林 紀行

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 22:01
 
アバター
研究者氏名
林 紀行
URL
https://www.facebook.com/nhayashi1
所属
ほうせんか病院
部署
緩和ケア病棟
職名
医員
学位
博士(医学)(大阪大学大学院)

プロフィール

高齢者デイサービスにおける認知機能改善を目指した認知トレーニングと創作活動のRCT、外傷後後遺障害に対する統合医療的アプローチ、治療抵抗性疼痛に対する統合医療的アプローチといった臨床試験を大阪大学精神科教室、統合医療学講座にてコーディネートしてきました。
現在はライフワークとして研究しているマインドフルネスを生かすべく、緩和ケアの現場で経験を積んでおります。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
2017年3月
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 特任助教
 
2015年1月
 - 
2016年5月
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 寄附講座助教
 
2011年4月
 - 
2014年12月
大阪大学大学院医学系研究科 生体機能補完医学寄附講座 寄附講座助教
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2011年3月
大阪大学 大学院医学系研究科 内科学専攻
 
1995年4月
 - 
2001年3月
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2012年7月
 - 
現在
エビデンスに基づく統合医療研究会  評議員
 

受賞

 
2013年12月
日本統合医療学会 学術論文賞 大規模災害の後遺障害に対する統合医療的アプローチ
 
2010年10月
日本生物学的精神医学会 Asian Biological Psychiatric Symposium Award Identification of a gene which controls Aβ accumulation using APP Tg mice with mixed genetic background
 

論文

 
Yamaguchi-Kabata Y, Morihara T, Ohara T, Ninomiya T, Takahashi A, Akatsu H, Hashizume Y, Hayashi N, Shigemizu D, Boroevich KA, Ikeda M, Kubo M, Takeda M, Tsunoda T
Human genetics      2018年7月   [査読有り]
Tsujimoto T, Yamamoto Y, Wasa M, Takenaka Y, Nakahara S, Takagi T, Tsugane M, Hayashi N, Maeda K, Inohara H, Uejima E, Ito T
Oncology reports   33(1) 33-39   2015年1月   [査読有り]
Morihara T, Hayashi N, Yokokoji M, Akatsu H, Silverman MA, Kimura N, Sato M, Saito Y, Suzuki T, Yanagida K, Kodama TS, Tanaka T, Okochi M, Tagami S, Kazui H, Kudo T, Hashimoto R, Itoh N, Nishitomi K, Yamaguchi-Kabata Y, Tsunoda T, Takamura H, Katayama T, Kimura R, Kamino K, Hashizume Y, Takeda M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(7) 2638-2643   2014年2月   [査読有り]
A double-blind, randomized, placebo-controlled trial of I-glutamine for the severe oral mucositis induced by chemoradiotherapy in patients with locally advanced head and neck cancer.
Tsujimoto Takae, Yamamoto Yoshifumi, Wasa Masafumi, Takenaka Yukinori, Nakahara Wataru, Takagi Tatsuya, Tsugane Mamiko, Hayashi Noriyuki, Maeda Kazuhisa, Inohara Hidenori, Uejima Etsuko, Ito Toshinori
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(15)    2014年5月   [査読有り]
Taniguchi T, Hirai K, Sumi R, Hayashi N, Maeda K, Ito T
Health psychology and behavioral medicine   2(1) 283-295   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
林紀行
ストレス科学   32(2) 156   2017年10月
林紀行, 柴田政彦
Pain Research   32(2) 158-158   2017年6月
ストレスマネジメントに生かす座禅とマインドフルネス瞑想 ストレスマネジメントに生かすマインドフルネス
林 紀行
ストレス科学   32(2) 156-156   2017年10月
林紀行, 林紀行
精神科治療学   32(5) 585‐590-590   2017年5月
マインドフルネスを医療分野から語るうえで外せないのがエビデンスである。今回主に取り扱ったのはRCTのメタアナリシスと呼ばれる、最も客観性の高いエビデンスである。体重の減量に対するマインドフルネスに基づく介入(MBI)においては、減量には明らかな効果を認めなかったが評価までの期間が短かった可能性がある。また過食行動に大きな効果を認めた。脳卒中や頭部外傷、多発性硬化症による疲労に対するMBIは、中等度の効果を示した。再発性うつ病に対するMBIの再発予防では抗うつ薬に対しても優位性を示した。オン...
田口敬太, 田口敬太, 石崎直人, 蘆原恵子, 蘆原恵子, 伊藤和憲, 伊藤和憲, 福田文彦, 下村伊一郎, 林紀行, 前田和久, 伊藤壽記
糖尿病(Web)   60(7) 489‐497(J‐STAGE)-497   2017年7月
糖尿病性神経障害を有する患者に対する鍼治療の効果について検討した。治療は、1週間に1回の頻度で合計7回の鍼治療を行った。初回は置鍼のみとし、2診目からは低周波鍼通電治療を15分間行った。治療部位は下腿に位置する経穴、陽陵泉(GB34)-太衝(LV3)、陰陵泉(SP9)-太渓(KI3)の計4ヶ所とし、左右に行った。1診目のしびれの平均VASは46.4mm(95%CI;36.7-56.1mm)、8診目のしびれの平均VASは24.7mm(95%CI;14.5-34.9mm)であった。鍼治療前後で...

書籍等出版物

 
鎌田東二, 永沢哲, 齋木潤, 藤野正寛, 乾敏郎, 林紀行, 井上ウィマラ, 河合俊雄, 長谷川千紘, 棚次正和, 加藤雅裕, 安本義正, 内田樹, 町田宗鳳 (担当:共著)
サンガ   2017年10月   ISBN:4865640924
中外医学社   2012年5月   ISBN:4498129407
医薬ジャーナル社   2007年4月   ISBN:4753222373
医薬ジャーナル社   2006年11月   ISBN:4753222225

講演・口頭発表等

 
The Effect of Cognitive training on Elderly Japanese by ADAS from Single-blind Multi-center RCT [招待有り]
林 紀行
韓国老年精神医学会   2010年11月19日   
Identification of a gene which controls Aβ accumulation using APP Tg mice with mixed genetic background [招待有り]
林 紀行
第32回日本生物学的精神医学会 Asian Biological Psychiatric Symposium in小倉   2010年10月9日   
The Effect of Cognitive training on Elderly Japanese by ADAS from Single-blind Multi-center RCT [招待有り]
林 紀行
第13回国際アルツハイマー学会   2010年7月9日   

担当経験のある科目