五藤大輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/26 07:41
 
アバター
研究者氏名
五藤大輔
 
ゴトウ ダイスケ
eメール
goto.daisukenies.go.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80585068.ja.html
所属
国立研究開発法人国立環境研究所
職名
主任研究員
学位
博士(理学)(東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻)
科研費研究者番号
80585068
ORCID ID
0000-0003-2975-3738

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
国立研究開発法人国立環境研究所 地域環境研究センター 主任研究員
 
2012年
 - 
2016年
国立研究開発法人国立環境研究所 地域環境研究センター 研究員
 
2009年
 - 
2012年
東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
 

学歴

 
2004年
 - 
2009年
東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻  
 
2000年
 - 
2004年
京都大学理学部  
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本気象学会  SOLA編集委員
 
2015年
 - 
現在
大気環境学会  都市大気環境モデリング分科会幹事
 
2014年
 - 
現在
気象庁観測部  静止衛星データ利用技術懇談会•ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員
 
2014年
 - 
現在
茨城県科学技術振興財団  つくばサイエンスアカデミー会誌編集委員
 

受賞

 
2019年5月
日本地球惑星科学連合 The Most Cited Paper Award 2018 Model depiction of the atmospheric flows of radioactive cesium emitted from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident
受賞者: 中島映至,三澤翔大,森野悠,鶴田治雄,五藤大輔,打田純也,竹村俊彦,大原利眞,大浦泰嗣,海老原充,佐藤正樹
 
2019年5月
日本地球惑星科学連合 The Most Downloaded Paper Award 2019 Model depiction of the atmospheric flows of radioactive cesium emitted from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident
受賞者: 中島映至,三澤翔大,森野悠,鶴田治雄,五藤大輔,打田純也,竹村俊彦,大原利眞,大浦泰嗣,海老原充,佐藤正樹
 
2018年5月
日本地球惑星科学連合 The Most Cited Paper Award 2017 The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: description and development
受賞者: 佐藤正樹,富田浩文,八代尚,三浦裕亮,小玉知央,清木達也,野田暁,山田洋平,五藤大輔,沢田雅洋,三好建正,丹羽洋介,原政之,大野知紀,伊賀晋一, 荒川隆,井上孝洋,久保川陽呂鎮
 
2018年5月
日本地球惑星科学連合 The Most Accessed Paper Award 2016 The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: description and development
受賞者: 佐藤正樹,富田浩文,八代尚,三浦裕亮,小玉知央,清木達也,野田暁,山田洋平,五藤大輔,沢田雅洋,三好建正,丹羽洋介,原政之,大野知紀,伊賀晋一, 荒川隆,井上孝洋,久保川陽呂鎮
 
2015年10月
一般財団法人高度情報科学技術研究機構 平成26年度HPCIシステム利用研究課題優秀成果賞 全球規模大気環境汚染に関わる統合環境モデリング
受賞者: 代表:中島映至
 

論文

 
Cheng Y., Dai T., Goto D., Schutgens N.A.J., Shi G., Nakajima T.
Atmospheric Chemistry and Physics   19 13345-13467   2019年11月   [査読有り]
Daisuke Goto, Yu Morino, Toshimasa Ohara, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Junya Uchida, and Teruyuki Nakajima
Atmos. Chem. Phys. Discuss.      2019年10月   [査読有り]
Dai T., Cheng Y., Goto D., Schutgens N.A.J., Kikuchi M., Yoshida M., Shi G., Nakajima T.
Atmosphere   10 543   2019年9月   [査読有り]
Tie Dai, Yueming Cheng, Kentaroh Suzuki, Daisuke Goto, Maki Kikuchi, Nick A. J. Schutgens, Mayumi Yoshida, Peng Zhang, Letu Husi, Guangyu Shi, Teruyuki Nakajima
Journal of Advances in Modeling Earth Systems      2019年3月   [査読有り]
Daisuke Goto, Maki Kikuchi, Kentaroh Suzuki, Masamitsu Hayasaki, Mayumi Yoshida, Takashi M. Nagao, Myungje Choi, Jhoon Kim, Nobuo Sugimoto, Atsushi Shimizu, Eiji Oikawa, Teruyuki Nakajima
Atmospheric Research   217 93-113   2019年3月   [査読有り]
Yousuke Sato, Masayuki Takigawa, Tsuyoshi Thomas Sekiyama, Mizuo Kajino, Hiroaki Terada, Haruyasu Nagai, Hiroaki Kondo, Junya Uchida, Daisuke Goto, Denis Quélo, Anne Mathieu, Arnaud Quérel, Sheng Fang, Yu Morino, Pontus von Schoenberg, Håkan Grahn, Niklas Brännström, Shigekazu Hirao, Haruo Tsuruta, Hiromi Yamazawa, and Teruyuki Nakajima
Journal of Geophysical Research: Atmospheres   123(20) 11,748   2018年10月   [査読有り]
Dai T., Cheng Y., Zhang P., Shi G., Sekiguchi M., Suzuki K., Goto D., Nakajima T.
Atmospheric Environment, 190, 99-115, doi:10.1016/j.atmosenv.2018.07.016   190 99-115   2018年   [査読有り]
Goto D., Nakajima T., Dai T., Yashiro H., Sato Y., Suzuki K., Uchida J., Misawa S., Yonemoto R., Trieu T.T.N., Tomita H., Satoh M.
Vadrevu K., Ohara T., Justice C. (eds) Land-Atmospheric Research Applications in South and Southeast Asia. Springer Remote Sensing/Photogrammetry. Springer, Cham   277-302   2018年3月   [査読有り]
Sato Y., Goto D., Michibata T., Suzuki K., Takemura T., Tomita H., Nakajima T.
Nature Communications   9(1) 985   2018年3月   [査読有り]
Goto D., Schutgens N.A.J., Oikawa E., Takemura T., Nakajima T.
CGER's SUPERCOMPUTER MONOGRAPH REPORT   23 1-117   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Environmental Contamination from the Fukushima Nuclear Disaster
Nakajima T., Ohara T., Uematsu M., Onda Y. (eds) (担当:共著, 範囲:3.7. Atmospheric Radionuclides Concentrations Just After the Fukushima Accident)
Cambridge University Press   2019年8月   ISBN:978-1-108-47580-8

講演・口頭発表等

 
全球高解像度エアロゾルシミュレーションを対象としたモデル解像度の影響評価
五藤大輔
日本気象学会2019年度秋季大会   2019年10月31日   
Application of a multi-model ensemble method for PM2.5 estimation
Goto D., Sugata S., Dai T., Cheng Y., Nakajima T.
16th Annual Meeting: Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)   2019年8月1日   
Global aerosol simulation with 14 km grid spacing
五藤大輔
5th International SKYNET workshop 2019   2019年2月   
Global aerosol budget and its radiative forcing using a non-hydrostatic global atmospheric transport model with 14 km grid spacing
五藤大輔
2018 American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting   2018年12月   
全球高解像度シミュレーションによるエアロゾル物質収支と放射強制力
五藤大輔
日本気象学会2018年度秋季大会   2018年10月31日   
Global aerosol climatology with 14 km grid spacing using a non-hydrostatic atmospheric transport model
Goto D., Sato Y., Yashiro H., Suzuki K., Nakajima T.
2018 International Global Atmospheric Chemistry (IGAC) Science Conference   2018年9月24日   
Understanding of Atmospheric Aerosol Behavior Using a Semi-Regional Model, a Geostationary Satellite and in Situ Measurements over Japan in May 2016
Goto D., Kikuchi M., Suzuki K., Hayasaki M., Yoshida M., Nagao T., Sugimoto N., Shimizu A., Nakajima T.
15th Annual Meeting: Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)   2018年6月   
Analysis of aerosol transport to Japan by combining seamless regional model and multiple observations including geostationary satellite: A case study of May 2016
Goto D.
Land Cover/Land Use Changes (LC/LUC) and Impacts on Environment in South/Southeast Asia _International Regional Science Meeting   2018年5月   
Understanding the transboundary air pollution to Japan using a semi-regional model, geostationary satellites and in situ measurements: A case study of May 2016
Goto D.
Workshop at Lanzhou University   2018年4月   
Significance of transboundary air pollution to Japan during May 2016 _ a study using a semi-regional model, a geostationary satellite and in situ measurements
Goto D.
Seminar at State Key Laboratory of Numerical Modeling for Atmospheric Sciences and Geophysical Fluid Dynamics (LASG), Institute of Atmospheric Physics (IAP), Chinese Academy of Sciences (CAS)   2018年1月   

競争的資金等の研究課題

 
階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究S)
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月    代表者: 竹村俊彦
SGLI等によるエアロゾルデータ同化を活用した大気汚染予測システムの構築
宇宙航空研究開発機構: RA研究
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 五藤大輔
原子力事故データの総合解析による事故時の有害物質大気中動態評価法の高度化(1-1802)
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山澤弘美
空間シームレスな大気汚染物質輸送モデルによるPM2.5の二次生成成分の精緻化
文部科学省: 学術研究助成基金助成金(若手研究A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 五藤大輔
次世代型大気汚染予測システムに向けたプロトタイプの開発
国立環境研究所: 所内公募型研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 五藤大輔
JAXA Supercomputer System Generation 2 でのエアロゾル輸送シミュレーションシステムの改良
宇宙航空研究開発機構: 受託研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 五藤大輔
SGLIを用いた大気エアロゾルのリモートセンシングアルゴリズムと同化システムの開発
宇宙航空研究開発機構: RA研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 関口美保
SLCPの環境影響評価と削減パスによる気候変動対策の推進(S−12)
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 中島映至
原発事故により放出された大気中微粒子等のばく露評価とリスク評価のための学術研究(5-1501)
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 森口祐一
全球-領域ハイブリッド型物質輸送モデルを用いたPM2.5シミュレーション高精度化
文部科学省: 学術研究助成基金助成金(若手研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 五藤大輔