吉永 治美

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/08 03:10
 
アバター
研究者氏名
吉永 治美
 
ヨシナガ ハルミ
所属
岡山大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 岡山大学医歯薬学総合研究科
職名
准教授
学位
医学博士(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
岡山大学 医学研究科 内科系脳代謝医学
 
 
 - 
1985年
岡山大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年
   
 
- 日本てんかん学会男女共同参画委員会 委員長(2013-)
 
2013年
   
 
- 日本てんかん学会てんかん研究編集委員会 委員(2013-)
 
2013年
   
 
日本小児科学会  代議員
 
2005年
   
 
日本てんかん学会  理事
 
1996年
   
 
日本臨床神経生理学会  評議員
 

受賞

 
1990年
第1回国際脳電磁図トポグラフィー学会会長賞
 
1997年
新見賞
 
1997年
てんかん研究褒賞
 
2007年
山内逸郎記念賞
 

Misc

 
脳波等電位図法による小児脳波の発達に関する研究
脳波筋電図   12(4) 248-260   1984年
脳波分析とその臨床応用(共著)
小児科Mook,増刊No.2,小児脳波と誘発電位の臨床   76-90    1990年
新しい分析法による小児脳波の発達(共著)
小児医学   20(5) 868-887   1990年
Dipole tracing in childhood epilepsy with special reference to Rolandic epilepsy(共著)
Brain topography   4(3) 193-199   1992年
Investigation on epileptic spikes by dipole tracing method(共著)
The Japanese journal of psychiatry and neurology   46(2) 478-479   1992年

書籍等出版物

 
EEG topography in febrile convulsions(共著)
Clinical topographic electroencephalography and evoked potential   1986年   
EEG Topographic Study of Lennox-Gast aut Syndrome(共著)
EEG Topography 1989   1989年   
Topograhic electroencephalographic study of febrile convulsion : application of significance probability mapping(共著)
EEG Topography 1986   1990年   
Epilepsies in childhood
1990年   
小児期のてんかん(共著)
精神科Mook No.25乳幼児の精神健康   1990年   

講演・口頭発表等

 
小児てんかんの診療と基礎
第 41 回日本小児神経学会Satellite Meeting   1999年   
Isolation of epileptiform discharges from unaveraged EEG by independent component analysis
11th International Congress of EMG and Clinical Neurophysiology   1999年   
Epilepsy with subcontinuous spike-waves during sleep and focal cortical dysplasia
23rd International Epilepsy Congress   1999年   
てんかん診療における双極子追跡法の応用
岡山・香川てんかんフォーラム   1999年   
複雑部分発作の発作時脳波の有用性と限界
第34回日本てんかん学会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
小児てんかんの病態生理ならびに治療に関する研究
双極子追跡法による脳機能の解析に関する研究
脳波トポグラフィーによるてんかん焦点の局在ならびに性質に関する研究
乳児期早期にみられるてんかん発射の研究