南 富鎭

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 03:15
 
アバター
研究者氏名
南 富鎭
 
ナン ブジン
所属
静岡大学
部署
人文社会科学部 - 言語文化学科
職名
教授
学位
博士(学術)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2002年
筑波大学外国人研究者
 
1999年
 - 
2001年
日本学術振興会外国人特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1999年
筑波大学 文芸・言語研究科 日本文化研究
 
 
 - 
1993年
筑波大学 文芸・言語研究科 日本文化研究
 
 
 - 
1987年
慶北大学校(韓国) 人文学部 国語国文学科
 

受賞

 
2001年9月
第1回筑波大学国語国文学会奨励賞 (課題名:内鮮結婚の文学)
 
2001年8月
第3回松本清張研究奨励賞 (課題名:松本清張の戦争と衛生兵の朝鮮体験)
 

論文

 
松本清張「従軍期」の鉄道
南 富鎭
松本清張研究   (vol)18((num)) (xxx) 52-(zzz)65   2017年3月   [査読有り]
[書評] 『帝国の文学とイデオロギー 満州移民の国策文学』
南 富鎭
『図書新聞』2017年1月14日   (vol)7面((num)) (xxx) 7-(zzz)7   2017年1月   [査読有り]
松本清張と私の衛生兵時代の記憶
南 富 鎭
「清張と戦争」戦後70年特別企画展カタログ   (vol)((num)) (xxx) 15-(zzz)15   2015年8月   [査読有り]
松本清張の葉脈―ル・ボン・魯迅・李光洙・本間久雄・木村毅・バーナード・ショーなど
南 富 鎭
松本清張研究2016   (vol)17((num)) (xxx) 200-(zzz)215   2015年3月   [査読有り]
松本清張の社会派推理小説と自殺・失踪―『点と線』『ゼロの焦点』『波の塔』を手掛かりに
南 富 鎭
松本清張研究2015   (vol)16((num)) (xxx) 138-(zzz)162   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
李箕永著・大村益夫訳『故郷』を読みながら
南 富鎭
翻訳の文化/文化の翻訳   (vol)13((num)) (xxx) 125-(zzz)140   2018年3月
<書評>高橋敏夫『松本清張「隠蔽と暴露」の作家』
南 富鎭
図書新聞   (vol)3343((num)) (xxx) 6-(zzz)6   2018年3月
新資料紹介:張赫宙の葉書2枚と直筆原稿
南 富鎭
人文論集   (vol)68((num)2) (xxx) 85-(zzz)92   2018年1月
〈書評〉廣瀬陽一著『金達寿とその時代 文学・古代史・国家』
南 富鎭
『昭和文学研究』   (vol)75((num)) (xxx) 153-(zzz)155   2017年9月
「朝鮮近代文学選集」の刊行と李泰俊『思想の月夜』
南 富鎭
翻訳の文化/文化の翻訳   (vol)12((num)) (xxx) 79-(zzz)98   2017年3月

書籍等出版物

 
翻訳の文学
南 富 鎭
世界思想社   2011年6月   
司馬遼太郎事典
勉誠出版   2007年12月   
文学の植民地主義―近代朝鮮の風景と記憶
南富鎭
世界思想社   2006年1月   
張赫宙日本語作品選
南富鎭,白川豊共編 (担当:単訳)
勉誠書店   2003年10月   
松本清張の戦争と衛生兵の朝鮮体験
南富鎭
松本清張記念館   2002年8月   

講演・口頭発表等

 
蜜柑と『二十四孝』 [招待有り]
南 富鎭,丁帆,呉俊,張明敏,星野幸代
科研費「現代東アジアの国際共同研究」第四回   2016年7月   
科研費国際共同研究「現代東アジア文学史」 [招待有り]
南 富 鎭,藤井省三,張明敏,陳国偉,金良守
科研費国際共同研究   2015年8月   
李光洙文学思想の比較文化的な系譜ール・ボン、夏目漱石、魯迅、本間久雄を軸にして [招待有り]
南 富 鎭
第2回慶北大学国語国文学科BK+事業団国際学術大会   2015年2月   
松本清張の社会派推理小説と自殺・失踪
南 富 鎭
松本清張研究会   2014年12月   
松本清張と丸山眞男
南 富 鎭
松本清張研究会   2012年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
「親日」・「親日文学」の内面心理と植民地の文化状況
萌芽的研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月