西野 憲和

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/03 13:27
 
アバター
研究者氏名
西野 憲和
 
ニシノ ノリカズ
URL
http://www.life.kyutech.ac.jp/~nishino/
学位
理学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
九州工業大学 大学院生命体工学研究科(独立研究科博士課程) 生体機能専攻 生命体工学研究科 生体機能専攻 教授
 
1975年
 - 
1979年
 ジョージア工科大学 博士研究員
 
1979年
 - 
1981年
 九州大学理学部研究生
 
1981年
 - 
1993年
 九州工業大学助教授
 
1993年
 - 
2001年
 九州工業大学教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
九州大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1970年
九州大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2008年
   
 
ヨーロッパペプチド学会  
 
2008年
   
 
高分子学会  
 
2008年
   
 
日本ペプチド学会  
 
2008年
   
 
日本化学会  
 
2008年
   
 
日本生化学会  評議員
 

Misc

 
ODA Yuuichiro, TOKITA Kazutaka, OTA Yoshihiko, LI Ying, TANIGUCHI Keisuke, TANIGUCHI Keisuke, NISHINO Norikazu, TAKAGI Katsumasa, YAMAMOTO Tetsuro, NISHIURA Hiroshi
J. Biochemistry   144(3) 371-381   2008年
KOBATA Keisuke, OGAWA Junya, PANDEY Shyam S., OSHIMA Hidetoshi, ARAI Toru, KATO Tamaki, NISHINO Norikazu
Synthetic Metals   157(6-7) 311-317   2007年
OKUYAMA Kenji, NARITA Hirotaka, KAWAGUCHI Tatsuya, NOGUCHI Keiichi, TANAKA Yuji, NISHINO Norikazu
Biopolymers   86(3) 212-221   2007年

Works

 
疾患の原因となる酵素のセンシング技術の研究開発
2008年 - 2009年
タンパク質分解酵素センシング技術のがん診断への可能性検証
2007年
新規ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の創薬化学研究
2004年
バイオアフィニティーマイクロセンシングシステムの開発
2002年 - 2007年
健康管理と食品管理のための酵素活性検出システム技術の開発
2004年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
疾患の原因となる酵素のセンシング技術の研究開発
研究期間: 2008年   

特許

 
ヒストン脱アセチル化酵素阻害活性を有する化合物とそれを有効成分とする医薬
特開2008-143886
糖尿病合併症検査用試薬
特開2008-271963
糸状菌の分化抑制剤
特開2007-262058
レドックス応答性発光プローブ及びそれを用いる検出方法
特開2008-164554
蛍光測定装置
特開2008-249663