論文

査読有り 筆頭著者 責任著者 国際誌
2019年1月

レベチラセタムまたはカルバマゼピンで治療したてんかん小児における脂質および甲状腺ホルモン濃度:前向き観察研究【JST・京大機械翻訳】

Epilepsy & Behavior
  • Nishiyama Masahiro
  • ,
  • Takami Yuichi
  • ,
  • Ishida Yusuke
  • ,
  • Tomioka Kazumi
  • ,
  • Tanaka Tsukasa
  • ,
  • Nagase Hiroaki
  • ,
  • Nakagawa Taku
  • ,
  • Tokumoto Shoichi
  • ,
  • Yamaguchi Hiroshi
  • ,
  • Toyoshima Daisaku
  • ,
  • Maruyama Azusa
  • ,
  • Nozu Kandai
  • ,
  • Nishimura Noriyuki
  • ,
  • Iijima Kazumoto

90
開始ページ
15
終了ページ
19
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1016/j.yebeh.2018.11.003

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1016/j.yebeh.2018.11.003
PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30500483

エクスポート
BibTeX RIS