山口 誉夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:22
 
アバター
研究者氏名
山口 誉夫
 
ヤマグチ タカオ
所属
群馬大学
職名
教授
学位
博士(工学)(群馬大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
 
   
 
日本機械学会  機械力学部門「機械工学における力学系理論の応用に関する研究会」委員
 
 
   
 
制振工学研究会  技術交流会実行委員会担当幹事
 
 
   
 
日本機械学会  関東支部第10期群馬ブロック商議員(2003)
 
 
   
 
日本機械学会  機械力学部門非線形振動研究会委員(2000~)
 
 
   
 
日本機械学会  機械力学部門ダンピング研究会委員
 

受賞

 
2005年
日本機械学会関東支部群馬ブロック貢献賞
 
2007年
日本機械学会関東支部群馬ブロック技術賞
 
2016年
日本機械学会賞(論文)
 

Misc

 
丸山 真一 / 永井 健一 / 山口 誉夫 / 加藤 考行
日本機械学会論文集C編   72(720) 2382-2389   2006年
FUJII YUSAKU / YAMAGUCHI TAKAO / Jesus D.R.Varela
Experimental Techniques   May/June2006,64-68    2006年
丸山 真一 / 加藤考行 / 永井 健一 / 山口 誉夫
日本機械学会論文集C編   72(719) 2073-2079   2006年
山口 誉夫 / 黒沢良夫 / 松村修二
日本機械学会論文集(C編)   69(677),34-41    2003年
山口 誉夫 / 黒沢良夫 / 松村修二 / 野村章
日本機械学会論文集(C編)   69(678),297-303    2003年

書籍等出版物

 
制振工学ハンドブック
コロナ社   2008年   ISBN:978-4-339-04585-7
自動車樹脂材料の高機能化技術集
技術情報協会   2008年   ISBN:978-4-86104-206-5
自動車用制振・遮音・吸音材料の最新動向
シーエムシー出版   2018年   ISBN:978-4-7813-1318-4

講演・口頭発表等

 
初期軸圧縮を受ける両端固定偏平アーチのカオス振動実験(日本機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集, No.060-1, pp.451-452, 2006/03)
日本機械学会関東支部第12期総会講演会   2006年   
音響に関するダンピングの数値解析(日本機械学会研究協力事業部会RC208「ダンピング技術の総合化に関する調査研究分科会」第1回分科会資料, pp. 1-30)
日本機械学会研究協力事業部会RC208「ダンピング技術の総合化に関する調査研究分科会」第1回分科会   2003年   
CAEによる防音設計とダンピング設計と構造設計の融合の試み(日本機械学会機械力学・計測制御部門 北陸信越地区研究会第24回北陸信越動的解析・設計研究会資料, pp. 1-72)
日本機械学会機械力学・計測制御部門 北陸信越地区研究会第24回北陸信越動的解析・設計研究会   2003年   
パネル構造物に対する制振材の貼付位置による影響について(制振工学研究会2002技術交流会資料集, SDT02010, pp. 58-61)
制振工学研究会2002技術交流会   2002年   
制振材を積層した自動車パネルの高周波振動解析(制振工学研究会2002技術交流会資料集, SDT02014, pp. 58-62, 2002/11)
制振工学研究会2002技術交流会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
固体+粘弾性体+多孔体+気体が混在する系の動特性、減衰特性のFEM数値解析
共同研究
研究期間: 1986年   
構造の非線形振動、カオス振動
共同研究
研究期間: 1992年   
被介護者・介護者に安全安心な介護用機械アームの生体の動特性と反応を利用した開発
科学研究費補助金
研究期間: 2010年   

特許

 
材料試験法
特許第3944558号
車速警報装置
特許公開平09-315178
Material Testing Method
US 6,918,304 B2