大石高生

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 17:47
 
アバター
研究者氏名
大石高生
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40346036
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2009年
京都大学 霊長類研究所 准教授
 
2007年
   
 
京都大学 霊長類研究所 助教授
 

論文

 
Co-Opted Megasatellite DNA Drives Evolution of Secondary Night Vision in Azara's Owl Monkey
上坂将弘, 阿形清和, 大石高生, 中島欽一, 今村拓也
Genome Biol Evol   9(7) 1963-1970   2017年7月   [査読有り]
Evolutionary acquisition of promoter-associated non-coding RNA (pancRNA) repertoires diversifies species-dependent gene activation mechanisms in mammals.
古賀章彦, 田辺秀之, 平井百合子, 今井啓雄, 今村公紀, 大石高生, Stanyon R, 平井啓久
BMC Genomics   18(1) 285   2017年4月   [査読有り]
霊長類を用いた脳機能研究:ヒトとの違いと共通点
大石高生
脳神経外科ジャーナル   25(6) 480-483   2016年6月   [査読有り][招待有り]
Increased expression of the growth-associated protein-43 gene after primary motor cortex lesion in macaque monkeys.
Murata Y, Higo N, Oishi T, Isa T.
Neuroscience Research   98 64-69   2015年9月   [査読有り]
Temporal plasticity involved in recovery from manual dexterity deficit after motor cortex lesion in macaque monkeys.
Murata Y, Higo N, Hayashi T, Nishimura Y, Sugiyama Y, Oishi T, Tsukada H, Isa T, Onoe H.
Journal of Neuroscience   35(1) 84-95   2015年1月   [査読有り]
Sporadic premature aging in a Japanese monkey: a primate model for progeria
大石高生、今井啓雄、郷康広、今村公紀、平井啓久、高田昌彦
PLoS One   9(11) e111867   2014年11月   [査読有り]
Age-related decrease of the phosphorus content in the ligamentum capitis femoris of monkeys.
Tohno Y, Tohno S, Oishi T, Minami T, Khanpetch P, Azuma C, Quiggins R
Biological Trace Element Research   161(1) 78-84   2014年10月   [査読有り]
神経系の可塑性-霊長類の皮質脊髄路、運動野損傷からの運動機能回復
大石高生
Clinical Neuroscience 27 (9):994-997      2009年
脳の可塑性(基礎の立場から)--サルを使った大脳運動野の破壊後の回復に関する研究 (第10回認知神経科学会) -- (シンポジウム1 リハビリテーションの科学:脳の可塑性)
大石 高生
認知神経科学   7(3) 206-210   2005年12月
脳の形態と遺伝子
大石高生
分子精神医学 5(4):386 - 390      2005年
神経突起の発達
大石高生
Brain Medical 11:66 - 72      1999年
サル脳内遺伝子発現量測定法
大石高生;松田圭司;肥後範行;海野由美子;林基治
電子技術総合研究所い報   60(10) 643-656   1996年10月

Misc

 
霊長類研究所における遺伝病疑い家系に関する報告
大石高生、兼子明久、宮部貴子、今井啓雄、平崎鋭矢、郷康広、今村公紀、 木下こづえ、釜中慶朗、橋本直子、森本真弓、平井啓久、高田昌彦
第6回生理研–霊長研–脳研合同シンポジウム(2017/3/9, 新潟)      2017年3月
ヒト脳と類人猿脳における時空間的比較トランスクリプトーム解析
郷康広、辰本将司、Qian Li、Liu He、大石高生、鵜殿俊史、重信秀治、柿田明美、那波宏之、Philipp Khaitovich
日本進化学会 第17回大会 (2015/08/20, 東京)      2015年8月
サル輪状軟骨の元素蓄積の特徴
東超、大石高生、東野義之、東野勢津子、南武志、西真弓
第121回日本解剖学会(郡山)      2016年3月
サル甲状軟骨の元素の加齢変化
東超、大石高生、東野義之、東野勢津子、南武志
第120回日本解剖学会(神戸)      2015年3月
「早老症」モデルニホンザル、シワコについて
大石高生
第12回NBR公開シンポジウム(2015/12/11東京)      2015年12月   [依頼有り]
Brain shrinkage and reduced nerve conduction velocity in a progeroid-like macaque monkey.
Oishi T, Imai H, Go Y, Hirai H, Takada M
Neuroscience 2014, Washington DC      2014年11月
ニホンザルが示した神経系等の早老症的症状
大石高生、今井啓雄、郷康広、平井啓久、高田昌彦
第37回日本神経科学大会(2014/9/13横浜)      2014年9月
サル大脳皮質諸領野における転写因子遺伝子の発現
大石高生、檜垣小百合、佐藤明、近藤伸二、小島俊男
第91回日本生理学会大会(鹿児島)      2014年3月
Sporadic premature aging in a Japanese monkey- Phenotype study -
Takao Oishi, Hiroo Imai, Hirohisa Hirai, Masahiko Takada
The 3rd NIPS-CIN Joint Neuroscience Symposium      2013年10月
Organization of multisynaptic cortical input through the indirect corticospinal pathway in macaques
Taihei Ninomiya, Hiroshi Nakagawa, Masaki Ueno, Yukio Nishimura, Takao Oishi, Toshihide Yamashita, Masahiko Takada
第36回日本神経科学学会(京都)      2013年6月
Gene network analysis of genes differentially expressed between primary motor and prefrontal association cortices of macaque brain,
T. Kojima, N. Higo, A. Sato, T. Oishi, Y. Nishimura, T. Yamamoto, Y. Murata, K. Yoshino-Saito, H. Onoe, T. Isa
42th Annual Meeting of Society for Neuroscience (2012/10/17, New Orleans, USA).      2012年10月   [査読有り]
マカク中枢神経系の遺伝子発現の発達変化の解析
大石高生, 佐藤明, 檜垣小百合, 近藤伸二, 小島俊男
第59 回中部日本生理学会(2012/11/16, 岡崎)      2012年   [査読有り]
サル中枢神経系の遺伝子発現の発達の部位間比較
大石高生, 佐藤明, 檜垣小百合, 近藤伸二, 小島俊男
第35 回日本神経科学大会(2012/09/20, 名古屋)      2012年   [査読有り]
健常及び運動皮質損傷マカクサルにおける SPP1 の局在の違い
杉山容子, 大石高生, 山下 晶子, 村田弓, 山本竜也, 伊佐 正, 肥後範行
第35回日本神経科学大会(2012/09/19, 名古屋).      2012年   [査読有り]
マカクザルにおける脊髄損傷後の機能回復に関与する神経回路再編成と機能分子発現
二宮太平, 中川 浩, 上野将紀, 西村幸男, 大石高生, 山下俊英, 高田昌彦
第35回日本神経科学大会 (2012/09/19, 名古屋)      2012年   [査読有り]
Species-specific pseudogene insertions generate cis-acting RNA for promoter demethylation in the macaque
Masahiro Uesaka, Osamu Nishimura, Ken-ichiro Uno, Hiroki Ueda, Takao Oishi, Hiroo Imai, Kiyokazu Agata, Takuya Imamura
第34回日本分子生物学会年会(横浜)      2011年12月   [査読有り]
Plastic changes in the ventral premotor area after primary motor cortex lesion in macaque monkeys: possible involvement in functional compensation of manual dexterity.
Yumi Murata, Noriyuki Higo, Takuya Hayashi, Yukio Nishimura, Yoko Sugiyama, Takao Oishi, Hideo Tsukada, Tadashi Isa, Hirotaka Onoe
41st annual meeting of Society for Neuroscience (2011/11/12-16, Washington DC, USA).      2011年11月   [査読有り]
マカクザルにおける偽遺伝子由来promoter-associated noncoding RNA (pancRNA) による種特異的転写活性化
上坂将弘,西村理,大石高生,今井啓雄,阿形清和,今村拓也
第104回日本繁殖生物学会大会 (2011/09/20, 堺)      2011年9月   [査読有り]
Pseudogene insertions may drive pancRNA acquisition during mammalisn evolution
Masahiro Uesaka, Takao Oishi, Hiroo Imai, Osamu Nishimura, Kiyokazu Agata, Takuya Imamura
次世代シークエンサ現場の会第一回研究会. (20110529). 熱海      2011年5月
第一次運動野損傷後の把握動作回復に対する運動前野腹側部の関わり
村田弓,肥後範行,西村幸男,林拓也,杉山容子,大石高生,塚田秀夫,伊佐正,尾上浩隆
包括脳ネットワーク夏のワークショップ (2011/08/23, 神戸)      2011年   [査読有り]
マカクザル運動関連皮質領野における遺伝子発現のマイクロアレイ法による網羅的解析
伊佐正,小島俊男,肥後範行,大石高生,尾上浩隆
第34回日本神経科学大会 (2011/09/17, 横浜)      2011年   [査読有り]
The role of perilesional area for functional compensation of manual dexterity after primary motor cortex lesion in macaque monkeys.
Murata Y, Higo N, Hayashi T, Nishimura Y, Oishi T, Tsukada H, Isa T, Onoe H
Neuroscience 2010 (2010/11/13, San Diego).      2010年11月   [査読有り]
Differential SPP1 expression between two new world monkeys: Correlation with the ability of dexterous finger movement.
Yamamoto T, Oishi T, Higo N, Sato A, Murayama S, Nishimura Y, Murata Y, Yoshino-Saito K, Isa T, Kojima T
Neuroscience 2010 (2010/11/14, San Diego)      2010年11月   [査読有り]
Effect of early rehabilitative training after spinal cord lesion in macaque monkeys.
Sugiyama Y, Higo N, Yoshino-Soito K, Murata Y, Nishimura Y, Oishi T, Isa T
41st annual meeting of Society for Neuroscience (2011/11/12-16, Washington DC, USA).      2010年11月   [査読有り]
Regional characteristics of gene expression in the brain of the rhesus monkey.
Oishi T, Sato A, Higaki S, Higo N, Kojima T
Neuro2010 (2010/09/04, Kobe).      2010年9月   [査読有り]
Area-specific regulation of gene expression in monkey motor cortices during recovery from spinal-cord injury.
Sato A, Higo N, Oishi T, Nishimura Y, Yamamoto T, Murata Y, Yoshino-Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Onoe H, Isa T, Kojima T
Neuro 2010 (2010/09/03, Kobe)      2010年   [査読有り]
Selective expression of SPP1 in the corticospinal neurons of highly dexterous primate species.
Yamamoto T, Sato A, Higo N, Nishimura Y, Oishi T, Murata Y, Onoe H, Yoshino-Saito K, Isa T, Kojima T
39th Annual Meeting of Society for Neuroscience (2009/10, Chicago, USA).      2009年10月   [査読有り]
Gene expression analysis of motor-related areas of the monkey neocortex during recovery from corticospinal tract lesion.
Sato A, Nishimura Y, Oishi T, Higo N, Murata Y, Onoe H, Yoshino-Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Isa T, Kojima T
39th Annual Meeting of Society for Neuroscience 2009 (2009/10, Chicago, USA).      2009年10月   [査読有り]
Web-based MRI Brain image database system.
Matsuda K, Oishi T, Higo N, Hayashi M
Society for Neuroscience 2008 (2008/11, Washington D.C.).      2008年11月   [査読有り]
SPP1 is selectively expressed in large pyramidal neurons in layer V of the macaque sensorimotor cortex.
Higo N, Sato A, Yamamoto T, Nishimura Y, Oishi T, Murata Y, Onoe H, Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Isa T, Kojima T
Society for Neuroscience 2008 (2008/11, Washington D.C.).      2008年11月   [査読有り]
皮質脊髄路損傷後の回復過程におけるサル大脳新皮質運動関連領野の網羅的遺伝子発現解析
佐藤明, 西村幸男, 大石高生, 肥後範行, 村田弓, 尾上浩隆, 斎藤紀美香, 坪井史治, 高橋雅人, 伊佐正, 小島俊男
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京)      2008年   [査読有り]
第一次運動野損傷後にみられる巧緻動作中の脳活動の変化-PETを用いた成体サルにおける研究-
村田弓, 肥後範行, 西村幸男, 大石高生, 塚田秀夫, 伊佐正, 尾上浩隆
第85回日本生理学会大会 (2008/03, 東京)      2008年   [査読有り]
サル運動皮質局所損傷後の機能回復
大石高生
第5回京都脳機能研      2007年   [査読有り]
脊髄運動系におけるGAP-43免疫陽性構造
大石高生, 肥後範行, 山下晶子, 村田弓, 西村幸男, 松田圭司, 林基治, 伊佐正
第1回Motor Control研究会 (2007/06, 岡崎)      2007年   [査読有り]
Web アプリケーションを用いたMRI脳画像データベース
松田圭司, 大石高生, 肥後範行
第30回日本神経科学大会 (2007/09, 横浜)      2007年   [査読有り]
霊長類大脳皮質各領野のGABA細胞サブグループの特徴
山下晶子, 大石高生, 林基治
第29回日本神経科学大会 (2006年7月, 京都) Neuroscience Research 55(Supple): S148.      2006年   [査読有り]
MRI脳画像データベースの構築
飯田麻恵子;飯田麻恵子;松田圭司;肥後範行;大石高生;大石高生;山根茂;山根茂
生体・生理工学シンポジウム論文集   21st 189-192   2006年11月   [査読有り]
サル頸髄側索破壊後の運動関連領野と脊髄のGAP-43発現の増加
大石高生, 肥後範行, 村田弓, 山下晶子, 西村幸男, 松田圭司, 林基治, 関和彦, 伊佐正
第29回日本神経科学大会 (2006年7月, 京都) Neuroscience Research 55(Supple): S125.      2006年   [査読有り]
MRI脳画像データベースの構築
飯田麻恵子;飯田麻恵子;松田圭司;肥後範行;大石高生;大石高生;山根茂;山根茂
生体・生理工学シンポジウム論文集   21st 189-192   2006年11月   [査読有り]
第一次運動野損傷後の巧緻運動の回復とその基盤となる神経回路再構築
肥後範行, 村田弓, 大石高生, 山下晶子, 松田圭司, 林基治
第29回日本神経科学大会 (2006年7月, 京都) Neuroscience Research 55(Supple): S15      2006年   [査読有り]
EXPRESSION OF GAP-43 AND ITS mRNA IN THE MONKEY MOTOR CORTEX AND SPINAL CORD AFTER DORSOLATERAL LESION OF SPINAL CORD AT C4/C5 LEVEL.
Oishi, T., Higo, N., Murata, Y., Yamashita, A., Matsuda, K., Hayashi, M., Nishimura, Y., Seki, K., Isa, T.
35th annual meeting, Society for Neuroscience (Nov. 2005, Washington D.C., U.S.A.) Abstract for Society for Neuroscience : 784.6.      2005年11月   [査読有り]
EXPRESSION OF PROTEIN KINASE C SUBSTRATE (GAP-43, MARCKS, AND NEUROGRANIN) mRNAS IN THE MONKEY BASAL GANGLIA.
Higo, N., Oishi, T., Yamashita, A., Murata, Y., Matsuda, K., Hayashi, M.
35th annual meeting, Society for Neuroscience (Nov. 2005, Washington D.C., U.S.A.) Abstract for Society for Neuroscience : 517.13.      2005年11月   [査読有り]
ニホンザルの発達にともなうHorsley-Clarke座標系における脳の移動と成長
大石高生, 松田圭司, 肥後範行, 杉田陽一, 鈴木樹理, 高橋俊光
第21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21, suppl.: 100.      2005年   [査読有り]
磁気共鳴画像法を用いた幼若ニホンザルの脳発達の解析.
大石高生, 松田圭司, 鈴木樹理
第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Supplement):21-22.      2004年   [査読有り]
Developmental changes in the distribution of MARCKS mRNA in the cerebral cortex of the macaque monkeys: molecular basis of high plasticity in the infant brain
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K., Hayashi M.
33rd Annual Meeting of Society for Neurosciece (Nov. 2003, New Orleans, USA) Society for Neuroscience, 2003. Online (2003 Abstract Viewer): Program No. 459.6.      2003年11月   [査読有り]
MRIで見たマカクの脳の発達
大石高生
COE国内シンポジウム「類人猿の行動発達と脳」 (2003年2月, 犬山)      2003年   [査読有り]
Expression of neurogranin mRNA in area17 of infant and adult macaque monkeys
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K., Hayashi M.
32th Annual Meeting Society for Neuroscience (Nov. 2002, Orlando, U.S.A.) Society for Neuroscience Abstract 28: 530.12.      2002年11月   [査読有り]
サル大脳皮質におけるneurograninの遺伝子発現
肥後範行, 大石高生, 山下晶子, 松田圭司, 林基治
第25回日本神経科学大会 (2002年7月, 東京)      2002年   [査読有り]
MRIを用いた霊長類脳画像データベースの構築
大石高生, 松田圭司
第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京) 霊長類研究 18(3): 408      2002年   [査読有り]
サルの生後発達における神経成長関連タンパクの遺伝子発現-脳の成熟にともなう発現の特定部位への限局-
肥後範行, 大石高生, 山下晶子, 松田圭司, 林基治
脳と心のメカニズム第3回夏のワークショップ,知能発達のメカニズム (2002年8月, 茅野)      2002年   [査読有り]
Postnatal development of GAP-43 in the monkey spinal cord.
Oishi, T., Higo, N., Yamashita, A., Matsuda, K., Kawano, K. & Hayashi, M.
Society for Neuroscience 30th Annual Meeting (Nov. 2000, New Orleans, USA). Abstracts 26: 1372.      2000年11月   [査読有り]
Gene expression of MARCKS in downregulated in the LGN, but not in area 17 of the monocularly deprived macaque monkeys.
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K. & Hayashi M.
Society for Neuroscience 30th Annual Meeting (Nov. 2000, New Orleans, USA). Abstracts 26: 2194.      2000年11月   [査読有り]
Are growth-associated protein mRNAs expressed in inhibitory neurons in the monkey hippocampus and cerebral neocortex?
Higo, N., Oishi, T., Yamashita, A., Matsuda, K. & Hayashi, M.
The Joint Meetings of the 23rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society and the 10th Annual Meeting of the Japanese Neural Network Society (Sept. 2000, Yokohama). Neuroscience Research Supplement 24: S30.      2000年9月   [査読有り]
Expression of MARCKS mRNA in lateral geniculate nucleus of normal and monocularly-deprived macaque monkeys.
Higo N., Oishi T., Yamashita A. & Hayashi M.
The 77th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan (Mar. 2000, Tokyo). The Japanese Journal of Physiology 50 Supplement: S191.      2000年3月   [査読有り]
サル外側膝状体のGAP-43及びSCG10遺伝子発現への視覚遮断の影響
肥後範行,大石高生,山下晶子,松田圭司,林基治
第76回日本生理学会大会 (1999年3月、長崎). 第76回日本生理学会大会予稿集 p.103.      1999年   [査読有り]
脱抑制とFos免疫組織化学の組み合わせによるサル運動野の神経連絡の解析
大石高生,肥後範行,山下晶子,松田圭司,林基治
第76回日本生理学会大会 (1999年3月、長崎). 第76回日本生理学会大会予稿集 p. 299.      1999年   [査読有り]
Non- radiactive in situ hybridaization study of GAP-43 and SCG10 mRNA in the cerebral cortex of the macaque monkey.
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K. & Hayashi M.
The 21st Annual Meeting of Japan Neuroscience Society (Sept. 1998, Tokyo). Neuroscience Reasearch Supplement 22: S274.      1998年9月   [査読有り]
Non-radioactive in situ hybridization study of GAP-43 and SCG-10 in the hippocampus, subiculum and entorhinal cortex of the macaque monkey (Macaca fuscata).
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K., & Hayashi M.
Soc. Neurosci. (Oct., 1997, New Orleans, USA). Abstr. 23: 2102.      1997年10月   [査読有り]
Distribution of GAP-43 and SCG10 mRNA in the monkey hippocampal formation.
Higo N., Oishi T., Yamashita A., Matsuda K., & Hayashi M.
Neurosci. Res. Suppl. 21: S169.      1997年   [査読有り]

書籍等出版物

 
脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識
大石高生 (担当:分担執筆, 範囲:局在論と全体論。p.46-47)
文光堂   2015年10月   
Too old for her age
Takao Oishi (担当:共著, 範囲:Research Activities, Vol.4, No.4, p. 27)
Kyoto University   2015年3月   
Research into Japanese monkeys at the Primate Research Institute
Takao Oishi (担当:共著, 範囲:Research Activities, Vol.4, No.4, p. 22)
Kyoto University   2015年3月   
生物学データ大百科事典(上)
石原勝敏, 大石高生, 他全286名 (担当:共著)
pp.1459, 石原勝敏, 金井龍二, 河野重行, 能村哲郎 編, 朝倉書店, 東京   2002年   
記憶と情動の脳科学. (McGaugh, J. 著,Memory and Emotion: The Making of Lasting Memories )\n
大石高生, 久保田競 (担当:共訳)
pp.281, ブルーバックス,講談社, 東京.\n   2006年   
記憶と情動の脳科学
L.J. マッガウ著・久保田競・大石高生訳(共訳)
講談社   2006年4月   ISBN:4062575140
霊長類進化の科学
京都大学霊長類研究所(分担執筆)
京都大学学術出版会 (ISBN-10: 4876987238)   2007年6月   
第2版 カールソン神経科学テキスト脳と行動
大石高生, 泰羅雅登, 中村克樹 (担当:共訳)
丸善   2007年12月   ISBN:4621079131
新しい霊長類学 「サルの体に麻痺が起きても治りますか?」「脳内物質はサルとヒトとで同じですか?」
京都大学霊長類研究所(分担執筆)
講談社 ブルーバックスB1651 (ISBN-10: 4062576511)   2009年9月   
第3 版カールソン神経科学テキスト
中村克樹、泰羅雅登、大石高生他(共訳)
丸善出版 (ISBN-10: 4621082574)   2010年6月   
生き物たちのつづれ織り(下)pp.70-79「マカクの脳ためつすがめつ」
阿形清和・森哲監修(分担執筆)
京都大学学術出版会 (ISBN-10: 4876982430)   2012年8月   
MIT認知科学大事典
Robert A.Wilson ・Frank C.Keil 編・中島 秀之監訳・設楽宗孝・大石高生他訳(共訳)
共立出版株式会社 (ISBN-10: 4320094476)   2012年11月   

講演・口頭発表等

 
サルを用いた脳脊髄損傷からの運動機能回復の研究:  神経ネットワークの機能と構造の変化
大石高生
学校法人青丹学園関西学研医療福祉学院   2015年7月3日   
サルの脳、ヒトの脳
大石高生
くるるサイエンスカフェ   2016年4月26日   岐阜大学・十六銀行
霊長類を用いた脳機能研究:人との違いと共通点 [招待有り]
大石高生
第35回日本脳神経外科コングレス総会   2015年5月9日   日本脳神経外科コングレス
早老症のサル、シワコの話
大石高生
くるるサイエンスカフェ   2016年4月5日   岐阜大学・十六銀行
サルを用いた脳脊髄損傷からの運動機能回復の研究:  脳内ネットワークの変化
大石高生
学校法人西丹学園関西学研医療福祉学院   2014年7月4日   
変化する脳
大石高生
くるる情報大学, 岐阜市(2012/11/7)   2012年11月7日   岐阜大学・十六銀行
サルモデルを用いた脳脊髄損傷からの運動機能回復の研究
大石高生
青丹学園関西学研医療福祉学院看護学科. 奈良   2011年7月   
脳を活かす
大石高生
犬山市民大学講座 犬山(2010/07/10)   2010年7月10日   
供給の流れとガイドライン
大石高生
国立大学動物実験施設協議会サテライトミーティング「研究用ニホンザルの飼育下繁殖・供給事業について」 (2004年6月, 犬山)   2004年6月   
脳を生かした暮らし
大石高生
扶桑市民講座   2010年12月11日   扶桑町役場

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年