前田 正信

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
前田 正信
 
マエダ マサノブ
URL
http://www.wakayama-med.ac.jp/gaiyou/kyousitu.html
所属
和歌山県立医科大学
部署
医学部 医学科専門課程 生理学第2講座
職名
教授
学位
医学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1991年
 大阪市立大学医学部 助手
 
1989年
 - 
1991年
 米国ニュージャージー医科歯科大学
 
 
   
 
 医学部ニュージャージー校 訪問教授
 
1991年
 - 
1992年
 大阪市立大学医学部 講師
 
1993年
 - 
2000年
 産業医科大学産業生態科学研究所 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
大阪市立大学大学院 医学研究科 外科系(脳神経外科学)
 
 
 - 
1979年
大阪市立大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2010年
 日本生理学会 常任幹事
 
2010年
 - 
2012年
 日本生理学会 理事
 
2008年
   
 
-  日本生理学会 将来計画委員会 委員長
 
1991年
   
 
日本生理学会  評議員
 
1994年
   
 
日本神経科学学会  専門会員
 

受賞

 
1997年
ブルガリア病態生理学会 名誉会員(Honorable Member of Bulgarian Association of Clinical and Experimental Pathophysiology)
 
1998年
財団法人労働問題リサーチセンター沖永賞
 
1998年
木村記念循環器財団 奨励賞
 

Misc

 
Moyamoya disease and extracranial-intracranial arterial anastomosis(共著)
Kitano hospital journal of medicine   25(2) 53-58   1980年
脳血管攣縮に対するdopamineによる高血圧療法について(共著)
MEDICO   11(5) 38-40   1980年
Neurologica medico-chirurgica (Tokyo)   22(4) 314-318   1982年
頸椎後縦靭帯骨化症におけるtrans-unco-discal approach(TUD法)を応用した病巣切除術(共著)
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   26(4) 1226-1230   1983年
Plateau waves and cerebral autoregulation. (共著)
Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism   5(Suppl.1) S65-S66   1985年

書籍等出版物

 
もやもや病に対する頭蓋外-頭蓋内血管吻合術の経験(共著)
第9回脳卒中の外科研究会講演集 にゅーろん社   1980年   
Brain edema and neurogenic function. (共著)
Brain edema. Springer-Verlag   1985年   
Pressure wave-like changes in ICP produced by electric stimulation of the brainstem, hypothalamus and cerebral cortex in cats. (共著)
Intracranial Pressure Ⅵ. Springer-Verlag   1986年   
Increase in ICP produced by electrical stimulation of the brain stem reticular formation in cats with spinalization and vagotomy. (共著)
Intracranial Pressure Ⅶ. Springer-Verlag   1989年   
Effects of electrical stimulation of the brain stem reticular formation on intracranial pressure and cerebral blood volume in spinal cats with vagotomy.
Neurotransmission and Cerebrovascular function Volume Ⅰ. Elsevier Science Publishers B. V. (Biomedical Division)   1989年   

Works

 
前帯状回および小脳室頂核電気刺激の頭蓋内圧に及ぼす影響
1986年
延髄孤束核による脳循環調節の脳内神経経路とその神経伝達物質
1992年
心臓血管中枢による脳循環の調節機構に関する共同研究
1992年
延髄心臓血管中枢による脳循環の調節
1992年
酵素電極法によるバイオセンサーによる脳内神経伝達物質の測定
1994年

競争的資金等の研究課題

 
中枢性循環調節の研究:様々な新規ペプチドを脳へ微量注入することによる循環変化の観察
研究期間: 1989年   
様々な新規ペプチドの脳(心臓血管中枢、孤束核、延髄腹外側部)での循環(血圧、心拍数、局所血流量)への役割の解明
脳・心臓へタンパク質を導入した時の生体機能の変化の観察
研究期間: 2003年   
脳・心臓へタンパク質を導入した時の生体機能の変化を観察し、タンパク質治療という新しい治療法を模索する