講演・口頭発表等

2016年

災害時における情報の統合と発信:防災科研クライシスレスポンスWebサイトの取り組み

日本地理学会発表要旨集
  • 内山 庄一郎
  • ,
  • 堀田 弥生
  • ,
  • 折中 新
  • ,
  • 半田 信之
  • ,
  • 田口 仁
  • ,
  • 鈴木 比奈子
  • ,
  • 臼田 裕一郎

クライシスレスポンスWebサイトの目指すところは、自然災害発生時における、あらゆる災害情報の自動アーカイブと、これらのオンデマンドな災害情報・災害資料の提供である。しかしながら、技術的にも著作権的にも多数の課題があることは自明である。そこで、現在は多様で広範、かつ動きの早い災害情報のアーカイブに関する実証実験として実施している。具体的には、1)迅速対応の実践として、災害発生後ゼロ日以内に第一報を提供すること。また発災からしばらくの期間、継続的に更新を行うこと、2)情報の整理として、災害発生直後から泡のように現れては消えてゆく災害情報の検索と整理を行い、3)情報の提供として、それら災害情報への簡便な一元的アクセスの提供を目指している。並行して4)これらをドライブするシステム開発を推進している。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007018043
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000392047046