村島 義彦

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/12 11:28
 
アバター
研究者氏名
村島 義彦
 
ムラシマ ヨシヒコ
学位
文学修士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
立命館大学 文学部 人文総合科学インスティテュート 文学部 人文総合科学インスティテュート 教授
 
1975年
 - 
1979年
:岡山理科大学講師
 
1979年
 - 
1989年
:岡山理科大学助教授
 
1989年
 - 
1999年
:岡山理科大学教授
 
1999年
 - 
2001年
:大阪学院大学(国際学部)教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
大阪大学 文学研究科 教育学専攻
 
 
 - 
1969年
大阪大学 文学部 教育学科
 

委員歴

 
2002年4月
 - 
2003年3月
入試担当主事   (2002年4月~2003年3月)
 
2003年4月
 - 
2004年3月
教職課程主任   (2003年4月~2004年3月)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
教職支援センター長(2003年4月~2005年3月)
 
2005年4月
 - 
2006年3月
入試担当主事   (2005年4月~2006年3月)
 

Misc

 
国際化
村島義彦
立命館文学   (618) 68-78   2010年
労凱声・山崎高哉共編『日中教育学対話Ⅰ -- 教育学研究と教育改革の現状と課題 -- 』
村島義彦
関西教育学会研究紀要   (10) 53-55   2010年
いわゆる「バーネット=テイラー説」について -- J.バーネット『プラトン哲学』をコメントして --
村島義彦
立命館文学   (613) 1-5   2009年
ソクラテス(その3)
W.JAEGER『PAIDEIA』
立命館文学   (614) 151-170   2009年
ソクラテス(その4)
村島義彦
立命館文学   (616) 1-17   2009年

書籍等出版物

 
ダイアローグによる日常性の教育学
高菅出版   2009年   ISBN:978-4-901793-41-4
人間における愛現象の分析
高菅出版『愛の人間学』   2007年   
道徳、正義
ミネルヴァ書房『教育学の根本問題』   2006年   ISBN:4-623-04749-0
i行としての休
高菅出版『行の人間学』   2005年   ISBN:4-901793-16-0
老いと死の人間学
高菅出版『教育人間学の挑戦』   2003年   ISBN:4-901793-07-1

講演・口頭発表等

 
死をどのようにイメージするか(その2)--「生への眺め直し」に焦点づけて --
日本仏教教育学会・第19回学術大会   2010年   
死をどのようにイメージするか―宗教教育が抱える問題点への具体的対応―
日本仏教教育学会・第16回学術大会   2007年   
ソクラテスの「測り難さ」をめぐって
教育哲学会・第29回大会   2007年   
「総合演習」の中身をどう特定するか
大学教育学会・第26回大会   2004年   
「公」と「共」における離・接の構造
教育哲学会・第45回大会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
公私問題―「公」と「共」と「私」をめぐって―
いじめ問題―そこから何を学ぶべきか―
プラトンの教育思想の研究
トランスパーソナル心理学の知見を生涯教育・道徳教育・宗教教育に活用する