KUBOTA Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2019 at 15:18
 
Avatar
Name
KUBOTA Atsushi
Affiliation
Juntendo University

Published Papers

 
Ozaki Hayao, Kubota Atsushi, Natsume Toshiharu, Loenneke Jeremy P., Abe Takashi, Machida Shuichi, Naito Hisashi
JOURNAL OF SPORTS SCIENCES   36(6) 691-696   2018   [Refereed]
Fujita Shimpei, Sakuraba Keishoku, Kubota Atsushi, Wakamatsu Kenta, Koikawa Natsue
INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   38(14) 1070-1075   Dec 2017   [Refereed]
Natsume Toshiharu, Ozaki Hayao, Watanabe Keisuke, Kubota Atsushi, Naito Hisashi
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   48(5) 477   May 2016   [Refereed]
Wakamatsu Kenta, Sakuraba Keishoku, Fujita Shinpei, Sanomura Manabu, Mukaimoto Takahiro, Kubota Atsushi
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   47(5) 766   May 2015   [Refereed]
Ishikawa Kouhei, Omori Kazuhiko, Obinata Mariko, Mshima Kentaro, Osaka Hiromichi, Oode Yasumasa, Kubota Atsushi, Sakuraba Keishoku, Yanagawa Youichi
AMERICAN JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE   33(1) 112-113   Jan 2015   [Refereed]

Misc

 
大学男子長距離選手における疲労骨折の予防・早期発見に対する骨代謝マーカーの有用性
藤田 真平, 桜庭 景植, 窪田 敦之, 若松 健太, 洪 定男, 鈴木 良雄, 長門 俊介, 仲村 明, 山澤 文裕
日本臨床スポーツ医学会誌   26(3) 382-389   Aug 2018
大学男子長距離選手を対象に骨代謝マーカーを経時的に前向きに調査し、疲労骨折予防・早期発見に対する骨代謝マーカーの有用性を検討することを目的とした。対象は2011年から2014年に大学陸上競技部に所属した男子長距離選手29名(18〜22歳)とし、定期的に骨代謝マーカーの測定を行った。骨代謝マーカーは、骨形成マーカーとしてBAP、骨吸収マーカーとしてTRACP-5b、尿と血清のNTXを測定した。骨代謝マーカーの測定を3回以上行っている選手を対象とした。選手ごとに疲労骨折のない時の測定値から平均...
質量予測の錯誤と持ち上げ方法の違いが筋活動に及ぼす影響
長友 渉, 緒方 直史, 須藤 大輔, 石塚 亮平, 桜庭 景植, 窪田 敦之, 大久保 敦子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 2-KP   May 2018
成長期サッカー選手におけるストレッチング実施タイミングが大腿前面の柔軟性改善に与える影響
鈴木 恒, 櫻庭 景植, 梶原 一, 鹿倉 二郎, 窪田 敦之
日本臨床スポーツ医学会誌   26(1) 33-39   Jan 2018
ストレッチングの実施タイミングにより、成長期サッカー選手の大腿前面部の柔軟性改善効果に差がみられるか検証することを目的とした。男子選手74名(年齢12.3±0.5歳)をストレッチング実施タイミング別に練習前群22名、練習後群24名、就寝前群28名に分類した。膝関節屈曲角、踵臀距離、筋硬度を8週間の介入前後で測定した。全ての群で両脚とも踵臀距離の減少がみられた(p<0.01)。変化率を3群間で比較したところ、就寝前群および練習後群の踵臀距離が練習前群と比較して有意に減少していた(p<0.01...
投球動作の繰り返しによる肩関節および肩甲骨周囲の筋硬度変化
岸本 康平, 桜庭 景植, 洪 定男, 藤田 真平, 田中 束, 窪田 敦之
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   37(4) 445-445   Aug 2017
1ヵ月間小型ストレッチポールに座ることが高齢者のバランス機能に与える効果
中新井田 敦子, 櫻庭 景植, 窪田 敦之, 石塚 利光
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   37(4) 567-567   Aug 2017

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 基盤研究(C)
Project Year: 2017 - 2020    Investigator(s): 杉浦 雄策
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 若手研究(B)
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): 窪田 敦之
We aimed in this study to clarify the effect of passive knee extension and flexion with blood flow restriction on the cross-sectional area and muscle strength around knee joint. This study showed that a passive exercise with blood flow restriction...