鈴木立郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/01 13:38
 
アバター
研究者氏名
鈴木立郎
 
スズキ タツオ
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
統合的気候変動予測研究分野
職名
技術研究員
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学)

プロフィール

専門は海洋物理学・気候学。海洋大循環モデルや気候モデルの開発、気候変動、海面水上昇に関する研究を行っています。

研究分野

 
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2000年3月
北海道大学大学院博士課程 地球環境科学研究科 (低温科学研究所所属) 
 
 
 - 
2000年3月
Hokkaido University  PH. D Earth Environmental Science
 
1993年4月
 - 
1995年3月
北海道大学大学院修士課程 理学研究科 地球物理学専攻(低温科学研究所所属)
 
1989年4月
 - 
1993年3月
北海道大学 理学部 地球物理学科 (理1系)
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
CLIVAR Pacific Region Panel  Member
 

経歴

 
2001年3月
 - 
現在
独立行政法人海洋研究開発機構 技術研究員
 
2009年4月
 - 
2014年3月
独立行政法人海洋開発研究機構・地球環境変動領域 研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター 研究員
 
2004年7月
 - 
2006年3月
独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター ポスドク研究員
 
2001年3月
 - 
2004年6月
地球フロンティア研究システム モデル統合化領域 ポスドク研究員
 
2000年4月
 - 
2001年2月
University of Hawaii, School of Ocean and Earth Science and Technology, Department of Oceanography ポスドク研究員
 

論文

 
T. Miyakawa, H. Yashiro, T. Suzuki, H. Tatebe, M. Satoh
Geophys Res Lett   44(18) 9489-9495   2017年9月   [査読有り]
CLIVAR/JAMSTEC Workshop on the Kuroshio Current and Extension System: Theory, Observations, and Ocean Climate Modelling-The Workshop Overview and Outcomes
Yoshiki Komuro, Gokhan Danabasoglu, Simon Marsland, Xiaopei Lin, Shoshiro Minobe, Anna Pirani, Tatsuo Suzuki, Ichiro Yasuda
CLIVAR Exchanges   69 1-6   2016年7月
鈴木立郎 石井正好
Journal of climate   28(11) 4585-4594   2015年6月   [査読有り]
Bouttes, N., J. M. Gregory, T. Kuhlbrodt, and T. Suzuki
Geophys Res Lett   39(23)    2012年12月   [査読有り]
Yoshiki Komuro and Tatsuo Suzuki
Ocean modeling      2012年9月   [査読有り]
T. SAKAMOTO Takashi, KOMURO Yoshiki, NISHIMURA Teruyuki, ISHII Masayoshi, TATEBE Hiroaki, SHIOGAMA Hideo, HASEGAWA Akira, TOYODA Takahiro, MORI Masato, SUZUKI Tatsuo, IMADA Yukiko, NOZAWA Toru, TAKATA Kumiko, MOCHIZUKI Takashi, OGOCHI Koji, EMORI Seita, EMORI Seita, EMORI Seita, HASUMI Hiroyasu, KIMOTO Masahide
J Meteorol Soc Jpn   90(3) 325-359   2012年6月   [査読有り]
TATEBE Hiroaki, ISHII Masayoshi, MOCHIZUKI Takashi, CHIKAMOTO Yoshimitsu, SAKAMOTO Takashi T., KOMURO Yoshiki, MORI Masato, YASUNAKA Sayaka, WATANABE Masahiro, OGOCHI Koji, SUZUKI Tatsuo, NISHIMURA Teruyuki, KIMOTO Masahide
J Meteorol Soc Jpn   90A 275-294 (J-STAGE)   2012年6月   [査読有り]
KOMURO Yoshiki, SUZUKI Tatsuo, SAKAMOTO Takashi T., HASUMI Hiroyasu, ISHII Masayoshi, WATANABE Masahiro, NOZAWA Toru, YOKOHATA Tokuta, NISHIMURA Teruyuki, OGOCHI Koji, EMORI Seita, EMORI Seita, EMORI Seita, KIMOTO Masahide
J Meteorol Soc Jpn   90A 213-232 (J-STAGE)   2012年6月   [査読有り]
SUZUKI Tatsuo, ISHII Masayoshi
Geophys Res Lett   38(21) L21604   2011年11月   [査読有り]
T. Toyoda, T. Awaji, N. Sugiura, S. Masuda, H. Igarashi, Y. Sasaki, Y. Hiyoshi, Y. Ishikawa, T. Mochizuki, T. T. Sakamoto, H. Tatebe, Y. Komuro, T. Suzuki, T. Nishimura, M. Mori, Y. Chikamoto, S. Yasunaka, Y. Imada, M. Arai, M. Watanabe, H. Shiogama, T. Nozawa, A. Hasegawa, M. Ishii, and M. Kimoto
SOLA   7 37-40   2011年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
地球温暖化そのメカニズムと不確実性9章海面水位上昇
鈴木立郎 (担当:共著)
朝倉書店   2014年12月   
Ocean Temperature and Salinity contributions to Global and Regional Sea-Level Change, Wiley-Blackwell, Understanding Sea-level rise and variability, Chapter 6, 143-176
Church A. John, Dean Roemmich, Catia M. Domingues, Josh K. Willis, Neil J. White, John E. Gilson, Detlef Stammer, Armin Kohl, Don P. Chambers, Felix W. Landerer, Jochem Marotzke, Jonathan Gregory, Tatsuo Suzuki, Anny Cazenave, and Pierre-Yves Le Traon (担当:共著)
Wiley-Blackwell   2010年   

講演・口頭発表等

 
Continental river discharge for additional dataset of JRA55-do to drive a global ocean circulation model
Tatsuo Suzuki (JAMSTEC), D. Yamazaki (JAMSTEC), Y. Komuro (JAMSTEC), H. Tsujino (MRI), H. Nakano (MRI), S. Urakawa (MRI)
Meeting on Perspectives in Computational Atmosphere and Ocean Science and 8th OFES International Workshop   2017年3月13日   
Interdecadal variability of baisn-averaged ocean heat content in the climate model MIROC5.2
Tatsuo Suzuki, Hiroaki Tatebe
CLIVAR Open Science Conference   2016年9月20日   
JRA-55に基づく海洋モデル駆動のための大陸河川流量データセットの作成
鈴木立郎, 山崎大,小室芳樹,辻野博之,浦川昇吾,中野英之
日本海洋学会秋季大会   2016年9月13日   
海盆スケールの熱収支と海面水位変動ー気候モデルMIROC5.2を用いた解析ー
鈴木立郎, 建部洋晶
日本海洋学会春季大会   2016年3月17日   
Initial Evaluation of river runoff based on JRA55 [招待有り]
鈴木立郎
2nd Session of OMDP 'Extended' Meeting on Forcing Ocean-Ice Climate Models   2016年1月14日   CLIVAR/JAMSTEC
北太平洋と日本沿岸域の海面水位変動
鈴木立郎
東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会 沿岸から外洋までをシームレスにつなぐ海洋モデリングシステムの構築に向けて   2015年11月16日   
Pacific regional sea-level changes: Insights from observations
鈴木立郎
10th Session of the CLIVAR Pacific Panel   2015年10月10日   CLIVAR Pacific Region Panel
風応力場の変動が近年の海盆スケールの海面水位変動に及ぼす影響~インド洋および太平洋の水位変化~
鈴木立郎
日本海洋学会秋季大会   2015年9月27日   日本海洋学会
海洋と地球温暖化
鈴木立郎
日本気象学会 第49回夏季大学 地球温暖化入門   2015年8月2日   
Contribution of Interannual Wind Stress Variability to Recent Global and Basin-averaged Steric Sea Level Changes
鈴木立郎
IUGG   2015年6月27日   IUGG

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 鈴木 立郎
温暖化予測の評価に用いられた気候モデルの温暖化時の海面水位分布変化を要因(淡水フラックス、熱フラックス、風応力)切り分け実験を行うことによって詳細に調査した。本研究の結果、海面水位上昇分布の変化は、南極周極流周辺部を除き、主に海洋の傾圧応答が支配的であり、これらの分布は主に風応力の変化によって引き起こされていることが示された。しかしながら,北大西洋深層水やモード水などの密度変化による海面水位上昇分布の変化もみられ、熱・淡水フラックスの変化も無視できない。
特別研究員奨励費
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 鈴木立郎