SUMIYAMA Kazuki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 11, 2019 at 10:27
 
Avatar
Name
SUMIYAMA Kazuki
URL
http://www.jikei-endoscopy.com/
Affiliation
Jikei University
Section
Faculty of Medicine
Job title
Professor
Degree
M.D., Ph.D.(Jikei University), FASGE(American Society for Gastrointestinal Endoscopy)

Profile

Mar. 1998 Graduated from The Jikei University School of Medicine
May 1998 Passed the 92nd National Medical Practitioners Qualifying Examination
May 1998 Began residency in the Department of Endoscopy as a junior resident at Jikei University Hospital
Mar. 2000 Completed junior residency
Apr. 2000 Entered the PhD Course in Medical Research, The Jikei University School of Medicine Graduate School
Nov. 2003 Graduated from PhD course and awarded PhD degree (Doctor of
Medicine)
Dec. 2003 Research associate, Department of Endoscopy, The Jikei University School of Medicine Graduate School and Clinical Staff Member, Department of Endoscopy, Jikei University Hospital
Apr. 2005 Postdoctoral Research Fellow and Advanced
Endoscopy Fellow at the Division of Gastroenterology and Hepatology, Mayo Clinic College of Medicine Developmental Endoscopy Unit (US)
Mar. 2007 Completed sabbatical research program
Apr. 2007 Clinical Staff Member, Department of Endoscopy, Jikei University Aoto Hospital
Apr. 2009 Clinical Staff Member, Department of Endoscopy, Jikei University Hospital
Dec. 2012 Instructor, Department of Endoscopy, The Jikei University School of Medicine
Jan. 2013 Clinical chief, Division of Endoscopy, Jikei University Hospital
Apr. 2015 Director, Division of Endoscopy, Jikei University Hospital, Chairman and Professor, Department of Endoscopy, Jikei University School of Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2004
Graduate School, Division of Medicine, Jikei University
 
 
 - 
1998
Faculty of Medicine, Jikei University
 

Awards & Honors

 
2006
Top Reviewer Award, the American Society of Gastrointestinal Endoscopy
 
2002
World congress of the international hepato-pancreato-biliary association. Young Invesitigator Aword.
 
2001
Aword of the Japanese College of Surgeons
 
2003
Ando Memorial Award 2003
 
2005
Uehara Memorial Foundation Postdoctoral Fellowship
 

Published Papers

 
Furuhashi H, Ohya TR, Matsui H, Sumiyama K
VideoGIE : an official video journal of the American Society for Gastrointestinal Endoscopy   4(5) 197-199   May 2019   [Refereed]
Sharma S, Momose K, Hara H, East J, Sumiyama K, Nakajima K, Silberhumer G, Milsom J
Surgical endoscopy   33(3) 992   Mar 2019   [Refereed]
Ge PS, Jirapinyo P, Ohya TR, Tamai N, Sumiyama K, Thompson CC, Aihara H
Surgical endoscopy      Feb 2019   [Refereed]
Hara Y, Goda K, Dobashi A, Ohya TR, Kato M, Sumiyama K, Mitsuishi T, Hirooka S, Ikegami M, Tajiri H
World journal of gastroenterology   25(6) 707-718   Feb 2019   [Refereed]
Dobashi A, Goda K, Furuhashi H, Matsui H, Hara Y, Kamba S, Kobayashi M, Sumiyama K, Hirooka S, Hamatani S, Rajan E, Ikegami M, Tajiri H
Journal of gastroenterology      Nov 2018   [Refereed]
Tamai N, Aihara H, Kato M, Isshi K, Sumiyama K
Surgical endoscopy      Oct 2018   [Refereed]
An Appraisal of Current Guidelines for Managing Malignancy in Pancreatic Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm.
Takakura K, Torisu Y, Kinoshita Y, Tomita Y, Nakano M, Oikawa T, Tsukinaga S, Sumiyama K, Eibl G, Saruta M
JOP : Journal of the pancreas   19(4) 178-182   Jul 2018   [Refereed]
Sharma S, Momose K, Hara H, East J, Sumiyama K, Nakajima K, Silbehumer G, Milsom J
Surgical endoscopy      Jul 2018   [Refereed]
The detection and differential diagnosis for colorectal lesions during routine colonoscopy with an artificial intelligence assistance.
Kamba S, Horiuchi H, Wang G, Kutsuna N, Sumiyama K.
Gastrointestinal Endoscopy   87(6) AB247   Jun 2018   [Refereed]
Ono S, Yano F, Hoshino M, Mitsumori N, Sumiyama K
VideoGIE : an official video journal of the American Society for Gastrointestinal Endoscopy   3(1) 17-19   Jan 2018   [Refereed]
Kobayashi M, Sumiyama K, Shimojima N, Ieiri S, Okano H, Kamba S, Fujimura T, Hirobe S, Kuroda T, Takahashi-Fujigasaki J
Journal of gastroenterology and hepatology   32(9) 1604-1610   Sep 2017   [Refereed]
Saito Y, Sumiyama K, Chiu PW
Expert review of medical devices   14(8) 657-662   Aug 2017   [Refereed]
Tamai N, Saito Y, Sakamoto T, Nakajima T, Matsuda T, Sumiyama K, Tajiri H, Koyama R, Kido S
Endoscopy international open   5(8) E690-E694   Aug 2017   [Refereed]
Sumiyama K
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   20(3) 562   May 2017   [Refereed]
Chiba M, Imazu H, Kato M, Ikeda K, Arakawa H, Kato T, Sumiyama K, Homma S
Oncology reports   37(4) 1943-1952   Apr 2017   [Refereed]
Tamai N, Kamba S, Sumiyama K
Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   29 Suppl 2 66-67   Apr 2017   [Refereed]
Sumiyama K
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   20(Suppl 1) 20-27   Mar 2017   [Refereed]
Sumiyama Kazuki
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   20(1) S20-27   2017
Kobayashi Hiroko, Seki Nobuyoshi, Kato Masayuki, Hamatani Shigeharu, Abe Takahiro, Kawahara Yosuke, Sumiyama Kazuki
Prog. dig. Endosc   89(1) 134-135   Dec 2016
<p> A 67-year old man, who had been diagnosed with cavernous hemangioma of the rectum 2 years before, was admitted to our department presenting with continuous bloody stool. The conservative management approach that had been administered was unsuc...
Abe T, Kato M, Kohno S, Hamatani S, Kawahara Y, Isshi K, Matsuda K, Sumiyama K
Journal of medical case reports   10(1) 355   Dec 2016   [Refereed]
Niikura R, Nagata N, Doyama H, Ota R, Ishii N, Mabe K, Nishida T, Hikichi T, Sumiyama K, Nishikawa J, Uraoka T, Kiyotoki S, Fujishiro M, Koike K
World journal of gastrointestinal endoscopy   8(20) 785-794   Dec 2016   [Refereed]
Dobashi A, Goda K, Yoshimura N, Ohya TR, Kato M, Sumiyama K, Matsushima M, Hirooka S, Ikegami M, Tajiri H
World journal of gastroenterology   22(41) 9196-9204   Nov 2016   [Refereed]
Hara H, Takahashi T, Nakatsuka R, Higashi S, Naka T, Sumiyama K, Miyazaki Y, Makino T, Kurokawa Y, Yamasaki M, Takiguchi S, Mori M, Doki Y, Nakajima K
Surgical endoscopy   30(8) 3437-3446   Aug 2016   [Refereed]
Kobayashi M, Neumann H, Hino S, Vieth M, Abe S, Nakai Y, Nakajima K, Kiesslich R, Hirooka S, Sumiyama K
Endoscopy   48(6) 521-529   Jun 2016   [Refereed]
Dobashi A, Sumiyama K, Gostout CJ
Gastrointestinal endoscopy   83(6) 1265-1266   Jun 2016   [Refereed]
Tamai N, Inomata H, Ide D, Dobashi A, Saito S, Sumiyama K
Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   28 Suppl 1 49-52   Apr 2016   [Refereed]
Goda K, Dobashi A, Yoshimura N, Aihara H, Kato M, Sumiyama K, Toyoizumi H, Kato T, Saijo H, Ikegami M, Tajiri H
Endoscopy   48(4) 321-329   Apr 2016   [Refereed]
Abe T, Kato M, Itagaki M, Hamatani S, Kawahara Y, Ito S, Aizawa Y, Matsuda K, Sumiyama K
Journal of medical case reports   10 74   Mar 2016   [Refereed]
Sorita A, Ziemer R, Hoshino Y, Sumiyama K, Newman JS
Mayo Clinic proceedings   91(1) e13-6   Jan 2016   [Refereed]
Dobashi A, Goda K, Sumiyama K, Kobayashi M, Ohya TR, Kato M, Toyoizumi H, Kato T, Matsushima M, Tajiri H
Surgical endoscopy   29(11) 3373-3381   Nov 2015   [Refereed]
Tsukinaga S, Kajihara M, Takakura K, Ito Z, Kanai T, Saito K, Takami S, Kobayashi H, Matsumoto Y, Odahara S, Uchiyama K, Arakawa H, Okamoto M, Sugiyama H, Sumiyama K, Ohkusa T, Koido S
World journal of gastroenterology   21(39) 11168-11178   Oct 2015   [Refereed]
Chiu PW, Phee SJ, Bhandari P, Sumiyama K, Ohya T, Wong J, Poon CC, Tajiri H, Nakajima K, Ho KY
Endoscopy international open   3(5) E439-42   Oct 2015   [Refereed]
Yamada T, Hirota M, Tsutsui S, Kato M, Takahashi T, Yasuda K, Sumiyama K, Tsujii M, Takehara T, Mori M, Doki Y, Nakajima K
Surgical endoscopy   29(9) 2748-2755   Sep 2015   [Refereed]
Kobayashi M, Sumiyama K, Ban Y, Dobashi A, Ohya TR, Aizawa D, Hirooka S, Nakajima K, Tajiri H
BMC gastroenterology   15 5   Jan 2015   [Refereed]
Kawahara Y, Sumiyama K, Tajiri H
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   24(6) 334-339   2015   [Refereed]
Goda K, Dobashi A, Yoshimura N, Kato M, Aihara H, Sumiyama K, Toyoizumi H, Kato T, Ikegami M, Tajiri H
Gastroenterology research and practice   2015 639462   2015   [Refereed]
共焦点内視鏡を用いた消化管神経叢の形態機能評価法の開発
炭山 和毅
上原記念生命科学財団研究報告集   28 1-5   Dec 2014
共焦点内視鏡を用いた消化管神経叢の形態機能評価法について検討した。これまで消化器内視鏡診断において臨床使用されてきた蛍光色素を用い、消化管筋層のCLEによる視覚化が粘膜下トンネル法、もしくは、漿膜法を用いることで実現可能であった。フルオロセインを用いた手技では、フルオロセイン静脈投与後15分から20分前後で、筋層が最も明瞭に観察されたが、胃内部位別にみても指摘観察機関に較差があり、臨床試験においても解割学的部位別に最適な観察時間を検討する必要があった。また、フルオロセインは筋線維束には直接...
Yasuda K, Kitano S, Ikeda K, Sumiyama K, Tajiri H
Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   24(5) e191-5   Oct 2014   [Refereed]
Sumiyama K, Toyoizumi H, Ohya TR, Dobashi A, Hino S, Kobayashi M, Goda K, Imazu H, Kawakita Y, Kato T, Tajiri H
Gastrointestinal endoscopy   79(5) 756-764   May 2014   [Refereed]
Sumiyama K, Gostout CJ, Tajiri H
Gastrointestinal endoscopy clinics of North America   24(2) 265-272   Apr 2014   [Refereed]
土橋 昭, 郷田 憲一, 小林 寛子, 小林 雅邦, 加藤 正之, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 廣岡 信一, 池上 雅博, 田尻 久雄
胃と腸   49(2) 153-163   Feb 2014
食道扁平上皮癌の拡大内視鏡分類である井上分類・有馬分類を基本とし,ふたつの分類の融合・簡略化を目的として,日本食道学会分類が作成された.Type B1は扁平上皮癌の質的診断(B1以上で癌)や深達度診断(T1a-EP,LPMに相当)において,基点となる重要な血管である.Type B1の質的・深達度診断における臨床的妥当性について検討した.対象は,当科にてNBI拡大観察後,内視鏡的切除術が行われた249病変とした.Type Bの癌(質的診断)に対する感度は97.6%,陽性的中率は99.0%,T...
Yoshida Y, Matsuda K, Sumiyama K, Kawahara Y, Yoshizawa K, Ishiguro H, Tajiri H
International journal of colorectal disease   28(11) 1511-1516   Nov 2013   [Refereed]
Inomata H, Tamai N, Aihara H, Sumiyama K, Saito S, Kato T, Tajiri H
World journal of gastroenterology   19(41) 7146-7153   Nov 2013   [Refereed]
[Current and future trends in natural orifice translumenal endoscopic surgery-related procedures: endoscopists' perspective].
Sumiyama K, Tajiri H
Nihon Geka Gakkai zasshi   114(6) 317-320   Nov 2013   [Refereed]
Tamai N, Matsuda K, Sumiyama K, Yoshida Y, Tajiri H
European journal of gastroenterology & hepatology   25(5) 575-579   May 2013   [Refereed]
Kakutani H, Sasaki S, Ueda K, Takakura K, Sumiyama K, Imazu H, Hino S, Kawamura M, Tajiri H
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   22(2) 80-83   Apr 2013   [Refereed]
Arakawa H, Kaise M, Sumiyama K, Saito S, Suzuki T, Tajiri H
Singapore medical journal   54(4) 212-215   Apr 2013   [Refereed]
消化器内視鏡治療の新たな工夫 大腸病変に対するメスナ局注によるChemically Assisted Endoscopic Submucosal Dissection(CA-ESD)の臨床導入
大谷 友彦, 炭山 和毅, 斎藤 彰一, 加藤 智弘, 田尻 久雄
消化器医学   10 16-19   Dec 2012
15例15病変を対象に、メスナ局注が大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)における粘膜下層の剥離に応用可能であるかを検討した。対象の内訳は粘膜内癌11病変、腺腫4病変である。手技の実際は病変の粘膜下層にヒアルロン酸を局注し、腫瘍の全周切開後に十分なトリミングを行った。病変全体がリフティングするように病変下の粘膜下層にメスナを局注し、先端透明フードを装着したスコープで粘膜下層の剥離を行った。その結果、メスナによる副作用や偶発症は認めず、術者はメスナの粘膜下層への化学的効果を確認した。メスナは...
Kanazawa K, Imazu H, Mori N, Ikeda K, Kakutani H, Sumiyama K, Hino S, Ang TL, Omar S, Tajiri H
Scandinavian journal of gastroenterology   47(11) 1313-1320   Nov 2012   [Refereed]
Sumiyama K, Kiesslich R, Ohya TR, Goetz M, Tajiri H
Gastroenterology   143(5) 1152-1153   Nov 2012   [Refereed]
Kakutani H, Hino S, Koyama S, Uchiyama Y, Sumiyama K, Imazu H, Kawamura M, Tajiri H
Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   22(5) 410-414   Oct 2012   [Refereed]
Imazu H, Ikeda K, Kakutani H, Sumiyama K, Kawamura M, Kanazawa K, Hino S, Ang TL, Omar S, Tajiri H
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   21(5) 335-341   Sep 2012   [Refereed]
Dobashi A, Goda K, Yoshimura N, Sumiyama K, Toyoizumi H, Saito S, Kato T, Ishikawa H, Yanaga K, Tajiri H, Ikegami M
Journal of medical case reports   6 280   Sep 2012   [Refereed]
Mori N, Imazu H, Futagawa Y, Kanazawa K, Kakutani H, Sumiyama K, Ang TL, Omar S, Tajiri H
Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   22(4) e236-8   Aug 2012   [Refereed]
Bonin EA, Mariani A, Swain J, Bingener J, Sumiyama K, Knipschield M, Sebo TJ, Gostout CJ
Surgical endoscopy   26(7) 1963-1970   Jul 2012   [Refereed]
Imazu H, Kanazawa K, Mori N, Ikeda K, Kakutani H, Sumiyama K, Hino S, Ang TL, Omar S, Tajiri H
Scandinavian journal of gastroenterology   47(7) 853-860   Jul 2012   [Refereed]
Sumiyama K, Utsunomiya K, Ohya T, Aihara H, Ikeda K, Imazu H, Tamai N, Nagano H, Ishinoda Y, Tajiri H
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   21(2) 71-77   Mar 2012   [Refereed]
Ohya TR, Sumiyama K, Takahashi-Fujigasaki J, Dobashi A, Saito S, Tajiri H
Gastrointestinal endoscopy   75(2) 405-410   Feb 2012   [Refereed]
消化管内視鏡施行時の抗血栓薬の取り扱い 抗血栓療法再開時の後出血リスクに注意すべき胃ESD部位の臨床解剖学的検討
荒川 廣志, 貝瀬 満, 豊泉 博史, 郷田 憲一, 炭山 和毅, 加藤 智弘, 小井戸 薫雄, 角谷 宏, 大草 敏史, 田尻 久雄, 河合 良訓, 藤宮 峯子
新薬と臨牀   61(1) 46-47   Jan 2012
抗血栓療法再開時の後出血リスクに注意すべき胃ESD部位の臨床解剖学的検討を行った。胃ESD 668例を対象とした。後出血は668例中21例(3.1%)に発生し、major出血12例、minor出血9例であった。出血の術後日数は2nd検査までが16例、2nd検査後が5例であった。胃角部と幽門部は全例が2nd検査までの出血であったが、胃体部は2nd検査後出血が10例中5例を占めた。2nd検査後出血例では体上部後壁側の噴門部直下の穿通血管(1番)からの出血が最も多かった。その理由として、同部位の...
Sumiyama K, Gostout CJ
Current opinion in gastroenterology   27(5) 412-417   Sep 2011   [Refereed]
Takakura K, Sumiyama K, Munakata K, Ashida H, Arihiro S, Kakutani H, Tajiri H
Abdominal imaging   36(4) 457-462   Aug 2011   [Refereed]
荒川 廣志, 貝瀬 満, 田尻 久雄, 加藤 正之, 相原 弘之, 炭山 和毅, 山崎 琢士, 豊泉 博史, 郷田 憲一, 斉藤 彰一, 今津 博雄, 加藤 智弘
Gastroenterological Endoscopy   53(2) 302-309   Feb 2011
学会ガイドラインに準拠した内視鏡治療時抗血栓療法管理の院内マニュアルを作成し、運用を開始した平成20年9月1日〜平成21年9月4日までの1年間における低危険手技(通常観察および超音波内視鏡)の上下部消化管内視鏡検査に関して後向きに検討した。1年間の上部内視鏡検査は7553件、下部内視鏡検査は4197件、合計は11750件で、このうち抗血栓療法中の症例は1127例、全検査の9.6%を占めていた。原疾患についてみると、抗血栓療法症例1127例のうち高危険症例は388例で、狭心症が最も多かった。...
Ikeda K, Sumiyama K, Tajiri H, Yasuda K, Kitano S
Gastrointestinal endoscopy   73(1) 117-122   Jan 2011   [Refereed]
加藤 正之, 貝瀬 満, 郷田 憲一, 豊泉 博史, 池田 圭一, 吉村 昇, 炭山 和毅, 米澤 仁, 加藤 智弘, 田尻 久雄
Gastroenterological Endoscopy   52(12) 3323-3327   Dec 2010
著者らは良性食道狭窄難治症例(62歳女)に対し、我が国で初めてself expandable plastic stent(SEPS)を長期間留置する治療を行ったので報告した。1)7ヵ月間にわたりSEPSの留置が行なわれたが、抜去から約1年で狭窄症状が徐々に出現してきた。しかし、患者は拡張術を行わなくても経口摂取が可能な状態が続いている。2)SEPS留置の間は全くバルーン拡張を行うことがなく、患者の精神的負担も軽減でき他と考えられ、QOLは著明に改善した。3)SEPSは欧米では保険認可されて...
[Natural orifice translumenal endoscopic surgery (NOTES)].
Sumiyama K, Ikeda K, Tajiri H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68(7) 1285-1289   Jul 2010   [Refereed]
Imazu H, Uchiyama Y, Matsunaga K, Ikeda K, Kakutani H, Sasaki Y, Sumiyama K, Ang TL, Omar S, Tajiri H
Scandinavian journal of gastroenterology   45(6) 732-738   Jun 2010   [Refereed]
Prophylactic hemostasis for postpolypectomy mucosal defect using endoclip under infrared imaging endoscopy.
Tamai N, Matsuda K, Sumiyama K, Isshi K, Narimiya N, Tajiri H
Surgical technology international   19 91-96   Apr 2010   [Refereed]
荒川 廣志, 貝瀬 満, 田尻 久雄, 吉村 昇, 吉田 幸永, 石黒 晴哉, 荒井 良則, 米澤 仁, 炭山 和毅, 倉持 章, 斉藤 彰一, 角谷 宏
Gastroenterological Endoscopy   52(2) 231-241   Feb 2010
上部消化管内視鏡検査時の意識下鎮静法としてミダゾラム投与を40例に行い、その有効性と安全性をフルニトラゼパム投与群37例(対照群)と比較検討した。患者は検査予約の順番で振り分けられた。その結果、内視鏡検査時の手技的難易度、バイタルサイン、リカバリー時間は両群間で同等であった。鎮静効果はミダゾラム投与群が対照群と比べ有意に大きく、患者の苦痛はミダゾラム投与群で有意に小さかった。また、ミダゾラム投与群では強い健忘作用により半数以上の症例で検査中の記憶が完全消失していた。以上、これらのことからも...
Ohya T, Ohata K, Sumiyama K, Tsuji Y, Koba I, Matsuhashi N, Tajiri H
World journal of gastroenterology   15(48) 6086-6090   Dec 2009   [Refereed]
Sumiyama K, Tajiri H, Kato F, Imura T, Ono K, Ikeda K, Imazu H, Gostout CJ
Gastrointestinal endoscopy   69(6) 1129-1134   May 2009   [Refereed]
Sumiyama K, Gostout CJ, Gettman MT
Journal of endourology   23(5) 765-771   May 2009   [Refereed]
Aihara H, Sumiyama K, Saito S, Tajiri H, Ikegami M
Gastrointestinal endoscopy   69(3 Pt 2) 726-733   Mar 2009   [Refereed]
Imazu H, Uchiyama Y, Kakutani H, Ikeda K, Sumiyama K, Kaise M, Omar S, Ang TL, Tajiri H
Gastroenterology research and practice   2009 546390   2009   [Refereed]
Sumiyama K, Tajiri H, Gostout CJ
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   17(6) 365-369   2008   [Refereed]
UCHIYAMA YUJIRO, IMAZU HIROO, KAKUTANI HIROSHI, HINO SHORYOKU, SUMIYAMA KAZUKI, KURAMOCHI AKIRA, TSUKINAGA SHINTARO, MATSUNAGA KAZUHIRO, NAKAYOSHI TAKASHI, GODA KEN-ICHI, SAITO SHOICHI, KAISE MITSURU, KAWAMUARA MUNEO, OMAR SALEM, TAJIRI HISAO
J Gastroenterol   41(5) 483-490   May 2006
【胆石症治療 最近の展開】 総胆管胆石 総胆管結石に対する内視鏡治療 乳頭切開術vs乳頭拡張術
角谷 宏, 内山 勇二郎, 池田 圭一, 今津 博雄, 炭山 和毅, 倉持 章, 佐藤 泰弘, 川村 統勇, 田尻 久雄, 岡本 友好
肝・胆・膵   52(5) 737-746   May 2006
貝瀬 満, 山崎 琢士, 仲吉 隆, 米澤 仁, 吉田 幸永, 炭山 和毅, 加藤 正之, 郷田 憲一, 田尻 久雄
胃と腸   41(1) 45-51   Jan 2006
著者らが過去2年6ヵ月間にendoscopic submucosal dissection(ESD)を実施した181例182病変を対象に,その治療成績と困難例の特徴を検討した.1)全体の治療成績は病変一括切除率96.7%,水平断端陰性率91.7%,粘膜下層浸潤率17.7%,500μm以上のSM2浸潤率7.2%,完全治癒切除率75.3%であった.2)切除粘膜径5cm以上群(28病変)と未満群(154病変)の比較では,ESD治療成績に有意差はなかったが,5cm以上群で切除時間が有意に長く,SM...
KAKUTANI Hiroshi, HINO Shoryoku, IKEDA Keiichi, SUMIYAMA Kazuki, UCHIYAMA Yujiro, KURAMOCHI Akira, KAWAMURA Muneo, TAJIRI Hisao
Hepatol Res   33(4) 259-266   Dec 2005
【H.pylori感染の新しい検査法と除菌判定をめぐる諸問題】 尿素呼気試験に影響を与える因子の検討 検査前の軽食摂取
山崎 琢士, 貝瀬 満, 郷田 憲一, 炭山 和毅, 仲吉 隆, 田尻 久雄, 久米 恵一郎, 芳川 一郎, 大槻 眞
新薬と臨牀   54(8) 985-987   Aug 2005
尿素呼気試験(UBT)は,空腹時に施行することとされているが,実際の臨床現場において遵守することは困難である.そこで,健康成人を対象に,実際に食事がどのようにUBT測定値に影響するかを検討した.H.pylori陰性症例では空腹下・軽食下で測定値にほとんど差を認めなかった.H.pylori陽性症例では,軽食下は空腹下での測定値より有意に低値となったが,感染診断に影響を及ぼすことはなかった.H.pylori陽性症例20例中17例で軽食下での測定値が空腹下での測定値より低値であったため,Δ13C...
炭山 和毅, 田尻 久雄, 貝瀬 満, 斉藤 彰一, 仲吉 隆, 郷田 憲一, 小田木 勲, 米澤 仁, 玉井 尚人, 月永 真太郎, 池上 雅博
胃と腸   40(5) 809-816   Apr 2005
狭帯域フィルター内視鏡(NBI)システム導入前後の切開・剥離法(ESD)の治療成績を報告した.2000年4月よりESDを導入し,156病変153例に対しESDを施行した.また,2003年4月からは術前検査として全症例(89病変87例)を対象にNBIシステム併用拡大内視鏡(NBI拡大)観察による進展範囲診断を行った.通常観察で進展範囲診断が困難な粘膜表層を進展する病変であっても,拡大観察とNBIシステムを併用し粘膜微細構造の変化や異常毛細血管の増生を観察することで正確な切除範囲決定を行える可...
【胃癌診断の新しい視点】 毛細血管像からみた胃癌の特徴 陥凹型早期胃癌を中心に
仲吉 隆, 郷田 憲一, 貝瀬 満, 炭山 和毅, 山崎 琢士, 望月 恵子, 松田 浩二, 田尻 久雄
消化器内視鏡   16(11) 1699-1703   Nov 2004
陥凹型早期胃癌に対して狭帯域フィルター内視鏡(narrow band imaging:NBI)システムを併用した拡大内視鏡観察による,毛細血管像からみた胃癌の特徴について検討した.対象は,2001年7月より2004年6月まで,当院にて内視鏡的粘膜切除術(EMR)または外科手術目的に精査となった陥凹型早期胃癌227病変である.毛細血管像に着目し,組織型と毛細血管像を検討すると,分化型陥凹型早期胃癌152病変中104病変(68.4%)に,比較的規則的な網目状のfine network patt...
KAKUTANI HIROSHI, HINO SYORYOKU, IKEDA KEIICHI, UCHIYAMA YUJIROU, SUMIYAMA KAZUKI, KURAMOCHI AKIRA, KAWAMURA MUNEO, TAJIRI HISAO
Dig. Endosc.   16(4) 337-339   Oct 2004
【消化管画像診断と機能診断 治療への応用】 新しい消化管画像診断とその治療への応用 胃隆起型腫瘍性病変に対するEMRの適応 Narrow Band Imaging System(NBI)併用拡大観察の有用性
加藤 正之, 田尻 久雄, 仲吉 隆, 斎藤 彰一, 炭山 和毅, 郷田 憲一, 松田 浩二, 望月 恵子, 貝瀬 満, 池上 雅博
消化器医学   2 39-47   Oct 2004
胃隆起型腫瘍性病変に対する内視鏡的胃粘膜切除術(EMR)の適応について,Narrow Band Imaging System(NBI)併用拡大観察の有用性を検討した.対象は,胃隆起性病変にEMRを施行した123例(胃腺腫56例,早期癌67例)とNBI併用拡大内視鏡観察を行った45例(胃腺腫22例,隆起型早期胃癌23例)であった.EMR施行の通常内視鏡観察での色調は胃腺腫では褐色〜正色調が70.6%,癌では発赤調が82%であったが,大きさでは腺腫,癌の鑑別で有意差はなく,delle状の陥凹を...
郷田 憲一, 田尻 久雄, 仲吉 隆, 炭山 和毅, 斎藤 彰一, 松田 浩二, 望月 恵子, 加藤 智弘, 貝瀬 満, 池上 雅博
胃と腸   39(9) 1297-1307   Aug 2004
Barrett粘膜・食道45症例(男性39例・女性6例,年齢39〜81歳・平均61歳)を対象に狭帯域フィルター内視鏡(NBI)システム併用拡大内視鏡観察を行い,その有用性を明らかにする目的で拡大観察画像と病理組織像を比較検討した.Barrett粘膜・食道における粘膜微細模様をround or oval,straight,villus,cerebriform,irregularの5パターンに,毛細血管像をtype I〜Vに分類したところ,villusとcerebriformを呈する粘膜微細模...
Sumiyama K, Kaise M, Nakayoshi T, Kato M, Mashiko T, Uchiyama Y, Goda K, Hino S, Nakamura Y, Matsuda K, Mochizuki K, Kawamura M, Tajiri H
Gastrointestinal endoscopy   60(1) 79-84   Jul 2004   [Refereed]
田尻 久雄, 仲吉 隆, 斎藤 彰一, 炭山 和毅, 加藤 正之, 益子 貴裕, 安達 世, 松田 浩二, 望月 恵子, 貝瀬 満, 池上 雅博
胃と腸   38(12) 1701-1708   Nov 2003
陥凹型早期胃癌に対して狭帯域フィルター内視鏡(NBI)システム併用による拡大電子内視鏡観察を行い,これによる胃癌組織型診断の可能性を検討した.2001年7月〜2003年5月に拡大電子内視鏡を用い,通常観察とNBI併用拡大観察を行った陥凹型早期胃癌141例を対象として粘膜微細構造および毛細血管像のパターンと切除病理組織像との対比を行った.分化型癌94例中61例(64.9%)に比較的規則的配列を示す細かな網目状の毛細血管模様を,未分化型癌の47例中41例(87.2%)では走行や形状が不規則な縮...
Volume Dataの変形を可能とする手術シミュレーション用臓器モデルの開発
若井 智司, 鈴木 直樹, 服部 麻木, 鈴木 薫之, 炭山 和毅, 内山 明彦
日本コンピュータ外科学会誌   3(3) 131-132   Dec 2001
手術シミュレーションの対象物を弾性臓器としてリアルタイムに変形できるようにするためにsphere-filled modelの開発を行い,MRIやCTにより得られたvolume dataを弾性体として扱えるモデルを構築した.sphere-filled modelを用いることによりvolume dataを弾性体として扱うことができ,肝臓内部の血管系に代表される弾性臓器の内部構造を含めた変形が実現された
腹腔鏡下Data-Fusionのためのレーザスキャン内視鏡
林部 充宏, 鈴木 直樹, 中村 仁彦, 服部 麻木, 鈴木 薫之, 炭山 和毅
日本コンピュータ外科学会誌   3(3) 213-214   Dec 2001
テープ型光学式位置センサを用いた三次元超音波内視鏡システムの開発
小泉 直史, 炭山 和毅, 鈴木 直樹, 服部 麻木
日本コンピュータ外科学会誌   3(3) 219-220   Dec 2001
リアルタイムに三次元再構築した画像に加えて二次元超音波画像を観察しながら操作が行え,更に体内における超音波内視鏡スコープ形状を把握することで,直感的に撮像部位を認識できる超音波内視鏡システムを開発した.球状のファントムを用いた基礎実験において,リアルタイムに画像を獲得し三次元再構築を行うことができ,再構築された画像によりファントムが球形状をしていることを確認できた.更に,獲得した三次元画像を保持したままスキャンの中の二次元画像の位置を表示することにより,周囲の三次元構造を把握しながら二次元...
磁気式位置センサを用いた三次元超音波内視鏡システムの開発
炭山 和毅, 鈴木 直樹, 服部 麻木, 小泉 直史, 永岡 隆, 内山 勇二郎, 池田 圭一, 角谷 宏, 田尻 久雄, 青木 照明
日本コンピュータ外科学会誌   3(3) 217-218   Dec 2001
プローブ部に直接センサを装着した三次元超音波内視鏡システムを開発し,動物実験による検討を行った.又,超音波内視鏡下穿刺細胞診目的の食道粘膜下症例に対し本システムを用いた.ブタを用いた動物実験においては,血管走行を三次元表示することが可能であり,臨床例においても穿刺開始直前に穿刺対象やその周囲の血管を迅速に表示することが可能であった.以上より,今後更なるソフトの改良や利用器具の工夫により三次元画像支援下の超音波内視鏡検査,多様な治療手技の実現が可能となると考えられた
内山 勇二郎, 角谷 宏, 日野 昌力, 池田 圭一, 炭山 和毅, 木本 篤, 増田 勝紀, 鈴木 博昭, 鈴木 裕
Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)   56(2) 56-57   May 2000
日野 昌力, 角谷 宏, 池田 圭一, 内山 勇二郎, 炭山 和毅, 木本 篤, 増田 勝紀, 鈴木 博昭, 石井 雄二, 岡本 友好, 柳澤 暁
Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)   56(2) 94-95   May 2000
宮川 佳也, 角谷 宏, 日野 昌力, 池田 圭一, 内山 勇二郎, 炭山 和毅, 増田 勝紀, 鈴木 博明, 植松 幹雄, 鳥居 明, 河辺 朋信, 柳澤 暁, 柏木 三喜也
Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)   56(2) 96,8-97,8   May 2000

Misc

 
【症例から学ぶ 統一IEE分類】 胃編 典型例 MESDA-G診断基準を満たす胃癌 早期胃癌0-IIc未分化型腺癌 absent MSP/irregular MVP(corkscrew pattern)
小林 雅邦, 三石 雄大, 炭山 和毅
消化器内視鏡   30(12) 1752-1753   Dec 2018
樺 俊介, 炭山 和毅
胃と腸   53(5) 769-774   May 2018
<文献概要>軟性内視鏡下の治療手技において,硬性鏡視下手術と同様のtriangulationを実現するため,2本の多自由度能動マニピュレーター(アーム)を持つ治療用プラットフォーム(multitasking platform)の開発が始まった.ほぼ同時期に,より高い自由度と直感的作業を実現するため,master-slave型ロボットシステムの開発も進められるようになった.既に複数のシステムが臨床導入されており,一部は,適応が限定されてはいるが,上市も実現されている.multitasking...
【内視鏡外科の進歩】 各分野における歴史と未来 内視鏡治療
炭山 和毅
消化器外科   41(13) 1823-1832   Dec 2018
エキスパートの治療法 症例から考える 早期胃癌の治療方針
炭山 和毅
胃がんperspective   9(4) 290-293   Apr 2018
広範囲ELPS後にステロイド局注を施行した下咽頭表在癌の1例
古橋 広人, 郷田 憲一, 土橋 昭, 原 裕子, 炭山 和毅, 西谷 友樹雄, 結束 寿, 須田 稔士, 濱 孝憲, 加藤 孝邦, 廣岡 信一, 池上 雅博
耳鼻咽喉科展望   61(1) 61-62   Feb 2018
【ここまでできるIEE】 画像強調内視鏡(IEE) 定義、歴史、今後
炭山 和毅
消化器内視鏡   29(12) 2086-2093   Dec 2017
電子スコープの開発以降、内視鏡画像において次々にデジタル画像処理技術が応用されるようになった。特に狭帯域光法(NBI)の開発は、従来の内視鏡診断学をさらなる高みへと昇華させ、その後のFICEやi-scan、BLI/LCIなどの画像強調技術開発のきっかけともなった。臨床導入が進められるなか、本来の技術的特徴とは意が異なる呼称の混乱がみられたため、丹羽・田尻らは、従来の内視鏡診断法をすべて包含する目的別内視鏡観察法分類を2008年に提唱した。そこでは、色素内視鏡を含め、光デジタル法(NBI、B...
当院におけるアカラシアに対する術式の変遷
矢野 文章, 小村 伸朗, 坪井 一人, 星野 真人, 山本 世怜, 秋元 俊亮, 増田 隆洋, 田中 雄二朗, 松本 晶, 西川 勝則, 藤崎 宗春, 三森 教雄, 炭山 和毅, 柏木 秀幸, 矢永 勝彦
日本内視鏡外科学会雑誌   22(7) SF039-03   Dec 2017
食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切開術(POEM)10例の経験
矢野 文章, 小村 伸朗, 坪井 一人, 星野 真人, 山本 世怜, 秋元 俊亮, 増田 隆洋, 田中 雄二朗, 松本 晶, 西川 勝則, 藤崎 宗春, 炭山 和毅, 三森 教雄, 柏木 秀幸, 矢永 勝彦
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 779-779   Oct 2017
貧血および意識消失の精査中に発見された慢性腎不全に合併した膵管内乳頭粘液性腫瘍合併膵癌の1症例
生田 匠, 林 直美, 松本 啓, 千葉 允文, 山本 泉, 丸山 之雄, 大城戸 一郎, 宮崎 陽一, 炭山 和毅, 横尾 隆
日本内科学会関東地方会   635回 27-27   Sep 2017
【これでわかる!食道胃接合部疾患】 接合部機能性疾患 食道アカラシア治療の現状と展望
矢野 文章, 小村 伸朗, 坪井 一人, 星野 真人, 柏木 秀幸, 松井 寛昌, 炭山 和毅, 矢永 勝彦
消化器内視鏡   29(9) 1712-1718   Sep 2017
食道アカラシア治療に対する内視鏡的拡張術の有効性は比較的高いものの、40歳未満の患者において無効例が多いことや、繰り返し治療が必要なことが問題である。一方、外科的治療は腹腔鏡下手術の普及とともに、腹腔鏡下Heller-Dor手術(LHD)が標準術式として定着したが、2008年に経口内視鏡的筋層切開術(POEM)が開発され、近年、その手術件数はLHDを大きく上回っている。短期成績は良好であるものの、新しい治療法ゆえに長期成績が不明である点や、術後高率に発生する逆流性食道炎が危惧されている。し...
消化器内視鏡のリスクマネージメント 医療事故調査委員会の現状から 当科におけるリスクマネージメントの現状と問題点
川原 洋輔, 加藤 正之, 炭山 和毅
日本消化器がん検診学会雑誌   55(Suppl.) 938-938   Sep 2017
肥満症に対する内視鏡的治療と腹腔鏡下手術の現状と展望 内視鏡医からみた肥満治療(スウェーデンでの手術トレーニングの経験を踏まえて)
大谷 友彦, Marsk R., 炭山 和毅
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.2) 2048-2048   Sep 2017
斎藤 彰一, 井出 大資, 玉井 尚人, 猪又 寛子, 炭山 和毅, 加藤 智弘, 田尻 久雄
胃と腸   52(9) 1170-1174   Aug 2017
大腸カプセル内視鏡は2006年に開発され,現在,第2世代内視鏡が汎用されている.従来の小腸用カプセル内視鏡と異なり,両側2ヶ所にカメラが内蔵され,1秒間に4枚の撮像が可能である.大腸カプセルの場合,腸管洗浄度と撮影時間内に盲腸〜直腸まで全大腸観察が可能かどうか問題となる.内視鏡治療が必要である10mm以上の大腸ポリープの検出率における感度は88%,特異度89%と良好な成績が報告されている.また,本邦3施設で行われた多施設共同研究による大腸ポリープ検出の特異度は94%であった.今後,大腸がん...
当院における早期十二指腸乳頭部癌の診断・治療の現状
島本 奈々, 加藤 正之, 炭山 和毅
胆道   31(3) 509-509   Aug 2017
State of the art Molecular imagingの消化器内視鏡領域への応用
樺 俊介, 炭山 和毅
胃がんperspective   9(2) 118-126   Jun 2017
手技の解説 Underwater EMRを用いた大腸ポリープ切除法
古橋 広人, 加藤 正之, 炭山 和毅
臨床消化器内科   32(8) 1173-1177   Jun 2017
悪性黒色腫の胃内転移病変に対し拡大内視鏡にて精査を施行した1例
光吉 優貴, 松井 寛昌, 古橋 広人, 原 裕子, 島本 奈々, 樺 俊介, 小林 雅邦, 小野 真吾, 猪又 寛子, 金澤 慶典, 小田木 勲, 月永 真太郎, 大谷 友彦, 玉井 尚人, 豊泉 博史, 炭山 和毅
Progress of Digestive Endoscopy   91(Suppl.) s92-s92   Jun 2017
【消化器内視鏡-私の流儀】 内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL) 的確な止血手技と術後予測のためのエッセンス
島本 奈々, 山本 学, 炭山 和毅
消化器内視鏡   29(6) 999-1000   Jun 2017
玉井 尚人, 炭山 和毅
臨床消化器内科   32(7) 1039-1042   May 2017
共焦点内視鏡によるヒルシュスプルング病腸管の神経ネットワーク可視化に関する研究
下島 直樹, 小林 雅邦, 樺 俊介, 藤村 匠, 家入 里志, 広部 誠一, 黒田 達夫, 藤ヶ崎 純子, 炭山 和毅
日本小児外科学会雑誌   53(3) 658-658   May 2017
がん医療に活かされる分子イメージング 消化器内視鏡の進歩と課題
炭山 和毅
JSMI Report   10(2) 76-76   May 2017
早期消化管癌内視鏡診断の最前線
炭山 和毅
総合健診   44(2) 404-404   Mar 2017
【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 内視鏡診療に必要な問診と同意取得
荒川 廣志, 番 大和, 小山 誠太, 安達 世, 小田原 俊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   29(3) 310-314   Mar 2017
内視鏡診療に必要な問診とインフォームド・コンセントについて概略を述べた。近年、高齢化に伴いハイリスクの基礎疾患を抱え、降圧薬、抗血栓薬など複数の内服薬を処方されている患者が増えている。また認知症患者や理解力が低下している患者も増えており、内視鏡検査前の問診には注意を要する。インフォームド・コンセントは単なる説明と同意ではなく、患者が正確に説明を理解したうえで同意したか否かが重視される。患者への説明を尽くしたうえで同意が得られたことを示せるような説明同意書や診療録の記録が必要である。(著者抄録)
【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 上部消化管内視鏡 治療 胃ポリペクトミー/EMR
小林 雅邦, 炭山 和毅
消化器内視鏡   29(3) 438-440   Mar 2017
【粘膜、粘膜下層、さらに筋層の時代へ-Minimally Invasive Treamentの新たな潮流】 OTSCを用いた新たな消化管全層切除
樺 俊介, 大谷 友彦, 炭山 和毅
消化器内視鏡   29(2) 254-256   Feb 2017
【粘膜、粘膜下層、さらに筋層の時代へ-Minimally Invasive Treamentの新たな潮流】 共焦点内視鏡による消化管深層観察
小野 真吾, 炭山 和毅
消化器内視鏡   29(2) 278-279   Feb 2017
外傷に対する腹腔鏡治療・内視鏡治療時合併症の対応 内視鏡治療に伴う出血・穿孔への対策 軟性内視鏡用縫合器の有用性
樺 俊介, 小林 雅邦, 炭山 和毅
日本腹部救急医学会雑誌   37(2) 252-252   Feb 2017
郷田 憲一, 土橋 昭, 原 裕子, 古橋 広人, 松井 寛昌, 島本 奈々, 樺 俊介, 小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄, 三石 雄大, 廣岡 信一, 池上 雅博
胃と腸   51(12) 1575-1584   Nov 2016
本邦において表在性非乳頭部十二指腸腫瘍の内視鏡的・外科的切除件数は急速に増加している.しかし,治療方針決定に重要な低異型度腺腫と高異型度腺腫/表在癌との内視鏡的鑑別点などは明らかになっていない.国内多施設アンケート調査によって396病変を集積・解析した結果,発赤調,腫瘍径≧6mmは高度異型腺腫/表在癌において有意に頻度が高く,術前診断において内視鏡の正診率は生検組織より高かった.腺腫/表在癌に対する標準的内視鏡治療法はEMRと考えられる.ESDは偶発症発生率(穿孔率30%前後)が高いことか...
【大腸腫瘍-拾い上げから精密診断まで】 Confocal Laser Endomicroscopyはわが国で普及するか? CLEの本格的臨床導入への道筋と現状の課題
古橋 広人, 小林 雅邦, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(9) 1501-1503   Sep 2016
【胃疾患アトラス】 隆起を呈する病変 上皮性・腫瘍性 早期胃癌(0-I型)
土橋 昭, 廣岡 信一, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(8) 1192-1193   Aug 2016
【胃疾患アトラス】 特殊な形態を呈する病変 胃内異物
番 大和, 荒川 廣志, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(8) 1382-1383   Aug 2016
扁平上皮食道表在癌に対するNBI拡大内視鏡診断の精度と内視鏡的切除後の長期的予後
土橋 昭, 郷田 憲一, 原 裕子, 炭山 和毅
日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   70回 188-188   Jul 2016
郷田 憲一, 土橋 昭, 原 裕子, 番 大和, 島本 奈々, 樺 俊介, 小林 雅邦, 千葉 允文, 森 直樹, 炭山 和毅, 田尻 久雄, 三石 雄大, 廣岡 信一, 池上 雅博
胃と腸   51(5) 573-581   May 2016
欧米においてBarrett食道腺癌は急増しているが,本邦では依然まれである.しかし,本邦において逆流性食道炎の罹患率は上昇しており,今後,Barrett食道および食道腺癌の増加が憂慮されている.進行した食道腺癌の予後は不良であり,患者予後の改善には内視鏡検査による早期診断が必要であるが,通常内視鏡検査のみでは難しい場合も少なくない.近年,NBI(narrow band imaging)をはじめとする先進的内視鏡画像技術を併用した拡大内視鏡診断の有用性が報告されるようになった.そこで,本稿で...
【緩和内視鏡】 [狭窄における内視鏡治療 下部消化管] 術後・内視鏡治療後 バルーン拡張を中心に
阿部 孝広, 加藤 正之, 川原 洋輔, 伊藤 周二, 猪又 寛子, 玉井 尚人, 斎藤 彰一, 松田 浩二, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(5) 720-725   May 2016
腸管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は有効な治療法である。一方で、バルーン拡張に伴う穿孔、出血などの偶発症が生じる場合があり、治療を行う際は注意が必要である。下部消化管に対する内視鏡的バルーン拡張術は手技に関する明確な基準がなく、症例に応じて行っているのが現状である。本稿では、下部消化管術後狭窄に対する手技の解説、偶発症および当施設における成績について述べた。(著者抄録)
当院における大腸憩室出血に対する緊急下部消化管内視鏡の現状
樺 俊介, 炭山 和毅
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 783-783   Apr 2016
【内視鏡観察-今と近未来】 Advanced Diagnostic Endoscopy(ADE)とは?
小林 雅邦, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(3) 326-332   Mar 2016
2000年代に登場したnarrow band imagingをはじめとするimage-enhanced endoscopy(IEE)の登場により、表層の微細血管に着目した新たな内視鏡診断学が生み出されている。特に本邦では、IEEと拡大内視鏡観察の併用が盛んに検討され、早期癌の拾い上げから腫瘍・排腫瘍の鑑別、範囲診断、さらには深達度診断においても有用であることが明らかになった。さらに近年は、endocytoscopyや共焦点内視鏡など、顕微内視鏡技術の臨床導入も始まり、今後も新たな技術開発が...
【内視鏡観察-今と近未来】 Barrett食道表在癌の診断 IEE拡大観察を含めた内視鏡診断
郷田 憲一, 土橋 昭, 原 裕子, 番 大和, 島本 奈々, 樺 俊介, 小林 雅邦, 千葉 允文, 炭山 和毅, 田尻 久雄, 廣岡 信一, 池上 雅博
消化器内視鏡   28(3) 381-387   Mar 2016
欧米においてBarrett食道腺癌は急増しているが、本邦では依然稀である。しかし、本邦において逆流性食道炎罹患率は上昇しており、今後、Barrett食道および食道腺癌の増加が憂慮されている。進行した食道腺癌の予後は不良であり、患者予後の改善には内視鏡による早期発見が必要であるが、通常内視鏡のみでは難しい場合も少なくない。近年、narrow band imaging(NBI)をはじめとする先進的な画像強調技術(image-enhanced endoscopy:IEE)の開発が相次いだ。それら...
【内視鏡観察-今と近未来】 自家蛍光内視鏡の進化
井出 大資, 相原 弘之, 玉井 尚人, 炭山 和毅
消化器内視鏡   28(3) 460-463   Mar 2016
胃粘膜下腫瘍におけるGISTの見きわめどころは? 中心に壊死を伴う深い潰瘍が生じるのが特徴的
樺 俊介, 炭山 和毅
日本医事新報   (4789) 65-66   Feb 2016
【下咽頭・頸部食道表在癌の内視鏡診断と治療】 下咽頭・頸部食道の解剖学 下咽頭と食道の境界はどこか
荒川 廣志, 小山 誠太, 月永 真太郎, 安達 世, 炭山 和毅, 田尻 久雄, 河合 良訓, 藤宮 峰子
消化器内視鏡   28(1) 19-26   Jan 2016
下咽頭と頸部食道の境界は、食道癌取扱い規約で輪状軟骨下縁と定義されている。肉眼解剖では、輪状(軟骨)後部下縁に接する食道輪状筋が食道の上縁である。しかし、輪状後部と食道輪状筋は同じ扁平上皮に覆われ、内視鏡で両者の境界を視認することはできない。内視鏡と食道内圧検査では、食道入口部と高圧帯(HPZ)が食道上縁とみなされており、両者ともに輪状咽頭筋(cricoesophageal muscle:CPM)が主要素となっている。同筋は咽頭筋の一部であり、厳密には輪状軟骨下縁よりやや口側に存在している...
大腸ESDにおけるTroubleShooting この局面こうして乗り越えた 大腸ESDにおける筋層が正面に対峙した状態での剥離手技の対策 traction deviceの有用性
井出 大資, 玉井 尚人, 斎藤 彰一, 炭山 和毅
Progress of Digestive Endoscopy   88(Suppl.) s93-s93   Dec 2015
消化器内視鏡の教育・トレーニング 現地でみた教育・トレーニングの実際 米国・Brigham and Women's Hospital
相原 弘之, 玉井 尚人, 炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   27(11) 1883-1885   Nov 2015
消化器内視鏡の教育・トレーニング 現地でみた教育・トレーニングの実際 スウェーデン・DANDERYDS HOSPITAL
大谷 友彦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   27(11) 1890-1891   Nov 2015
【カプセル内視鏡の現況と最新動向】 アメリカにおけるカプセル内視鏡の動向
相原 弘之, 斎藤 彰一, 炭山 和毅, 田尻 久雄
臨床消化器内科   30(13) 1628-1629   Nov 2015
【内視鏡治療-内科と外科のコラボレーション】 消化管腫瘍に対する内視鏡治療の最新情報
樺 俊介, 炭山 和毅
消化器内視鏡   27(9) 1580-1586   Sep 2015
LECSは、内視鏡治療と内視鏡外科、双方の長所を組み合わせた画期的治療概念である。しかし、侵襲度という観点から言えば、EMRやESDなど、完全内視鏡下治療の魅力は格段に大きい。ロボット技術を応用した次世代多自由度治療内視鏡の開発や粘膜下層内に人工的空間を作り、治療のワーキングスペースとして活用する粘膜下層内視鏡技術の発展、さらには長年基礎研究が主体であった光線力学療法にも、臨床応用段階での新たな展開が認められている。いずれの技術も極めて有望であり、消化器内視鏡治療領域に新たなパラダイムシフ...
下部消化管におけるadvanced diagnostic endoscopy(ADE)エビデンスと新たな展開 プローブ型共焦点内視鏡を用いた消化管神経叢の観察
小林 雅邦, 炭山 和毅, 下島 直樹
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.2) 2019-2019   Sep 2015
【処置具を使いこなす】 消化管出血治療 胃・十二指腸出血 クリップ法に使用する処置具を使いこなすコツ
荒川 廣志, 小山 誠太, 月永 真太郎, 安達 世, 炭山 和毅
消化器内視鏡   27(8) 1232-1236   Aug 2015
【処置具を使いこなす】 消化管ESD 止血鉗子 ESDに用いる止血鉗子を使いこなすコツ
樺 俊介, 炭山 和毅
消化器内視鏡   27(8) 1321-1323   Aug 2015
【処置具を使いこなす】 消化管穿孔・瘻孔閉鎖 消化管穿孔・瘻孔閉鎖に用いる処置具を使いこなすコツ
林 依里, 加藤 正之, 炭山 和毅
消化器内視鏡   27(8) 1370-1373   Aug 2015
【消化器内視鏡治療・腹腔鏡下手術をめぐって】 早期胃がんのESD
炭山 和毅, 田尻 久雄
日本医師会雑誌   144(4) 707-710   Jul 2015
消化管がんスクリーニングにおける内視鏡の位置づけ スクリーニング大腸内視鏡における第二世代自家蛍光内視鏡の有用性
玉井 尚人, 井出 大資, 斎藤 彰一, 炭山 和毅
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s74-s74   Jun 2015
あらたな内視鏡診断modality 現状と展望 蛍光プローブを用いた内視鏡分子イメージングの現状と今後の可能性
光永 眞人, 炭山 和毅, 小林 正邦, 伊藤 公博, 西村 尚, 岩崎 哲良, 菰池 信彦, 井出 大資, 猿田 雅之, 有廣 誠二, 松岡 美佳, 加藤 智弘, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s81-s81   Jun 2015
番 大和, 土橋 昭, 原 裕子, 樺 俊介, 小林 雅邦, 炭山 和毅, 郷田 憲一, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 廣岡 信一, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s128-s128   Jun 2015
当院で経験した胃底腺型胃癌の検討
小林 雅邦, 炭山 和毅, 番 大和, 原 裕子, 樺 俊介, 土橋 昭, 加藤 正之, 有廣 誠二, 田尻 久雄, 会沢 大介, 廣岡 信一
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s129-s129   Jun 2015
Suture & cut techniqueによる内視鏡的消化管全層切除術の検討
樺 俊介, 炭山 和毅, 小林 雅邦, 番 大和, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s135-s135   Jun 2015
共焦点内視鏡を用いた早期胃癌の組織型鑑別
番 大和, 小林 雅邦, 樺 俊介, 炭山 和毅, 田尻 久雄, 会澤 大介, 廣岡 信一
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s141-s141   Jun 2015
【胃癌の診療】 胃癌の診断 胃癌の内視鏡診断 拾い上げ診断から質的診断まで
番 大和, 樺 俊介, 炭山 和毅, 田尻 久雄
臨床消化器内科   30(7) 820-828   May 2015
下島 直樹, 小林 雅邦, 藤村 匠, 家入 里志, 田口 智章, 藤ヶ崎 純子, 炭山 和毅, 黒田 達夫
日本小児外科学会雑誌   51(3) 445-445   May 2015
消化器内視鏡の教育・トレーニング 教育材料を用いた内視鏡医の養成
炭山 和毅, 玉井 尚人, 田尻 久雄
消化器内視鏡   27(4) 721-723   Apr 2015
臨床応用に向けた次世代消化器内視鏡とその周辺機器開発の現況 内視鏡用新型縫合器を用いた内視鏡治療後欠損部閉鎖術の検討
小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.1) 641-641   Apr 2015
LECS導入後のU領域多発胃粘膜下腫瘍に対する治療戦略
樺 俊介, 炭山 和毅, 三森 教雄
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.1) 880-880   Apr 2015
がんの非侵襲的診断法の最前線 上部消化管がん内視鏡診断の最前線
炭山 和毅
日本医師会雑誌   143(12) 2596-2597   Mar 2015
【食道病変!これ1冊】 特殊な形態を呈する病変 食道内異物 フグの骨
小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   26(10) 1775-1775   Oct 2014
【消化器疾患に対する内視鏡的アプローチの最新情報】 共焦点内視鏡を用いた消化器画像診断
小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
映像情報Medical   46(9) 846-852   Sep 2014
【消化管癌内視鏡治療の最前線】 内視鏡治療の新しい風 粘膜下層剥離法の最前線
樺 俊介, 炭山 和毅, 田尻 久雄
医学のあゆみ   250(10) 885-890   Sep 2014
粘膜下層剥離術(ESD)は理論、処置具、内視鏡機器の進化により広く浸透し、一定の条件をクリアした内視鏡医であれば、だれもが安全に行える手技となっている。しかし、確実なcounter tractionのない治療手技にはやはり不安定さを指摘する声は多く、ESDをより簡便かつ安全な手技にすべく、さまざまな工夫や機器開発はいまも進んでいる。そこで本稿では、(1)counter traction、(2)CO2送気装置、(3)粘膜下局注剤、(4)新しい粘膜下層剥離器具、の4項目に分け、研究段階のものを...
【消化管癌内視鏡治療の最前線】 内視鏡治療の新しい風 治療内視鏡用triangulationプラットフォームと内視鏡ロボット技術
樺 俊介, 炭山 和毅, 田尻 久雄
医学のあゆみ   250(10) 891-895   Sep 2014
わが国においては、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の開発に伴って内視鏡プラットフォームが治療機器として急速に進化している。一方で、ESDが普及に至っていない欧米諸国では、経管腔的内視鏡手術(NOTES)用プラットフォームとして、内視鏡ロボットを含むtriangulationプラットフォームとよばれる機器の開発が進んでいる。NOTESは口、肛門、腟といった、人間が生まれもった自然孔から内視鏡を挿入し、体表面に傷つけることなくさまざまな内視鏡手術を行うものである。実用化にはさまざまな難点があり...
【スキルアップESD】 新たな局注剤開発の潮流
炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   26(9) 1407-1409   Sep 2014
消化器内視鏡の新展開 消化管全層の診断治療を目指して
炭山 和毅
香川県内科医会誌   50 78-78   Aug 2014
【医学・医療のいまがわかるキーワード2014】 消化器内科 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
大谷 友彦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
医学のあゆみ   249(5) 421-421   May 2014
食道まだら不染に対する予測因子の検討
松井 寛昌, 田尻 久雄, 土橋 昭, 郷田 憲一, 小林 雅邦, 加藤 正之, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘
成人病と生活習慣病   44(5) 589-590   May 2014
【新しい画像強調内視鏡】 第二世代画像強調内視鏡の臨床的意義 第二世代NBI 有用性と使用法のコツ 咽頭・食道観察
土橋 昭, 郷田 憲一, 小林 雅邦, 加藤 正之, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 廣岡 信一, 池上 雅博, 田尻 久雄
消化器内視鏡   26(5) 666-672   May 2014
第二世代のNBI光源装置(EVIS LUCERA ELITE;オリンパスメディカルシステムズ社、以下Olympus)は、キセノンランプの刷新による出射光量の増加と、新規NBI回転フィルターの採用により、第一世代(EVIS LUCERA SPECTRUM;Olympus)に比し、NBI観察時の明るさが格段に向上した。dual focus機能を搭載した新規拡大内視鏡(GIF-HQ290;Olympus)は、細径化されたうえ、スコープボタンのワンプッシュ操作で拡大観察への切り替え(near fo...
【進化を遂げる消化管内視鏡診断】 共焦点内視鏡を用いた消化管検査
小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
細胞   46(4) 174-177   Apr 2014
共焦点内視鏡(Confocal Laser Endomicroscopy:CLE)は、共焦点顕微鏡を小型・細径化することにより実現した新たな内視鏡技術である。CLEを用いると対象組織を蛍光色素で染色することにより、生体内で、病理組織学的観察をリアルタイムに行うことが可能である。内視鏡の鉗子孔を通すことができるほど細径化されたプローブタイプを用いれば、胆膵管内の観察も行うことができる。また近年になり、molecular imaging技術を応用した臨床研究が始まり、分子標的薬の治療効果予測や...
共焦点顕微内視鏡を用いた消化管筋層の観察
小林 雅邦, 炭山 和毅, 松井 寛昌, 樺 俊介, 田尻 久雄, 高橋 剛, 中島 清一
Gastroenterological Endoscopy   56(Suppl.1) 1090-1090   Apr 2014
GIST診療の治療最前線 胃粘膜下腫瘍とGISTの診断 現状とemerging technology粘膜下層内視鏡の応用
炭山 和毅, 田尻 久雄
日本胃癌学会総会記事   86回 143-143   Mar 2014
食道まだら不染に対する予測因子の検討
松井 寛昌, 土橋 昭, 郷田 憲一, 小林 雅邦, 加藤 正之, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   40 61-61   Jan 2014
食道偽憩室の2例
松井 寛昌, 郷田 憲一, 土橋 昭, 小林 雅邦, 猪又 寛子, 千葉 允文, 金澤 慶典, 森 直樹, 大谷 友彦, 玉井 尚人, 加藤 正之, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 矢野 文章, 三森 教雄, 小村 伸朗, 廣岡 信一, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   84(Suppl.) s105-s105   Dec 2013
【NOTESの現状と今後の展望】 内視鏡からみたNOTES関連手技の現状と今後の展望
炭山 和毅, 田尻 久雄
日本外科学会雑誌   114(6) 317-320   Nov 2013
【肥満と消化器疾患】 肥満症に対する内視鏡治療の現況 欧米での治療成績
炭山 和毅, 田尻 久雄
臨床消化器内科   28(12) 1627-1633   Oct 2013
高度肥満症例の多い欧米を中心に,外科的肥満治療が急速に普及しつつあるが,ほぼ歩みをともにして外科治療と同様の治療効果が得られる内視鏡治療の開発が試みられてきた.長年にわたる創意工夫の結果,胃前後壁を縫い合わせ胃の容積を小さくする方法や,消化管壁表層を樹脂製のスリーブで被覆して栄養吸収をコントロールする方法など,さまざまなアプローチによる手技が開発され臨床的評価が始まっている.すでに短期の治療効果では,外科治療と同等の体重減少効果が報告されており,現在の開発の主眼は,いかに長期成績を向上させ...
ESD 手技の工夫 mesnaを用いたESD
樺 俊介, 炭山 和毅, 田尻 久雄
臨床消化器内科   28(12) 1662-1664   Oct 2013
消化管における内視鏡診断の最先端 動画でみる画像強調観察 生体内十二指腸Endocytoscopy 最も適した染色溶液は?
郷田 憲一, 吉村 昇, 土橋 昭, 小林 正邦, 猪又 寛子, 千葉 允文, 金澤 慶典, 森 直樹, 玉井 尚人, 大谷 友彦, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   83(Suppl.) s69-s69   Jun 2013
粘膜下層深部浸潤癌が疑われた十二指腸Brunner腺腫の1例
原 裕子, 郷田 憲一, 土橋 昭, 小林 雅邦, 猪又 寛子, 千葉 充文, 金澤 慶典, 森 直樹, 大谷 友彦, 玉井 尚人, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   83(Suppl.) s117-s117   Jun 2013
内視鏡用に新しく開発された小型消化管縫合器(Overstitch)を用いたESD後潰瘍の閉鎖に関する研究
小林 雅邦, 炭山 和毅, 番 大和, 井出 大資, 猪又 寛子, 土橋 昭, 玉井 尚人, 大谷 友彦, 加藤 智弘, 田尻 久雄
Gastroenterological Endoscopy   55(Suppl.1) 1237-1237   Apr 2013
食道胃接合部に発生し扁平上皮下浸潤を伴った小SM癌の1例
小林 雅邦, 土橋 昭, 郷田 憲一, 井出 大資, 猪又 寛子, 千葉 允文, 金澤 慶典, 森 直樹, 大谷 友彦, 玉井 尚人, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 小村 伸朗, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   82(Suppl.) s89-s89   Dec 2012
NBI拡大観察しえた十二指腸Brunner腺由来腺癌の1例
三石 雄大, 郷田 憲一, 土橋 昭, 吉村 昇, 小林 雅邦, 猪又 寛子, 千葉 允文, 金澤 慶典, 森 直樹, 玉井 尚人, 大谷 友彦, 炭山 和毅, 内山 勇二郎, 倉持 章, 豊泉 博文, 斎藤 彰一, 今津 博雄, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   82(Suppl.) s106-s106   Dec 2012
NOTESは生き残れるか NOTESから生まれた粘膜下層内視鏡(submucosal endoscopy)
炭山 和毅, 池田 圭一, 田尻 久雄
日本臨床外科学会雑誌   73(増刊) 377-377   Oct 2012
【内視鏡"もう一工夫"】 上部消化管/止血法 アルゴンプラズマ凝固による止血術
小林 雅邦, 炭山 和毅, 田尻 久雄
消化器内視鏡   24(9) 1450-1452   Sep 2012
膵悪性腫瘍診断における電子ラジアル式EUSと電子コンベックス式EUSの比較検討
金澤 慶典, 今津 博雄, 森 直樹, 池田 圭一, 角谷 宏, 炭山 和毅, 田尻 久雄
Gastroenterological Endoscopy   54(Suppl.2) 2813-2813   Sep 2012
十二指腸非乳頭部腺腫・粘膜癌に対して生体内で観察されたEndocytoscopy像の臨床病理学的解析
郷田 憲一, 吉村 昇, 土橋 昭, 玉井 尚人, 大谷 友彦, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 池上 雅博
Gastroenterological Endoscopy   54(Suppl.2) 2958-2958   Sep 2012
【先端技術新潮流〜画像ガイド下治療】 NOTESに向けての試み
炭山 和毅, 田尻 久雄
映像情報Medical   44(6) 529-533   Jun 2012
消化管 NOTESの可能性
炭山 和毅, 田尻 久雄
Annual Review消化器   2012 45-49   Jan 2012
Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery(NOTES)とは,人が元来もつ口や肛門,腟などの開口部から手術器具を挿入し,腹腔や胸腔内で手術を行う手技の総称である.開発以来,体表面に傷がつかない夢の手術法として脚光を浴びてきた.軟性内視鏡用の縫合器や2本の腕をもつ新しい治療内視鏡など,NOTES実現を目指した革新的内視鏡器具が次々に開発されている.すでに世界各地で臨床経験が報告され,手技の利点と共に限界も明らかになりつつある.日本でも,20...
メスナ局注併用大腸ESDの臨床導入
大谷 友彦, 炭山 和毅, 相原 弘之, 斎藤 彰一, 鈴木 武志, 加藤 智弘, 田尻 久雄
日本大腸検査学会雑誌   28(2) 120-120   Jan 2012
消化器内視鏡業務に関連する患者情報管理と誤薬予防における安全管理
荒川 廣志, 小山 誠太, 安達 世, 倉持 章, 三戸部 慈実, 月永 真一郎, 小田原 俊一, 高原 映崇, 松平 浩, 湯川 豊一, 永妻 啓介, 佐藤 憲一, 内山 幹, 炭山 和毅, 斉藤 彰一, 鈴木 武志, 小井戸 薫雄, 加藤 智弘, 角谷 宏, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本大腸検査学会雑誌   28(2) 122-122   Jan 2012
安全で効率的な緊急大腸内視鏡検査の適応に関する検討
荒川 廣志, 斉藤 彰一, 大谷 友彦, 相原 弘之, 炭山 和毅, 鈴木 武志, 小山 誠太, 安達 世, 倉持 章, 三戸部 慈実, 月永 真一郎, 小田原 俊一, 高原 映崇, 松平 浩, 湯川 豊一, 永妻 啓介, 佐藤 憲一, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 加藤 智弘, 角谷 宏, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本大腸検査学会雑誌   28(2) 123-123   Jan 2012
内視鏡的全層切開を併用した噴門部近傍の胃部分切除術における工夫
佐々木 敏行, 三森 教雄, 渡部 篤史, 青木 寛明, 坪井 一人, 西川 勝則, 小村 伸朗, 石橋 由朗, 中田 浩二, 柏木 秀幸, 矢永 勝彦, 炭山 和毅, 池田 圭一, 田尻 久雄
日本内視鏡外科学会雑誌   16(7) 451-451   Dec 2011
郷田 憲一, 土橋 昭, 吉村 昇, 炭山 和毅, 豊泉 博史, 加藤 智弘, 田尻 久雄, 池上 雅博, 貝瀬 満
胃と腸   46(12) 1826-1834   Nov 2011
表在性Barrett腺癌の早期発見において,まずは通常内視鏡で発赤・凹凸不整の所見を見落とさないことが重要である.次に拡大内視鏡を併用したNBI観察を行う際には,最初に中等度拡大観察でBarrett粘膜・食道全体を観察する.腫瘍を疑う病変を認めた際,その辺縁から中心へと病変全体を観察し,粘膜模様の異常所見(不整な粘膜模様や粘膜模様の微小化・消失)の有無とその領域性(demarcation lineの有無)について評価する.その後,拡大率を上げて,不整な微小血管像(拡張と形状不均一)の有無を...
ここまで出来るNOTES 日本におけるNOTES臨床応用および機器開発の現状と課題
池田 圭一, 安田 一弘, 炭山 和毅, 北野 正剛, 田尻 久雄
日本臨床外科学会雑誌   72(増刊) 429-429   Oct 2011
hybrid NOTESによりEFTRを施行した、胃粘膜下腫瘍の1例
村上 慶四郎, 川村 統勇, 川村 武, 佐々木 邦明, 野口 忠昭, 細野 知宏, 炭山 和毅, 三森 教雄
日本臨床外科学会雑誌   72(9) 2471-2471   Sep 2011
内視鏡治療と腹腔鏡手術の接点 噴門部壁内発育型粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡補助下内視鏡的全層切除術
大谷 友彦, 炭山 和毅, 佐々木 敏行, 三森 教雄, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   79(1) 72-72   Jun 2011
Inverted growthを示した表在十二指腸腺癌の1例
土橋 昭, 郷田 憲一, 吉村 昇, 加藤 智弘, 斉藤 彰一, 豊泉 博文, 炭山 和毅, 長野 寛史, 田尻 久雄, 池上 雅博
Progress of Digestive Endoscopy   79(1) 84-84   Jun 2011
【画像ガイド下治療の今】 胃癌に対する画像ガイド下治療の現状
炭山 和毅, 三森 教雄, 田尻 久雄
映像情報Medical   43(6) 485-489   Jun 2011

Books etc

 
NBI/BLI Atlas
Kamba S, SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H
Nihon Medical Center   2014   
Endoscopic Submucosal Dissection – Principles and Practice
SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H.
Springer   2013   
Practical Gastroenterology and Hepatology: Esophagus and Stomach
SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H.
2010   
The second edition of Clinical Gastrointestinal Endoscopy
SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H, Gostout CJ.

Conference Activities & Talks

 
The detection rate of colorectal polyps with an artificial intelligence algorithm in the dynamic analysis using video clips.
Matsui H, Kamba S, Koizumi A, Horiuchi H, Sumiyama K, Fukuda A, Fujimoto Y.
Digestive Disease Week 2019   19 May 2019   
Checking up on the small intestine is necessary in case of primary malignant lymphoma of the gastrointestinal tract due to high duplication rate; a clinicopathological analysis of 181 cases.
Maruyama Y, Miyashita H, Aakita Y, Miyazaki R, Nagata Y, Noguchi M, Sawada R, Mitobe J, Mitsunaga M, Kato T, Saruta M, Sumiyama K.
Digestive Disease Week 2019.   19 May 2019   
Real-time computer-aided diagnosis of diminutive colorectal polyps using an autofluorescence imaging system.
Horiuchi H, Tamai N, Kamba S, Inomata H, Ohya TR, Sumiyama K.
Digestive Disease Week 2019   19 May 2019   
The endoscopic ultrasound diagnostic criteria for endoscopic papillectomy in early benign and malignant ampulllary tumours.
Shimamoto N, Abe T, Kanazawa K, Chiba M, Nakano M, Tsukinaga S, Torisu Y, Toyoizumi H, Kato M, Sumiyama K.
Digestive Disease Week 2019   19 May 2019   
Association between gut microbiota composition of biliary sludge in occluded stents and refractory stent dysfunction: a first microbiota assessment using 16S RRNA gene sequencing.
Kawahara Y, Furuhashi H, Sugawara I, Isshi K, Suda W, Kato M, Sumiyama K, Hattori M.
Digestive Disease Week 2019   18 May 2019   
Characteristics of superficial esophageal squamous cell carcinomas undetecatable with narrow-band imaging endoscopy.
Ono S, Dobashi A, Koizumi A, Horiuchi H, Matsui H, Furuhashi H, Hara Y, Kamba S, Sumiyama K.
Digestive Disease Week 2019   18 May 2019   
Long-term outcomes in the patients with PT1A-MM/T1B-SM1 esophageal squamous cell carcinoma preceding endoscopic resection.
Hara Y Dobashi A, Koizumi A, Furuhashi H, Matsui H, Ono S, Sumiyama K.
Digestive Disease Week 2019   18 May 2019   
当院の院内癌登録データベースを用いた大腸癌統計の変遷
小野 真吾, 炭山 和毅
第53回日本成人病(生活習慣病)学会.   12 Jan 2019   
Endoscopy Ⅰ
SUMIYAMA Kazuki
SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference   8 Nov 2018   
A Randomized controlled animal study to evaluate the technical feasibity of chemically assisted submucosal dissection technique with the continous application of MESNA.
Koizumi A, Kobayashi M, Hirooka S, Sumiyama K.
United European Gastroenterology Week 2018   23 Oct 2018   
食道アカラシア合併膵癌に経口内視鏡的筋層切開術を施行した1例
藤田 正彦, 星野 真人, 矢野 文章, 坂本 太郎, 松井 寛昌, 炭山 和毅, 三森 教雄, 矢永 勝彦
日本臨床外科学会雑誌   Jul 2018   
Competency assessment for gastric endoscopic submucosal dissection using an endoscopic part-tast training box.
Horiuchi H, Tamai N, Kamba S, Inomata H, Ohya TR, Kato M, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week(DDW2018)   5 Jun 2018   
Iodine stainig following narrow-band imaging for the detection of synchronous esophageal squamous cell carcinoma in patients with head and neck cancers.
Furuhashi H, Goda K, Hara Y, Dobashi A, Matsui H, Ohya TR, Kato M, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week(DDW2018)   5 Jun 2018   
Gemcitabine-mediated antitumor effect for pancreatic ductal adenocarcinoma enhanced with VEGFR2-targeted microbubble destruction using endoscopic ultrasound. A pilot study using mouse allograft models.
Shimamoto N, Imazu H, Ito M, Homma S, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week   5 Jun 2018   
Clinicopathological features of gastric adenocarcinoma of fuidic gland type with and without H.Pylori infection.
Kobayashi M, Horiuchi H, Matsui H, SUMIYAMA Kazuki, Hirooka S.
Digestive Disease Week(DDW2018).   2 Jun 2018   
The detection and differential diagnosis for colorectal lesions during routine colonoscopy with an artificial intelligence assistance.
Kamba S, Horiuchi H, Wang G, Kutsuna N, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week(DDW2018)   2 Jun 2018   
「日常診療に役立つ画像強調観察」 JNET分類を用いたCold snare polypectomy適応決定の妥当性に関する検討
小泉 彰郎, 玉井 尚人, 炭山 和毅
第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会.   17 Jun 2018   
「大腸ポリープのマネジメント-診断・切除・フォローアップ」 大腸微小病変の質的診断における自家蛍光内視鏡を用いたリアルタイム自動診断の有用性の検討
堀内 英華, 玉井 尚人, 樺 俊介, 大谷 友彦, 炭山 和毅
Progress of Digestive Endoscopy   17 Jun 2018   
大腸腫瘍性病変に対する内科と外科のコラボレーション治療 次世代治療内視鏡プラットフォームの現況と課題
炭山 和毅
10 May 2018   
胃底腺型胃癌のH.pylori感染例・未感染例の臨床病理学的検討
堀内 英華, 小林 雅邦, 炭山 和毅, 小泉 彰郎, 松井 寛昌, 古橋 広人, 原 裕子, 廣岡 信一
12 May 2018   
下咽頭亜部位別の上皮下層リンパ管分布に関する組織学的検討
荒川 廣志, 番 大和, 小山 誠太, 安達 世, 炭山 和毅
10 May 2018   
術後再発胆管癌に対し直視鏡下でのスパイグラス(Spyglass: Boston Scientific社製)が術範囲決定に有効であった1例
小山 誠太, 番 大和, 安達 世, 荒川 廣志, 月永 真太郎, 加藤 正之, 炭山 和毅, 沖 沙佑美, 鈴木 静香, 金井 友哉, 伊藤 善翔, 熊谷 祐, 北村 博顕, 藤岡 秀一, 三澤 健之, 鈴木 正章
10 May 2018   
肛門から脱出したS状結腸有茎性巨大平滑筋腫の1例
神岡 洋, 山崎 琢士, 野口 正朗, 宮下 春菜, 秋田 義博, 丸山 友希, 蜂谷 眞未, 宮崎 亮佑, 永田 祐介, 西村 尚, 澤田 亮一, 櫻井 俊之, 三戸部 慈実, 光永 眞人, 加藤 智弘, 猿田 雅之, 炭山 和毅
Gastroenterological Endoscopy   Apr 2018   
上部消化管出血性潰瘍における再出血に関する因子の検討
小泉 彰郎, 小林 雅邦, 堀内 英華, 松井 寛昌, 古橋 広人, 原 裕子, 炭山 和毅
10 May 2018   
当院における悪性胃十二指腸狭窄に対する胃十二指腸ステントと胃空腸バイパス術の比較検討
島本 奈々, 番 大和, 荒川 廣志, 加藤 正之, 炭山 和毅
第95回日本消化器内視鏡学会総会   12 May 2018   
Submucosal Endoscopy
大谷 友彦, 炭山 和毅
9 Mar 2018   
Therapeutic platform for endoluminal surgery. We do what we have to do, so what we can do what we want to do.
Sumiyama K
The 1st International Symposium on Flexible Endoscopic Surgery   26 Jan 2018   
Comparing risks of adverse events associated with percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG) placement between the modified introducer technique and the overtube assisted pull technique.
Matsui H, SUMIYAMA Kazuki
25th UEG Week   1 Nov 2017   
In vivo imaging of the enteric nerve system with confocal laser endomicroscopy
SUMIYAMA Kazuki
APDW2017   25 Sep 2017   
VEGFR2-targeted ultrasound contrast agent selectively accumulates into pancreatic carcinoma in the allograft mouse model :a pilot study using time intensity curve of endoscopic ultrasound imaging.
Shimamto N, Imazu H, Chiba M, Ito M, Homma S, SUMIYAMA Kazuki
2017 World Molecular Imaging Congress.   14 Sep 2017   
Clinical validity and cost effectiveness of prophylactic topical steroid injection to prevent stricture after widespread esophageal endoscopic submucosal dissection.
Furuhashi H, Ohya TR, HaraY, Dobashi A, Goda K, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week   9 May 2017   
ENDOSCOPIC FULL-THICKNESS RESECTION USING A NOVEL AUTOMATIC CO2 INSUFFLATOR.
Kanba S, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week (DDW2017).   8 May 2017   
Simplified criteria of Narrow Band Imaging findings for diagnosis of superficial esophageal squamous cell carcinoma.
Dobashi A, Goda K, Furuhashi H, Matsui H, Hara Y, Kamba S, Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki, Hirooka S, Hamatani S, Ikegami M, Tajiri H.
Digestive Disease Week   8 May 2017   
Short- and long-term outcomes of more than 100 cases of endoscopically treated superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors (SNADETs).
Hara Y, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week (DDW2017)   7 May 2017   
Enteric nervous system visualization of hirschsprung‘s disease using confocal laser endomicroscopy: EX VIVO human trial.
Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week   6 May 2017   
What is the latest in endoscopic treatment of GI surgery complications Japanese experience
SUMIYAMA Kazuki
SAGES2017   23 Mar 2017   
Enteric nervous system visualization with cresyl violet-assisted confocal laser endomicroscopy.
SUMIYAMA Kazuki
The 3rd international Symposium on the project“Multidisciplinary Computational Anatomy”.   9 Mar 2017   
Enteric Nervous System Visualization Using Confocal Laser Endomicroscopy.
Kobayashi M, Shimojima N, Fujigasaki J. Kamba S, SUMIYAMA Kazuki
Asian Pacific Digestive Week (APDW2016)   5 Nov 2016   
Minimum criteria of Narrow Band Imaging magnification endoscopy for the detection of superficial esopageal squamous cell carcionma: A randomized trial.
Dobashi A, Goda K, Hara Y, SUMIYAMA Kazuki, Hirooka S, Hamatani S, Ikegami M, Tajiri H.
Minimum criteria of Narrow Band Imaging magnification endoscopy for the detection of superficial esopageal squamous cell carcionma: A randomized trial.   24 May 2016   
Short- and long-term outcomes of endoscopic resection for superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors (SNADETs).
Hara Y, Goda K, Dobashi A,SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H, Mitsuishi Y, Hirooka S, Ikegami M.
Digestive Disease Week(DDW2016)   22 May 2016   
The Competency Assessment for Gastric Endoscopic Submucosal Dissection Using an Endoscopic Part-Task Training Box.
Tamai N, Ando Y, Kato M, SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease Week(DDW2016).   21 May 2016   
Diagnosis of Upper GI. 
SUMIYAMA Kazuki
JGES-Asian International Joint Symposium - with the 15th JKSGE The 91st Congress of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society.   12 May 2016   
Past and current trends of endoscopic diagnosis for early stage gastric cancer in Japan. 
SUMIYAMA Kazuki
88th Annual Meeting of The Japanese Gastric Cancer Association.   18 Mar 2016   
Next generation endoluminal interventions (ESD, submucosal endoscopy, and full thickness resection) 
SUMIYAMA Kazuki
SIES2016 International Endoscopy Symposium   26 Feb 2016   
Enteric nervous system visualization with cresyl violet-assisted confocal laser endomicroscopy.
SUMIYAMA Kazuki
The 2nd International Symposium on Multidisciplinary Computational Anatomy.   12 Feb 2016   
Risk factors for metachronous early gastric cancer development after endoscopic resection of early gastric cancer -10 years follow-up data.
Hayashi E, Kato M, Hino S, Inagaki Y, Abe T, Kawahara Y, Kato T, Tajiri H, SUMIYAMA Kazuki
APDW 2015   23 Dec 2015   
Pulley Assisted “Suture & Cut” EFTR with Off-The-Shelf Devices.
KAMBA Shunsuke ,SUMIYAMA Kazuki
International Digestive Endoscopy Network 2015.   12 Sep 2015   
ESD Risk Management
SUMIYAMA Kazuki
DEST 2015   23 Aug 2015   
Differences in the endoscopic training programs between the US and Japan
Tamai N, SUMIYAMA Kazuki, Tajiri H.
30 May 2015   
Endocytoscopy for Superficial Non-Ampullary Duodenal Epithelial Tumors: A Feasibility Study.
Dobashi A, Goda K, Yoshimura N, Mitobe J, Hara Y, SUMIYAMA Kazuki , Toyoizumi H, Kato T, Tajiri H, Hirooka S, Hamatani S, Ikegami M.
Digestive Disease Week(DDW2015).   17 May 2015   
Influence of reviewers’ clinical backgrounds over interpretation of confocal laser endomicroscopy for superficial gastric lesions. An international multi-centric study.
SUMIYAMA Kazuki
Endoscopy meets pathology   22 Oct 2014   
Screening for gastric cancer. East meets West,
SUMIYAMA Kazuki
UEGW2014   21 Oct 2014   
Quality endoscopy: From East to West, Upper GI diagnosis,
SUMIYAMA Kazuki
7th ESGE-JGES joint symposium, UEGW 2014   20 Oct 2014   
Endoscopic investigation of deeper layers
SUMIYAMA Kazuki
JGES/ASGE Joint Symposium for Advanced Imaging   15 May 2014   
Fluorescein Assisted Confocal Laser Microscopy Imaging of the Mucscularis Propria in Porcine Models.
Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki, Matsui H, Kamba S, Tajiri H, Takahashi T, Nakajima K.
Digestive Disease Week (DDW2014).   5 May 2014   
Development of Endoscopic Full-Thickness Resection With the Pulley Assisted "Suture & Cut" Technique.
Kamba S, SUMIYAMA Kazuki, Kobayashi M, Nakajima K, Tajiri H.
Digestive Disease Week (DDW2014).   3 May 2014   
Confocal Endomicroscopy for Upper GI Neoplasia
SUMIYAMA Kazuki
1st JGES-ASGE joint symposium DDW2014   3 May 2014   
ESD for Stomach, Panel Endoscopic Submucosal Dissection (ESD) When will we catch up with our Japanese colleagues?
SUMIYAMA Kazuki
4 Apr 2014   
A simplified criteria of NBI magnified endoscopy findings for diagnosing superficial oesophageal squamous cell carcinoma.
Dobashi A, Goda K, Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki, Toyoizumi H, Kato T, Matsushima M, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013).   16 Oct 2013   
Comparison of superficial gastric neoplasia diagnosis with a probe based confocal laser endomicroscopy (CLE) between gastroenterology fellows and expart endoscopists without any clinical experience of CLE after a brief WEB-based training.
SUMIYAMA Kazuki, Kobayashi M, Ogawa M, Matsui H, Kanba S, Mizuno Y, Tamai N, Ohya TR, Toyoizumi H, Kato T, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013).   16 Oct 2013   
EX VIVO pilot study for confocal endomicroscopic imaging gastrointestinal stromal tumors.
Ohya TR, SUMIYAMA Kazuki, Kobayashi M, Fujigasaki J, Dobashi A, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013).   15 Oct 2013   
The feasibility study of chemically assisted endoscopic submucosal dissection using MESNA for superficial oesophageal squamous neoplasms.
Dobashi A, Goda K, Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki, Toyoizumi H, Kato T, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013)   14 Oct 2013   
Efficacy of color intensity analysis using a novel auto-fluorescence imaging system for predicting depth of invasion in dcolorectal neoplasia.
Tamai N, Inomata H, Ide d, Ohya TR, Aihara H, SUMIYAMA Kazuki, Saito S, Imazu H, Kato T, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013).   14 Oct 2013   
Durability comparison of mucosal appositions and inverted serosa to serosa closures for repairing large GI wall defects using an endoscopic suturing device.
Kobayashi M, SUMIYAMA Kazuki, Ban Y, Dobashi A, Ohya TR, Nakajima K, Tajiri H.
United European Gastroenterology (UEGW2013).   14 Oct 2013   
Early gastric cancer diagnosis (NBI + magnification, confocal endomicroscopy) WEO Lectures WEO learning theatre
SUMIYAMA Kazuki
APDW2013   23 Sep 2013   
A double blinded randomized placebo controlled trial for the chemically assisted gastric ESD with mesna submucosal ingection.
SUMIYAMA Kazuki
Digestive Disease week (DDW 2013)   18 May 2013   
Endoscopic Full-thickness resection
SUMIYAMA Kazuki
Gastric cancer symposium Seoul International Digestive Disease Symposium   23 Nov 2012   
Chemically assisted endoscopic submucosal dissection (CA-ESD)with a rubber brand tissue traction deice for colorectal neoplasia removal.
Ohya TR, SUMIYAMA Kazuki, Dobashi A, Tamai N, Aihara H, Saito S, Kato T, Tajiri H.
20th United European Gastroenterology Week   23 Oct 2012   
Ultrasound-assisted Liposuction of the greater omentum: A pilotstudy using obese mini-pigs.
SUMIYAMA Kazuki, Dobashi A, Ohya TR, Utsunomiya K, Tajiri H.
UEGW 2012   23 Oct 2012   
Endoscytoscopy for superficial duodenal neoplasms.
Goda K, Yoshimura N, Dobashi A, Tamai N, Ohya TR, SUMIYAMA Kazuki, Toyoizumi H, Kato T, Tajiri H, Ikegami M.
Digestive Disease Week   22 May 2012   
Can the Gastric ESD Be Improved Further? A Review of Outcomes of a High Volume Institution With More Than Ten Years and Thousand Cases Experience.
Hoshino M, SUMIYAMA Kazuki, Dobashi A, Ohya TR, Yoshimura N, Toyoizumi H, Goda K, Kato T, Arihiro S, Tajiri H.
Digestive Disease Week   22 May 2012   
Endomicroscopy of intramuscular neuronal network using confocal laser endomicroscopy –a new diagnostic approach for enteral motility disorders.
SUMIYAMA Kazuki, Kiesslich R, Ohya TR, Goetz M, Hisao T.
Digestive Disease Week   May 2012   
CLE Observation of Muscularis Propria and Myenteric Plexus.
SUMIYAMA Kazuki, Kieslich R, Tajiri H.
Innovation Forum, The Future of Endomicroscopy through new indications and technologies, ICCU 2012   2012   
First Experience of CLE Myenteric Plexus Observation in Human.
SUMIYAMA Kazuki
ICCU 2012   2012   
Balloon mechanical submucosal dissection technique for lesions with basal fibrotic scarring using a newly developed tunneling balloon catheter.
SUMIYAMA Kazuki
19th United European Gastroenterology Week   25 Oct 2011   

Research Grants & Projects

 
Endoscopic Therapeutic Management with High Dimensional Image Guide
The Other Research Programs
Gastrointestinal Endoscopic Therapy
The Other Research Programs
Natrural orifice translumenal endoscopic surgery
The Other Research Programs
Project Year: 2004