栗原 悠介

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 11:35
 
アバター
研究者氏名
栗原 悠介
 
クリハラ ユウスケ
所属
福岡大学
部署
医学部医学科
職名
助教
学位
博士(医学)(九州大学)
科研費研究者番号
30747192

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
福岡大学医学部  微生物免疫学講座(廣松賢治教授) 助教
 
2015年4月
 - 
2016年3月
九州大学大学院 薬学研究院 細胞生物薬学分野(田中嘉孝教授)  特別研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
九州大学大学院 薬学研究院 細胞生物薬学分野(田中嘉孝教授)  日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
九州大学大学院 医学系学府 臨床検査医学分野(康東天教授)・新潟大学大学院 医歯学総合研究科 機能制御学分野 (神吉智丈教授) 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
九州大学大学院 医学系学府 博士後期課程 臨床検査医学分野(康東天教授)
 
2007年4月
 - 
2010年3月
九州大学大学院 医学系学府 博士前期課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
九州工業大学 情報工学部 生物化学システム工学科
 

論文

 
Kurihara Y, Itoh R, Shimizu A, Walenna NF, Chou B, Ishii K, Soejima T, Fujikane A, Hiromatsu K.
Cell Microbiol.      2018年10月   [査読有り]
Furukawa K, Fukuda T, Yamashita SI, Saigusa T, Kurihara Y, Yoshida Y, Kirisako H, Nakatogawa H, Kanki T.
Cell Rep.   23(12) 3579-3590   2018年6月   [査読有り]
Walenna NF, Kurihara Y, Chou B, Ishii K, Soejima T, Itoh R, Shimizu A, Ichinohe T, Hiromatsu K.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   495(1) 353-359   2018年1月   [査読有り]
Hirota, Y.,Yamashita, S., Kurihara, Y., Jin, X., Aihara, M., Saigusa, T., Kang, D., and Kanki, T.
Autophagy   11(2) 332-343   2015年   [査読有り]
Aihara M, Jin X, Kurihara Y, Yoshida Y, Matsushima Y, Oku M, Hirota Y, Saigusa T, Aoki Y, Uchiumi T, Yamamoto T, Sakai Y, Kang D, Kanki T.
J. Cell Sci.   127(14) 3184-3196   2014年   [査読有り]
Kanki T, Kurihara Y, Jin X, Goda T, Ono Y, Aihara M, Hirota Y, Saigusa T, Aoki Y, Uchiumi T, Kang D.
EMBO Rep.   14(9) 788-794   2013年   [査読有り]
Kurihara, Y., Kanki, T., Aoki, Y., Hirota Y., Saigusa, T., Uchiumi, T., and Kang, D.
J. Biol. Chem.   287(5) 3265-3272   2012年   [査読有り]
Aoki, Y., Kanki, T., Hirota, Y., Kurihara, Y., Saigusa, T., Uchiumi, T., and Kang, D
Mol. Biol. Cell   22(17) 3206-3217   2011年   [査読有り]
Kurita R, Oikawa T, Okada M, Yokoo T, Kurihara Y, Honda Y, Kageyama R, Suehiro Y,Okazaki T, Iga M, Mioshi H,Tani K.
Mol. Cell Biochem.   319(1-2) 181-187   2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Autophagy M.A. Hayat (ed) ELSEVIER 「Atg32 Confers Selective Mitochondrial Sequestration as a Cargo for Autophagy」
Yusuke Kurihara and Tomotake Kanki
ELSEVIER   2014年   

講演・口頭発表等

 
クラミジア感染時におけるミトコンドリア形態変化とその意義
平成30年度(第50回)九州微生物研究会総会   2018年12月14日   
Chlamydia trachomatis modulates mitochondrial dynamics via the elevation of cAMP and the downregulation of Drp1-activity, resulting in creating favorable conditions for chlamydia growth.
日本免疫学会学術集会(第47回)   2018年12月10日   
The role of FABP4 on the intracellular growth of Chlamydia pneumoniae in murine adipocytes
日本細菌学会(第91回)   2018年3月27日   
FABP4 is secreted from adipocytes by Chlamydia pneumoniae infection
日本細菌学会(第91回)   2018年3月27日   
Two signaling pathways relate mitophagy in yeast, one regulates Atg32 expression and the other regulates Atg32 phosphorylation
The 4th International Symposium on Dynamics of Mitochondria (DynaMito 2013)   2013年10月28日   
出芽酵母におけるマイトファジーの生理的意義
第2回修飾シグナル病 若手ワークショップ   2013年10月21日   
Casein kinase 2 has an important role in mitophagy induction
H25「修飾シグナル病」領域推進会議   2013年7月5日   
出芽酵母におけるマイトファジーの生理的役割
特定領域「タンパク質社会」全体班会議   2011年11月21日   
出芽酵母におけるマイトファジーの生理的役割
酵母遺伝学フォーラム   2011年9月5日   
Phosphorylation of Ser114 on Atg32 mediates mitophagy
The 8th European Meeting on Mitochondrial Pathology (Euromit 8)   2011年6月20日   
出芽酵母におけるマイトファジー制御とその生理的意義
第2回Cell Biology: Protein trafficking, and cellular and organelle homeostasis   2011年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ミトコンドリア分裂阻害剤の探索と作用機序の解明
日本学術振興会 (若手研究B): 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 栗原悠介
ミトコンドリアオートファジー関連因子の機能解析と分子機構モデルの確立
日本学術振興会 (研究奨励費:DC2, PD): 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 栗原悠介