基本情報

所属
星槎大学 共生科学部 教授 (副学長・共生科学部長)
東京大学 名誉教授
学位
薬学修士(1977年3月 東京大学)
理学修士(1981年3月 東京大学)

研究者番号
40169892
J-GLOBAL ID
201101052840415488
researchmap会員ID
B000004496

1951年名古屋市生まれ。1970年に東京大学入学後自然保護サークルに所属し、宇井純の自主講座「公害原論」に参加するも、分子生物学の実験科学者を目指し、薬学系研究科修士課程、博士課程と、医科学研究所の癌ウイルス研究部でサルのウィルスであるSV40のガン抗原に関わる分子生物学的研究に従事する。科学・技術の社会的あり方を探究する思いが強く、1978年に薬学系研究科博士課程を中途退学して、理学系研究科科学史・科学基礎論研究課程の修士課程に入学、分子生物学など生命科学や環境科学の科学史、科学社会学の研究に従事。1984年博士課程単位取得退学、山口大学教養部専任講師、その後助教授。1992年から重点領域研究「環境と文明」の研究プロジェクトに参加、環境倫理学を科学史、科学社会学的に検討する中から、文化人類学、民俗学、社会学などの地域研究の成果を取り入れた学際的な環境倫理の構築を目指す。1993年に青森公立大学経営経済学部教授に赴任し、白神山地の保護管理を理を巡る混迷した問題に対して社会学的調査を踏まえた理念的な研究から新しい環境倫理学の構築に取り組んだ。1997年東京農工大学農学部教授として、生態学や土木工学等の研究者と自然保護や自然再生に関わる学際的なプロジェクトを展開、その後恵泉女学園大学大学院教授を経て、2005年から東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。空間情報系の工学との学融合連携、東日本大震災後の福島第一原発被災地において環境正義に基づく調査研究に従事。2014年定年退職後、星槎大学教授、副学長、共生科学部長、2022年3月退職。2014年に東京大学名誉教授。2006年から2014年に日本学術会議連携会員、環境学委員会に所属し、環境思想・環境教育分科会委員長を勤める。環境社会学会会長、地球システム・倫理学会副会長を歴任。著書に『自然保護を問いなおすー環境倫理とネットワーク』(筑摩書房、1996年)、『環境の豊かさをもとめてー理念と運動』(昭和堂、1999年、編著)、『自然再生のための生物多様性モニタリング』(東京大学出版会、2007年、編著)、『環境倫理学』(東京大学出版会、2009年、編著)、『原発災害とアカデミズム』(合同出版、2013年、編著)、『科学・技術と社会倫理ーその統合的思考を探る』(東京大学出版会、2015年、共著)、『人と自然が共生する未来を創る』(星槎大学出版会、2018年、共著)などがある。


経歴

  12

書籍等出版物

  47
  • 保屋野初子, 坪内俊憲, 鬼頭秀一 (担当:共著)
    星槎大学出版会 2018年3月 (ISBN: 4774080063)
  • 鬼頭秀一 (担当:共著, 範囲:「不確実性」を受け入れそれをうまくマネジメントするために)
    岩波書店 2018年3月
  • 永井 均, 木村 敏, 風間 コレヒコ, 前邑 恭之介, 中川 雅道, 俵 邦昭, 鬼頭 秀一, 村上 祐子, 田中 さをり, 立原 圭子 (担当:共著, 範囲:環境倫理学における自然)
    ナカニシヤ出版 2016年4月 (ISBN: 4779509920)
  • 鬼頭秀一 (担当:共著, 範囲:21世紀に求められる「共生」の概念と「生きる力」)
    ダイヤモンド社 2016年3月 (ISBN: 9784478069141)
  • 山脇直司, 山脇 直司 (担当:共著, 範囲:科学技術の不確実性とその倫理・社会問題)
    東京大学出版会 2015年1月 (ISBN: 4130011006)
  • 福島大学原発災害支援フォーラム(FG, 東京大学原発災害支援フォーラム(T, 福島大学原発災害支援フォーラム(F, 東京大学原発災害支援フォーラム(TG (担当:共著, 範囲:福島原発由来の低線量被曝問題にかかわる科学者の倫理)
    合同出版 2013年2月 (ISBN: 477261107X)
  • 岩本 通弥, 菅 豊, 中村 淳 (担当:共著, 範囲:民俗学における学問の「制度化」とは何か)
    青弓社 2012年11月 (ISBN: 4787220519)
  • 鬼頭秀一, 河出書房新社編集部 (担当:共著, 範囲:二〇世紀型技術の終焉と新しい時代の環境の倫理)
    河出書房新社 2012年2月 (ISBN: 430924582X)
  • 藤原辰史, 姫岡とし子, ヨーゼフ・フュルンケース, ハンス・ペーター・マルチュケ, 河崎 健, 菅野幹雄, 小野清美, 坪郷 實, 長尾伸一, 鬼頭秀一, 河合信晴, 鈴木賢子, 木戸 裕, 河崎 健, 坪郷 實, 木戸 裕, 日本ドイツ学会編集委員会, 藤原 辰史, 姫岡 とし子, 安川 晴基, ハンス・ペーター マルチュケ, 高山 佳奈子, 菅野 幹雄, 宮本 真也, 今野 元, 木村 靖二, 近藤 潤三, 荒井 祐介, 小野 清美, 足立 芳宏, 森井 裕一, 大貫 敦子, 江藤 光紀, 深井 智朗, 長尾 伸一, 鬼頭 秀一, 河合 信晴, 鈴木 賢子, ヨーゼフ フュルンケース, 安川晴基, 高山佳奈子 (担当:共著, 範囲:環境政策を環境倫理から捉える視座 ─ ドイツの環境政策と環境思想の狭間)
    信山社 2011年6月 (ISBN: 4797287047)
  • ふれあい調査研究会, 鬼頭秀一 (担当:共著)
    日本自然保護協会 2010年3月
  • 鬼頭秀一, 福永真弓, 鬼頭 秀一, 福永 真弓 (担当:共編者(共編著者))
    東京大学出版会 2009年12月 (ISBN: 4130623117)
  • 鬼頭秀一, 飯田 隆, 井上 達夫, 川本 隆史, 村田 純一, 伊藤 邦武, 末木 文美士, 中畑 正志, 中岡 成文, 篠原 資明, 熊野 純彦, 清水 哲郎, 野家 啓一 (担当:共著, 範囲:環境破壊をめぐる言説の現場から)
    岩波書店 2009年6月 (ISBN: 4000112686)
  • 高村 典子, 福島 武彦, 松下 文経, 西廣 淳, 田中 嘉成, 花里 孝幸, 二宮 咲子, 鬼頭 秀一, 巌佐 庸, 大野 ゆかり, 長谷川 眞理子, 高村 典子 (担当:共著, 範囲:かかわりの視点からの湖沼環境評価)
    共立出版 2009年6月 (ISBN: 4320056868)
  • 鳥越皓之, 帯谷博明 (担当:共著, 範囲:環境問題とは何か)
    2009年2月
  • 宇井紀子, 宇井 紀子 (担当:共著, 範囲:宇井さんが亡くなられた)
    亜紀書房 2008年11月 (ISBN: 4750508160)
  • 鬼頭秀一, 永田 佳之, 吉田 敦彦, 日本ホリスティック教育協会 (担当:共著, 範囲:環境倫理におけるホリスティックな視点とESD)
    せせらぎ出版 2008年4月 (ISBN: 4884161726)
  • 丹波博紀, 最首悟, 丹波博紀, 最首悟 (担当:共著, 範囲:水俣と抵抗の原理としての環境倫理)
    作品社 2007年12月 (ISBN: 4861821657)
  • 鷲谷いづみ, 鬼頭秀一, 鷲谷 いづみ, 鬼頭 秀一 (担当:共編者(共編著者))
    東京大学出版会 2007年2月 (ISBN: 4130661574)
  • 松永 澄夫, 松永 澄夫 (担当:共著, 範囲:リスクを分かち合える社会は可能か~リスク論の環境倫理による問い直し~)
    東信堂 2005年12月 (ISBN: 4887136390)
  • 自然の権利セミナー報告書作成委員会
    〈自然の権利〉セミナー 2004年7月 (ISBN: 4915594211)

論文

  49

MISC

  51

共同研究・競争的資金等の研究課題

  22

講演・口頭発表等

  59

委員歴

  54