論文

査読有り 筆頭著者 国際誌
2019年10月

Plastidial Starch Phosphorylase Is Highly Associated with Starch Accumulation Process in Developing Squash (Cucurbita sp.) Fruit

Physiologia Plantarum
  • Shinji Mizuno
  • ,
  • Yusuke Kamiyoshihara
  • ,
  • Hajime Shiba
  • ,
  • Keiichi Watanabe
  • ,
  • Fumie Shinmachi
  • ,
  • Akira Tateishi

167
2
開始ページ
264
終了ページ
275
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1111/ppl.12886

カボチャ属野菜の果実中の炭水化物含量とデンプン代謝系酵素の活性を調査し、果実のデンプン蓄積量とスターチホスホリラーゼ(Pho)活性の間に極めて強い正の相関関係(r=0.99)があることを見出した。また、セイヨウカボチャではデンプン蓄積が始まる受粉後20日目に、プラスチド型Phoアイソザイムの遺伝子発現量と酵素活性がいずれも急増することを明らかにした。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1111/ppl.12886
ID情報
  • DOI : 10.1111/ppl.12886

エクスポート
BibTeX RIS