共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2017年3月

8K映像による国宝修復記録の無期限保存方法に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 馬場 一幸

課題番号
15K16662
配分額
(総額)
1,560,000円
(直接経費)
1,200,000円
(間接経費)
360,000円

超高精細デジタル映像データを長期間保存する際の問題点が明瞭になった。
デジタル映像はフィルム映像のように直接人の目で見て内容を知ることが出来ない。データの読み取り装置が必要なため、システム全体を保存する必要がある。機械的な耐久性には限界があるが、デジタルデータは無劣化でのコピーが可能である。よって、データの保存を検討する際には、将来のコピー作業を想定すべきである。ほとんどの場合、映像データのサイズは大きい。詳細を知らない将来の担当者であっても、効率的にコピー作業ができるために、分類、命名規則の統一、内容とフォーマットについての説明を添付することは重要である。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K16662/15K16662seika.pdf