天谷 雅行

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/27 02:54
 
アバター
研究者氏名
天谷 雅行
 
アマガイ マサユキ
eメール
amagaikeio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部皮膚科学
職名
教授
学位
医学博士(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
90212563

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

受賞

 
1990年4月
日本皮膚科学会 皆見省吾記念賞
 
2000年9月
日本研究皮膚科学会 JSID賞
受賞者: 天谷 雅行
 
2002年7月
World Congress of Dermatology Alfred Marchionini Research Award 自己免疫性疾患、天疱瘡の病態解明に関する一連の卓越した業績に対して贈られた
 
2002年11月
University of Pennsylvania Morris H Samitz Lectureship Award
 
2003年5月
The Society for Investigative Dermatology William Montagna Lectureship Award
受賞者: 天谷 雅行
 

論文

 
天疱瘡 ーデスモグレインに対する細胞性免疫とバリア機能障害
高橋勇人 天谷雅行
実験医学   35(7(増刊)) 101-107   2017年5月   [査読有り]
Non-pathogenic pemphigus foliaceus (PF) IgG acts synergistically with a directly pathogenic PF IgG to increase blistering by p38MAPK-dependent desmoglein 1 clustering
Yoshida, K. Ishii, K. Shimizu, A. Yokouchi, M. Amagai, M. Shiraishi, K. Shirakata, Y. Stanley, J. R. Ishiko, A.
J Dermatol Sci   85(3) 197-207   2017年3月   [査読有り]
Validation of chemiluminescent enzyme immunoassay in detection of autoantibodies in pemphigus and pemphigoid
Fujio, Y. Kojima, K. Hashiguchi, M. Wakui, M. Murata, M. Amagai, M. Yamagami, J.
J Dermatol Sci   85(3) 208-215   2017年3月   [査読有り]
Veraitch, O. Mabuchi, Y. Matsuzaki, Y. Sasaki, T. Okuno, H. Tsukashima, A. Amagai, M. Okano, H. Ohyama, M.
Scientific Reports   7    2017年2月   [査読有り]
Bullous pemphigoid in infancy with spontaneous remission
Nomura, H. Funakoshi, T. Baba, A. Tanikawa, A. Hayakawa, K. Amagai, M.
Eur J Dermatol   27(1) 95-96   2017年2月   [査読有り]

Misc

 
アトピー性皮膚炎と バリアケア
天谷 雅行
DERMATOLOGY CLUB   4 1-4   2017年4月
皮膚バリアとアトピー性疾患
天谷雅行
日本食品免疫学会講演記録集   2 139-141   2016年6月   [査読有り]
学問をする真の大学を目指して ー医学部長 岡野栄之君ー
天谷雅行
三田評論   1194 73-73   2015年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
慶應義塾大学病院の医師100人と学病気の予習帳
天谷雅行
講談社:東京   2017年2月   
臨床検査データブック2017-2018
天谷雅行
医学書院:東京   2017年2月   
臨床検査データブック2017-2018
天谷雅行
医学書院:東京   2017年2月   
臨床検査データブック2017-2018
天谷雅行
医学書院:東京   2017年2月   
Immunology of the Skin
天谷 雅行
Springer: NY, USA   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
3D in vivo pH imaging analysis of stratum corneum
天谷 雅行
The 27th Annual Meeting of the Korean Society for Investigative Dermatology   2017年3月25日   
角層の働きが悪くなるとアレルギーになりやすいの? なぜ? [招待有り]
天谷 雅行
公開講座「スキンケアでアレルギー予防」   2017年3月12日   
アトピー性皮膚炎とバリア機能障害 [招待有り]
天谷 雅行
第5回Hepato-Diabetology-Conference   2017年3月10日   
Mechanisms of Skin Barrier Homeostasis
天谷 雅行
RIKEN IMS Retreat 2016   2017年2月21日   
バリア障害と皮膚疾患 [招待有り]
天谷 雅行
膠原病の難治性病態を考える研究   2017年2月17日   

Works

 
河北新聞 朝刊 15面「皮膚にぺたり「極薄」電極」
その他   2017年9月 - 2017年9月
読売新聞 朝刊 25面「肌に貼れる電子回路 スポーツ・医療で応用」
その他   2017年8月 - 2017年8月
日本経済新聞 朝刊 9面「皮膚に貼り付けるシート状電極開発」
その他   2017年7月 - 2017年7月
薬事日報 朝刊 8面「極薄ナノメッシュセンサー開発 長期生体計測への応用に期待」
その他   2017年7月 - 2017年7月
産経新聞 朝刊 13面「皮膚に春群れない電極 東大など、金メッシュで健康管理」
その他   2017年7月 - 2017年7月

競争的資金等の研究課題

 
皮膚細菌叢と宿主の相互作用理解に基づく炎症性疾患制御法の開発
日本医療研究開発機構(AMED)CREST: 
研究期間: 2016年10月 - 2022年3月
皮膚・腸内微生物叢解析によるアトピー性皮膚炎発症機序の解明
日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
ステロイド治療抵抗性の天疱瘡患者を対象としたリツキシマブの医師主導治験
日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
ガイドライン最適化を目的とした自己免疫性水疱症に対する抗CD20抗体療法の評価
日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月

特許

 
PCT/JP03/04765 : 遺伝性疾患の遺伝子治療用薬剤
PCT/JP03/04219 : 発明の名称:CD40Lアンタゴニストを有効成分とする天疱瘡治療剤
WO2010/021245 : 毛乳頭細胞の培養方法
WO2000/57695 : 自己免疫疾患モデル動物の作製方法
特許第5959235号 : 自然発症皮膚炎の新規原因因子及び皮膚疾患モデル動物