共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2016年3月

クロマチンリモデリング因子ARID1A発現消失の胃癌における意義の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 阿部 浩幸

課題番号
26860232
配分額
(総額)
3,900,000円
(直接経費)
3,000,000円
(間接経費)
900,000円

胃癌におけるクロマチンリモデリング遺伝子ARID1Aの発現消失の意義をサブタイプ(EBV関連胃癌、MSI-H胃癌、その他)に分けて解析した。EBV陰性でMSI-Hでない胃癌細胞株を用いたARID1Aノックダウンによる網羅的遺伝子発現解析により、細胞増殖や細胞周期に関わる遺伝子の発現が変化しやすいことが判明した。またMTT assayによりARID1Aノックダウンが細胞増殖を抑制することが確認された。またARID1Aノックダウンにより発現が上昇する遺伝子のうち一部をARID1Aと同時にノックダウンすると、感染効率が下がることが判明し、ARID1A発現低下がEBV関連胃癌の成立に重要と考えられた。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26860232/26860232seika.pdf