安梅 勅江

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 02:50
 
アバター
研究者氏名
安梅 勅江
 
アンメ トキエ
eメール
anmetmd.tsukuba.ac.jp
URL
http://plaza.umin.ac.jp/~empower/anme/
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1989年8月
日本学術振興会 特別研究員
 
1989年8月
 - 
2001年3月
厚生労働省 国立身体障害者リハビリテーション研究所
 
1992年4月
 - 
1993年3月
米国社会サービス研究所 客員研究員
 
1993年4月
 - 
2000年3月
厚生労働省 併任
 
1995年4月
 - 
2008年3月
東京大学 医学部 講師 併任
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1984年3月
東京大学 医学部 保健学科
 
1986年4月
 - 
1989年3月
東京大学 医学系研究科 保健学専攻
 

委員歴

 
2012年
   
 
国際保健福祉学会  会長
 
2011年
   
 
日本保健福祉学会  会長
 
2014年3月
 - 
2020年3月
科学技術振興機構社会技術開発センター評価委員会  評価委員
 
2018年4月
 - 
2021年3月
公益財団法人 生存科学研究所  理事
 
2012年5月
 - 
2013年3月
科学技術振興機構  研究開発戦略センター 脳神経分野俯瞰委員
 

受賞

 
2017年11月
日本公衆衛生学会 最優秀発表賞
 
2014年11月
日本公衆衛生学会 最優秀発表賞
受賞者: 田中笑子;冨崎悦子;渡辺多恵子;望月 由妃子;徳竹健太郎;呉柏良;篠原亮次;杉澤悠圭;矢藤優子;山川紀子;山縣然太郎;安梅勅江
 
2014年10月
日本保健福祉学会 最優秀論文賞
受賞者: 松本美佐子;田中笑子、篠原亮次;渡辺多恵子;冨崎悦子;望月由妃子;杉澤悠圭;酒井初恵;安梅勅江
 
2014年10月
日本保健福祉学会 最優秀発表賞
 
2009年10月
日本教育心理学会 優秀論文賞
 
就学前児の社会的スキル-コホート研究による因子構造の安定性と予測的妥当性の検討-

論文

 
Factors influencing Indonesian male partners’ support in the postpartum period
Anme,Tokie
Makara Journal of Health Research   82-89   2019年8月   [査読有り]
Etsuko, Tomisaki;Emiko, Tanaka;Taeko, Watanabe;Ryoji, Shinohara;Maki, Hirano;Yoko, Onda;Yukiko, Mochzuki;Yuko, Yato;Noriko, Yamakawa;安梅, 勅江
Child and Adolescent Psychiatry and Mental Health (IF2.080)   5(3) 52-57   2018年12月   [査読有り]
BackgroundMany reports argue that sleep is important for children's health, learning, and academic performance. The purpose of this longitudinal study was to examine the association between sleep and the development of social competence in infants...
加藤, 慶子;田中, 笑子;渡邊, 久実;渡辺, 多恵子;冨崎, 悦子;安梅, 勅江
保健福祉学会誌   24(1) 13-21   2017年   [査読有り]
<p>目的:養育者の生活リズムの乱れが子どもの睡眠を不規則にし、子どもの成長発達に影響するとした報告が多数ある。一方、子どもの睡眠不規則と、養育者のストレスの関連が指摘されている。そこで本研究では、就学前児の睡眠リズムと就労する養育者のストレスとの関連を明らかにすることを目的とした。</p><p>方法:全国の認可保育所21箇所を利用する養育者に、2014年4月~2015年3月に質問紙調査を実施した。5〜6歳児をもつ養育者593人のうち404人から回答を得た。就労する養育者のストレスを目的変...
ライフコースアプローチによる思春期のwell-being実現に向けた要因解明
渡辺久実;田中笑子;安梅, 勅江
発達研究   (31) 215-220   2017年   [査読有り]
コミュニティエンパワメントの効果検証ー26年に及ぶコホート成果からー
渡辺久実;奥村理加;安梅, 勅江
地域保健   48(5) 26-30   2017年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
工作舎
安梅,勅江 (担当:分担執筆, 範囲:WEBを活用した園児総合支援システムの実装)
2019年7月   
朝日新聞
安梅,勅江 (担当:分担執筆, 範囲:「たたかない、怒鳴らない」しつけ、犬山紙子さんらと考えた 体罰NOのカギは…(育児不安、相談できる仕組みを ))
2019年5月   
子どもの未来をひらく エンパワメント科学
安梅,勅江
日本評論社   2019年5月   ISBN:9784535984745
全国夜間保育園連盟 広報誌
安梅,勅江 (担当:分担執筆, 範囲:子どもの今、そして未来を育む「質の高い保育」18年間追跡調査の根拠)
2019年3月   
Nova Science Publications
Anme,Tokie (担当:分担執筆, 範囲:Creating Empowerment in Commnities)
2019年1月   

講演・口頭発表等

 
Change Differences between Favorable and Unfavorable Eating Habits in Japanese Adults and Elderly over 15 Years
Boutefnouchet, Sana;Watanabe, Kumi;Tanaka, Emiko;Atsuzawa, Hiromi;Ajma, Ammara;Matsumoto, Munenori;Jiao, DanDan;Sato, Otorirei;Onda, Yoko;Chen, Panpan;Tao, Xiaoyue;Cui, Xiao;Chen, Xiaoyu;Li, Xiang;Anme, Tokie
TSGW   2019年10月3日   
The effect of social interaction on Japanese elderly with depressive tendency
Xiao, Cui;Emiko, Tanaka;Kumi, Watanabe;Hiromi, Atsuzawa;DanDan, Jiao;Xiaoyu, Chen;安梅, 勅江
TSGW   2019年10月3日   
The influence of sleep conditions on health-related quality of life among Japanese adolescents three years later
Chen, Xiaoyu;Tanaka, Emiko;Watanabe, Kumi;Atsuzawa, Hiromi;Ajmal, Ammara;Matsumoto, Munenori;Jiao, DanDan;Sato, Otorirei;Onda, Yoko;Chen, Panpan;Tao, Xiaoyue;Cui, Xiao;Boutefnouchet, Sana;Li, Xiang;Anme, Tokie
TSGW   2019年10月3日   
Longitudinal Relationship between eating habits in pre-school children and social-emotional development six years later
Ajma, Ammara;Tanaka, Emiko;Watanabe, Kumi;Atsuzawa, Hiromi;Onda, Yoko;Jiao, DanDan;Matsumoto, Munenori;Sato, Otorirei;Cui, Xiao;Chen, Pan pan;Tao, Xiaoyue;Boutefnouchet, Sana;Chen, Xiaoyu;Xiang Li;Anme, Tokie
TSGW   2019年10月3日   
The relationship between social interaction and health-related quality of life among middle school students in China
Tao, Xiao yue;Tanaka, Emiko;Chen, Panpan;Watanabe, Kumi;Anme, Tokie
TSGW   2019年10月3日   

競争的資金等の研究課題

 
子どもー環境相互作用に注目した社会的養護の基礎的・実践的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 森 茂起
20年間追跡調査に基づく虐待予防および悪化防止機序の解明と支援モデル開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 安梅勅江
地域ケアと保健福祉サービスに関する国際比較研究
国際共同研究
研究期間: 1991年4月   
ヘルスプロモーションと地域エンパワメント研究
国際共同研究
研究期間: 1991年4月   
生涯発達への生活環境の影響研究
国際共同研究
研究期間: 1991年4月