河西 晃祐

J-GLOBALへ         更新日: 13/10/03 15:58
 
アバター
研究者氏名
河西 晃祐
 
カワニシ コウスケ
所属
東北学院大学
部署
文学部 歴史学科
職名
教授
学位
博士(史学)(上智大学第甲第244号)(上智大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
2005年3月
立命館大学文学部非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本大学生産工学部非常勤講師,千葉大学非常勤講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東北学院大学文学部歴史学科専任講師就任、名古屋大学法学部非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
東北学院大学文学部歴史学科  准教授
 
2013年4月
 - 
現在
東北学院大学 文学部歴史学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年
上智大学 文学研究科 
 
 
 - 
1996年
上智大学 文学部 史学科
 

Misc

 
「亜細亜民族運動」と外務省--その認識と対応--
『歴史評論』   (719号) 62-77   2010年
1910-30年代の「帝国秩序」変容と「大東亜共栄圏」構想
『ヨーロッパ文化史研究』   第8号 233-267   2007年
「歴史」・「外交」・「主体」――「満州」帰属問題をめぐる日中歴史学論争――
『東北文化研究所紀要』   38号 96-124   2006年
南洋スマラン植民地博覧会と大正期南方進出の展開
『日本植民地研究』   18号 18-34   2006年
外務省「大東亜共栄圏」構想の形成過程
『歴史学研究』   798号 1-21   2005年

書籍等出版物

 
『図録 押川方義とその時代』
河西晃祐(監修) (担当:監修)
学校法人東北学院   2013年3月   
『争いと人の移動』『講座東北の歴史』第一巻
河西晃祐、安達宏昭編著 (担当:共編者)
清文堂出版   2012年10月   
『帝国日本の拡張と崩壊-「大東亜共栄圏」への歴史的展開』
河西晃祐
法政大学出版局   2012年2月   
「「独立」国という「桎梏」」(『岩波講座 東アジア近現代通史』第6巻)
河西晃祐(共著) (担当:分担執筆)
岩波書店   2011年   
「「帝国」と「独立」――「大東亜共栄圏」における「自主独立」問題の共振――」『年報 日本現代史』第10号
河西晃祐(共著) (担当:分担執筆)
現代史料出版   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
「大東亜共栄圏」をめぐる諸問題
日本学術振興会: 特別研究員(PD)
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 河西晃祐
出版助成 『帝国日本の拡張と崩壊――「大東亜共栄圏」への歴史的展開』
日本学術振興会: 平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(研究成果公開促進費)
研究期間: 2011年       代表者: 河西 晃祐
1930年代における帝国秩序とアジア主義者ネットワークの研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 河西 晃祐
異文化問題としての『大東亜共栄圏』の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 河西 晃祐