、ジョン・ターネイ「さらなる命を」(94-102)を中心に)
http://www.shahyo.com/mokuroku/gendai_shahyo/science/ISBN978-4-7845-0615-6.php
書評:
植原亮(2009)『社会と倫理』23: 119-124. http://www.nanzan-u.ac.jp/ISE/japanese/publications/index.html
養老 孟司, 本川 達雄, 藤田 紘一郎, セキ ユリヲ, しりあがり 寿, 五箇 公一, さとう あきら, 松田 裕之
ダイヤモンド社   2007年4月   ISBN:4478871108
協力
http://www.thinktheearth.net/jp/ikimonogatari/
山本 良一, Think the Earth Project
ダイヤモンド社   2006年4月   ISBN:4478871086
協力
http://www.thinktheearth.net/jp/climatechange/
毛利 衛 監修
岩崎書店   2004年3月   ISBN:4265044964
共著
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-04496-4.html

講演・口頭発表等

 
Nature’s Experts in the Era of Pollution: Ecology and Public Health in 1960s Japan
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
Hayama STS Workshop   2012年2月   
http://researchmap.jp/evhz27pj4-66/
Scientific controversies and pollution trials in Japan, 1967–1973: formation of epidemiological causation
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa, 廣野 喜幸 / HIRONO Yoshiyuki
Society for Social Studies of Science (4S) / Japanese Society for Science and Technology Studies (JSSTS) Joint Meeting   2010年8月   
http://www.4sonline.org/meeting, http://convention3.allacademic.com/one/ssss/4s10/
8月28日(土)
Ecological Science and Nature Conservation in Japan, 1906–1975: Focusing on Two Transitions in 1959
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
International Congress of History of Science and Technology   2009年7月   
http://www.conferences.hu/ichst09/
Transitions of the Relationship between Ecological Scientists and Conservation of Nature in Japan to 1970
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
International Conference on the History of Science in East Asia   2008年7月   
http://www.hopkinsmedicine.org/histmed/news/eastm.index.html

Misc

 
橘宗吾『学術書の編集者』(書評・紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『科学史研究』(掲載決定)      2017年
「ISIS特集「人文学史と科学史」」(紹介)
古俣めぐみ・片岡雅知・住田朋久・平井正人
『化学史研究』   43(1) 50-51   2016年3月
「ISIS(2014) 特集「海洋を知る:科学史における役割」」(紹介)
片岡雅知・藤本大士・中尾暁・住田朋久
『化学史研究』   42(3) 167-169   2015年9月
「ISIS 特集「科学のグローバル・ヒストリー」ISIS 101(2010)」(紹介)
坂本邦暢・柴田和宏・中尾暁・住田朋久・中野弘喜
『化学史研究』   42(1) 34-37   2015年3月
「Isis特集 :「科学史の未来」」(紹介)
森脇江介、住田朋久、橋本雄太、伊藤憲二、坂本邦暢、藤本大士
『化学史研究』   41(2) 94-96   2014年6月
「特集「応用科学」Isis 103 (2012): 515–563.」(紹介)
中尾暁、藤本大士、住田朋久、坂本邦暢、矢野厚、柴田和宏
『化学史研究』   40(2) 74-76   2013年6月
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
Wellcome history   48 11-12   2011年12月
http://www.wellcome.ac.uk/About-us/Publications/Wellcome-History/Previous/WTVM053813.htm
http://wellcomehistory.wordpress.com/2011/12/12/public-health-experts-on-yokkaichi-asthma/
「中根美知代・佐藤賢一・小山俊士・三村太郎・矢島道子・中澤聡・隠岐さや香・河野俊哉・有賀暢迪・溝口元・大谷卓史(2009)『科学の真理は永遠に不変なのだろうか サプライズの科学史入門』」(紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『化学史研究』   38(4) 229-230   2011年12月
「梶雅範・西條美紀・野原佳代子 共編(2009)『科学・技術の現場と社会をつなぐ科学技術コミュニケーション入門』」(紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『化学史研究』   37(2) 79-80   2010年6月
「話題提供報告「科学コミュニケーションと科学史」」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『科学史サマースクール2009報告書「どう教えよう? 科学史・数学史」』数学史研究会有志   27-28   2010年5月
「生態学者に期待されたもの:1960年代の日本自然保護協会調査報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 41-44   2010年3月
「第23回国際科学技術史会議(ブダペシュト、ハンガリー)参加報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 67-68   2010年3月
「第1回世界環境史会議(コペンハーゲン、デンマーク)参加報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 73-75   2010年3月
"The Rhetoric and Reality of "Greening" in the Shōwa Period (1926-1989)"
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
The proceedings of the third BESETO young-scholar conference of philosophy   323-327   2010年1月
「第23回国際科学技術史会議(ブダペシュト)雑感 博士課程学生にとっての国際学会」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『第23回国際科学史会議(Budapest)報告集』   30-31   2009年
「1960年代末、「エコロジー」の盛り上がりのなかでのバリー・コモナー」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (76) 70-72   2006年6月

その他

 
2016年6月13日 東京大学「現代科学技術概論I」ゲスト講師
2012年10月 平成25年度 日本学術振興会 特別研究員(PD) 採用内定予定(受入:慶應義塾大学・鈴木晃仁研究室、辞退)
2012年5月27日 企画・進行 日本科学史学会創立70周年記念シンポジウム「四日市公害裁判と学術・市民―判決後40年の節目に」、日本科学史学会、三重大学、2012年5月(登壇者は澤井余志郎氏(四日市再生「公害市民塾」))、野呂汎氏(弁護士)、宮本憲一氏(滋賀大学元学長))(小川眞里子氏・黒田光太郎氏・高山進氏らとともに)
2012年4月14日 企画・進行 金森修編(2011)『昭和前期の科学思想史』合評会、2012年4月(奥村大介氏とともに)
2011年12月5日 隠岐さや香氏講演会(サントリー学芸賞受賞記念)、東京大学(柴田和宏氏とともに)
2011年11月19日 企画・進行 「中山茂、学問を語る―科学史と歩んだ60年」、東京大学(柴田和宏氏とともに)
2011年2月 編集・執筆 『SYNAPSE: Academic Groove』2、東京大学 http://synapse-ag.tumblr.com/post/3211120749/synapse-vol-02-light-2-25
2010年7月 編集 『SYNAPSE: Academic Groove』1、東京大学 http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20100803/1280805327 HITSPAPERインタビュー(2010年9月29日) http://antenna7.com/interview/2010/09/synapse-interview.html
2010年3月28日 話題提供 スティーヴ・フラー『知識人として生きる』について、STS Network Japan、東京工業大学
http://blog.stsnj.org/2010/03/sts-network-japan-s.html
2010年1月13日 話題提供 「自然保護論の展開と生物学」、Evolution勉強会、名古屋大学
2010年1月12日 話題提供 「大学における 科学コミュニケーションの 課題と可能性. ~東京大学アウトリーチイニシアティブ(UtoI)などの経験から~」、プレサイエンスカフェ in Craig's Cafe、名古屋大学
2009年11月14日 企画 ワークショップ「科学書籍研究の視座」(日本科学技術社会論学会第8回年次大会、東京・早稲田大学)
http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20091009/1255093458
2009年11月2日 企画 サイエンスアゴラ「科学本が生まれるまで 著者、編集者、そして…」
http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20090923/1253713732
2009年8月28日 コメント 書評会「中島秀人『社会の中の科学』を読む」東京工業大学
http://www.venus.dti.ne.jp/~ootani/nakajima_ken/seminar_announcement.htm
2009年8月27日 話題提供「科学コミュニケーションと科学史」、科学史サマースクール「どう教えよう? 科学史・数学史」立教大学
http://homepage3.nifty.com/michiyo-nakane/
2009年8月2日・3日 ワークショップ参加 2009 World Congress of Environmental History pre-conference Ph.D. Workshop: "Integration of historical Research in Interdisciplinary Environmental and Resource Management - How Past Experiences Can Help Mold Future Solutions" at Roskilde University (Denmark) http://wceh2009.org/
2008年11月 サイエンスアゴラ「大学アウトリーチの可能性」(東京大学アウトリーチイニシアティブ)企画 
http://scienceportal.jp/scienceagora/agora2008/081122/1-2.html
2007年11月 東京大学創立130周年記念事業 学生企画コンテスト 優秀賞(上位1~3位)(加村啓一郎・住田朋久・林洋平「東京大学アウトリーチイニシアティブ」)

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金特別研究員奨励費
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa

委員歴

 
2015年7月
 - 
現在
日本科学史学会  全体委員(和文誌編集委員、科学史文献データベース委員(2015年10月より委員長))
 
2013年7月
 - 
2015年7月
日本科学史学会  和文誌編集委員(委嘱)
 
2012年5月
 - 
2013年5月
日本科学史学会  選挙管理委員(坂本邦暢氏・多久和理実氏・舘江栃郎氏・山崎正勝氏とともに)
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本科学史学会 生物学史分科会  月例会係/研究会係(奥村大介氏・藤本大士氏とともに)