赤川 英毅

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/13 10:55
 
アバター
研究者氏名
赤川 英毅
 
アカガワ エイキ
所属
独立行政法人国立循環器病研究センター
部署
研究開発基盤センター 知的資産部
職名
事業化戦略室長
学位
博士(医学)(筑波大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年2月
 - 
現在
日本人工臓器学会  医療産業促進委員会 委員
 
2014年2月
 - 
現在
日本人工臓器学会  学会活性化(循環)委員会 委員
 
2011年
 - 
現在
大阪北部バイオ・ライフサイエンス及びイノベーショナル関連産業活性化協議会委員
 
2012年10月
 - 
2012年11月
大阪市イノベーション創出支援補助金検討部会 委員
 
2009年
   
 
日本人工臓器学会  評議員
 

受賞

 
 
日本バイオレオロジー学会論文賞
 
平成17年度

論文

 
E. Akagawa, H. Lee, E. Tatsumi, A. Homma, T. Tsukiya, and Y. Taenaka, Flow visualization for different port angles of a pulsatile ventricular assist device, Journal of Artificial Organs, 2012, 15, 119-127.
   [査読有り]
H. Lee, Y. Ikeuchi, E. Akagawa, E. Tatsumi, Y. Taenaka and T. Yamamoto, Effects of the leaflets’ geometry on the flow field in three bileaflet valves: using a pneumatic ventricular assist device, Journal of Artificial Organs, 2009, 12, 98-104.
   [査読有り]
H. Lee, E. Akagawa, E. Tatsumi, and Y. Taenaka, Characteristics of cabitation intensity in a mechanical heart valve using a pulsatile device: synchronized analysis between visual images and acoustic signals, Journal of Artificial Organs, 2008, 11, 60-66.
   [査読有り]
A. Homma, Y. Taenaka, E. Tatsumi, E. Akagawa, Development of a compact wearable pneumatic drive unit for a ventricular assist device, Journal of Artificial Organs, 2008, 11, 182-190.
   [査読有り]
E. Akagawa, H. Lee, E. Tatsumi, et al., Effects of mechanical valve orifice direction on flow pattern in a ventricular assist device, Journal of Artificial Organs, 2007, 10, 85-91.
   [査読有り]
H. Lee, E. Akagawa, A. Homma, T. Tsukiya, E. Tatsumi, and Y. Taenaka. Estimation on Mechanical Heart Valve Cavitation in a Pneumatic Ventricular Assist Device. Journal of Artificial Organs, 2007 10, 181-185.
   [査読有り]
E. Akagawa, K. Ookawa and N. Ohshima, Endovascular stent configuration affects intraluminal flow dynamics and in vitro endothelialization, Biorheology, 2004, 41, 665-680.
   [査読有り]

Misc

 
H. Lee, Y. Ikeuchi, E. Akagawa, E. Tatsumi, Y. Taenaka and T. Yamamoto
Journal of Artificial Organs   12(2) 98-104   2009年
A. Homma, Y. Taenaka, E. Tatsumi, E. Akagawa, H. Lee, T. Nishinaka, Y. Takewa, T. Mizuno,, T. Tsukiya, Y. Kakuta, N. Katagiri, I Shimosaki, S. Hamada, H. Mukaibayashi, and W. Iwaoka
Journal of Artificial Organs   11(4) 182-190   2008年
E. Akagawa, H. Lee, E. Tatsumi, A. Homma, T. Tsukiya, N. Katagiri, Y. Kakuta, T. Nishinaka, T. Mizuno, K. Ota, R. Kansaku, and Y. Taenaka
Journal of Artificial Organs   10(2) 85-91   2007年
H. Lee, E. Akagawa, A. Homma, T. Tsukiya, E. Tatsumi, and Y. Taenaka
Journal of Artificial Organs   10(3) 181-185   2007年

書籍等出版物

 
E. Akagawa, K. Ookawa and N. Ohshima, Biomechanical considerations of the design of endovascular stents: effect of coil-pitch on intraluminal flow movement. in: Tissue Engineering for Therapeutic Use 6, Y. Ikada, Y. Umakoshi and T. Hotta, eds,
Elsevier Scinece   2002年   
赤川英毅,大屋知子,岩田倫明,中田はる佳,巽英介,長谷川周平,原口亮,妙中義之:研究医療機関での機器開発拠点化の現況と展望-産学連携をともなった知的資産活用の観点から-,医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,2014,45,200-205.
赤川英毅,国立循環器病研究センターでの事業化を推進する産学連携活動,循環器病研究の進歩,協和企画,東京,2011,32,2-8.
赤川英毅,巽英介,長谷川周平,妙中義之;均てん化と事業創出を展望した国循の食事業の現況,循環器病研究の進歩,協和企画,東京,2013,34,16-20.

Works

 
技術士(機械)として文部科学省に登録
2003年

競争的資金等の研究課題

 
「Bridge to Decisionを目的とした超小型補助循環システム並びに頭蓋内・心血管治療用の新規多孔化薄膜カバードステントに関する医師主導型治験及び実用化研究」平成 23 年度~平成 27 年度,分担研究者
厚生労働省: 厚生労働科学研究費
研究期間: 2011年10月 - 2016年3月    代表者: 峰松 一夫
「医療機器の開発に関する知的財産評価指標の有用性評価と妥当性検証」平成 24 年度~平成 26 年度,研究代表者
文部科学省,日本学術振興会: 文部科学研究費 基盤研究B
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 赤川 英毅
「骨髄単核球を用いた細胞治療の一般普及を目指した簡便且つ細胞調製施設が不要な幹細胞分離デバイスの開発」平成 24 年度~平成 26 年度,分担研究者
厚生労働省: 厚生労働科学研究費
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山原 研一
「臨床ニーズのあるデバイスが製品化されない現状を解決する連合的な医療機器の開発・改良」平成22年度~平成23年度,統括研究代表者
経済産業省: 課題解決型医療機器の開発・改良に向けた病院・企業間の連携支援事業
研究期間: 2011年3月 - 2012年2月    代表者: 赤川 英毅
「次世代型心循環機能シミュレータの開発」平成 20 年度~平成 22 年度,研究代表者
文部科学省,日本学術振興会: 文部科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2008年10月 - 2011年3月    代表者: 赤川英毅
「人工心臓に適する機械弁の開発を目的とした流体工学的観点からの基礎研究」平成 19 年度~平成 20 年度,分担研究者
文部科学省,日本学術振興会: 文部科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 妙中 義之
「緊急使用および長期使用が可能な抗凝固療法不要の次世代型 PCPS 装置の実用化開発」平成18年度~平成20年度,分担研究者
文部科学省,日本学術振興会: 文部科学研究費 基盤研究A
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 巽 英介
「恒久的使用を目的とした次世代型体内埋込み式補助人工心臓システムの総合実用化研究」平成17年度~平成19年度,分担研究者
文部科学省,日本学術振興会: 文部科学研究費 基盤研究B
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 本間 章彦

特許

 
体内管腔部の狭窄部位の開存を確保するためのステント
日本国特許 3527940 号
ステッピングモータ
日本国特許 3013288 号
ステッピングモータ
特開2000-014118
変速機構付きステッピングモータ
特開平11-346469