吉崎 静夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 05:19
 
アバター
研究者氏名
吉崎 静夫
 
ヨシザキ シズオ
eメール
yosizakifc.jwu.ac.jp
所属
日本女子大学
部署
人間社会学部 教育学科
職名
教授
学位
教育学修士(九州大学), 学術博士(大阪大学)
科研費研究者番号
20116130

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1983年
大阪大学 助手
 
1983年
 - 
1986年
鳴門教育大学 専任講師
 
1986年
 - 
1993年
鳴門教育大学 助教授
 
1993年
   
 
現在 日本女子大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
九州大学 教育学研究科 教育心理学
 
 
 - 
1973年
茨城大学 人文学部 心理学
 

委員歴

 
2005年
 - 
2009年
大学設置・ 学校法人審議会専門委員
 
2008年
 - 
2009年
大学設置・ 学校法人審議会特別委員
 
2005年
   
 
(公益法人)パナソニック教育財団・ 評議員
 
1997年
 - 
2007年
日本教育工学協会・ 副会長
 
2003年
 - 
2004年
NHK  東京都視聴者会議委員
 

受賞

 
1989年
日本教育工学会 日本教育工学会論文賞 授業における教師の意思決定モデルの開発
 

論文

 
意見変容に及ぼす報酬量および選択の自由の効果
吉崎静夫、石井滋、石井京子
実験社会心理学研究   15(1) 35-44   1975年   [査読有り]
PM感受性訓練におけるP-M行動の認知の検討
吉崎静夫
実験社会心理学研究   16(2) 127-135   1977年   [査読有り]
教師のリーダーシップ行動測定尺度の作成とその妥当性の研究
三隅二不二、吉崎静夫、篠原しのぶ
教育心理学研究   25(3) 13-22   1977年   [査読有り]
教師のリーダーシップ行動と学級の集団サイズ・ 担任期間および教師の年令・ 性別との関連
吉崎静夫、三隅二不二
九州大学教育学部紀要   21(2) 1-7   1977年
学級における教師のリーダーシップ行動の自己評定と児童評定に関する研究
吉崎静夫
教育心理学研究   26(1) 32-40   1978年   [査読有り]

書籍等出版物

 
教師の意思決定と授業研究(単著)
ぎょうせい   1991年   
授業設計と展開の改善(編著)
国立教育会館   1995年   
デザイナーとしての教師・アクターとしての教師(単著)
金子書房   1997年   
子ども主体の授業をつくる(編著)
ぎょうせい   1997年   
総合的学習の授業づくり(編著)
ぎょうせい   1999年   

講演・口頭発表等

 
初等・ 中等・ 高等教育における教育方法の改善・ 開発(第1報)
日本教育工学会第25回全国大会   2009年   
授業力の中核は「授業をデザインする力」である(シンポジウム提案)
日本教育工学会第21回全国大会   2005年   
「授業デザイン」モデルの開発と実践への適用
日本教育工学会第22回全国大会   2006年   
授業デザインを基盤とする授業改善・ 創造
日本教育工学会第23回全国大会   2007年   
我が国の教師教育の過去・ 現在・ 未来を考える(シンポジウム提案)
日本教育工学会第24回全国大会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
教師の授業力量形成に関する研究
-
教育方法の改善・ 開発に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年