石川 登

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/25 03:02
 
アバター
研究者氏名
石川 登
所属
京都大学

論文

 
"ethnography and Theory-Highland Burma and Anthropologies 1954-1982"
石川 登
Japanese Ethnology,57/1,40-53      1992年
「民族誌と理論-高地ビルマをめぐる人類学小史1954-1982」
石川 登
民族学研究,57/1,40-53      1992年
"Peasants with Round Trip Tickets : Circulars Labor Migration and the Forefrant of Community Studies"
石川 登
Japanese Ethnology,58/1,53-72      1993年
「農民と往復切符-循環的労働移動とコミュニティ研究の前線」
石川 登
民族学研究,58/1,53-72      1993年
Rubber Booms and Peasants on the Border : a case from Western Borneo
石川 登
The Japanese Journal of Ethnology,61/4,586-615      1997年

Misc

 
Between Frontiers : the Formation and Marginalization of a Bordenalnd Malay Community in Southwestern Sarawak, Malaysia, 18705-19905, ph. D. thesis, City University of NewYork
石川 登
Michigan University Microfilm Inc,      1998年

書籍等出版物

 
「民族の語り方:サラワク・マレー人とは誰か」
石川 登
岩波講座文化人類学第5巻『民族の生成と論理』,   1997年   
「空間の履歴-サラワク南西部国境地帯における国家領域の生成」
石川 登
『地域形成の論理』京都大学学術出版会,   2000年